CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


envy@FUJI ROCK FESTIVAL ’11 LIVE REPORT

envy@FUJI ROCK FESTIVAL ’11envy@FUJI ROCK FESTIVAL ’11

Profile of |FUJI ROCK FESTIVAL|

envy
2011年7月31日(日) @ FUJI ROCK FESTIVAL ’11

フジロックの一番奥の方のSTONED COLDへ行き、実は何気に今回一番楽しみにしていた”envy”を見る為に急ぎ足でレッドマーキーへ。実際この往復は距離にしてどれ位あるのだろうか?最後のあのグリーンステージ辺りに到着するも、地面が泥だらけで一歩一歩が辛い。グリーンステージのMOGWAIの音で少し癒しを受けるも結構早くも疲れはピーク。

レッドマーキーに到着後休みながらただただこの
“envy”のライブ初体験を静かに待つ。

と、SE”先導”の音が静かに流れだし、その瞬間写真を撮る為にステージ前で待機しつつも、ずっと鳥肌が立ちっぱなし。今でもこのレポートを書きながらあの鳥肌が出てきた位。

そしてそこで一発食らった!
奥貫薫がなんと最初に登場し詩を朗読。彼女は実際”envy”の曲にゲスト参加している事を想い出しながらも、頭の中は混乱。一体何が起きてる?もうここからはその場にいたほぼ100%全員がenvyの世界へ惹きつけられ。。。

静かにメンバーが登場。
一曲目の”Worn heels and the hands we hold”が始まる。

蒼い激情。
このバンドはこの言葉がぴったりだと想った。人には色々な感情があって、その感情をコントロールしながら毎日の日々を送っている。人と共存して行く上でコントロールは必要だ。その誰もが持つ喜怒哀楽の感情を一人一人に無理やりぶつけるワケでも無く吐き出すのでもなく、投げかけて問いかけて優しく語りかけてくれる。そう、物凄く優しいのだ。

あの激しく重く、時に神秘的で劇的な演奏をもはやハードコアと定義するのには無理がある。この5人が選んだ選択肢がたまたま楽器だっただけで、音の持つ最大限の可能性を使ってこの5人が”人”を表現している。それだけの事だと思った。
そのそれだけが限り無く不可能のように難しいはずなのに。

終盤で演奏された”As serenity calls your name”という曲は、今回の震災の後に作った曲。一曲200円でダウンロードが出来る。震災後に何か出来ないかってずっと考えてて。。。そんな中作った曲はやはり激しくも優しさに包まれている。

オープニングを入れて全9曲。あっという間に時間が過ぎて、終盤は後ろの方に下がるも、気が付いたらレッドマーキーは溢れんばかりの人で埋め尽くされていた。静かに打ちのめされる人、体を激しく動かす人。涙を流す人。そう。最後の”A warm room”が終わった瞬間涙を流している自分に気が付いた。そしてその場を離れる人の流れに逆らって、無意識にステージへ近づこうとしている自分に驚いた。完全に我を見失っていたのだ。過去に何百ってバンドを見て来たけど、こんな経験はもちろん今までに無い。そしてその後は余韻と共に”envy”の優しさに包まれている気がした。

このライブは第一回フジロックフェスティバルで見た”Rage Against the Machine”の伝説のLIVEに続き自分の中で確実に語り継がれるだろう。

Report by kenichi kono

Posted in ALL ENTRY, FUJI ROCK FESTIVAL, REPORT |