CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


ESOW x Toshikazu Nozaka 二人展 ”楽描新世界”

ESOW x Toshikazu Nozaka 二人展 『楽描新世界』

ESOW x Toshikazu Nozaka 二人展
”楽描新世界” @武蔵野画廊
11月3日(木)~11月13日(日)

『二人の絵画』

ESOWと稔和。
二人の絵画の底に脈々と流れるのは幼少期からの米国への憧れを乗り越え、とっくの昔に亜細亜。
自分たちが何処の誰かを知り。だからこそ、この地からデジタルでグローバル化された
明らかに違和感のある世界に対し感じている真意のようなものを描く。

稔和が描く
河の流れが一つ所にないように、たえず変化する流体。
そして河が流れ着く果ての海。人の住む海岸に波打つ大きく優しい輪郭のハッキリとしたうねり。
中から大きく存在を主張する目玉。見えている人には見えている。問題は心の扉の開け具合。

ESOWが描く
一見すると人々が蔑んだり社会の底辺に追いやってしまい
できることなら住む家はもちろん視界には入れたくない。
それは安定した社会を私たちが形成したいが為に追いやった人たち。
それなりに一生懸命だが常に残念な存在。

これらを観たり触れる。
何も感じない人はそれはそれで幸せで、
根底に流れる反社会的な部分に触れてしまった人たちは、
壊れかけている世界に必要なものを再び見いだすことができる。

武蔵野画廊
〒184-0004 東京都小金井市本町6-1-15
open 13:00~21:00
tel: 042-383-1634

オープニングレセプション
11月3日 19:00~21:00
ささやかなお飲物をご用意しております。
当日は作家二人もおりますので是非ご家族、ご友人お誘いの上お越し下さい。


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND, TOSHIKAZU NOZAKA |