CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


FISHBONE (2011/08/08) LIVE REPORT

FISHBONE (2011/08/08) LIVE REPORTFISHBONE (2011/08/08) LIVE REPORT

Profile of |FISHBONE|

FISHBONE
2011年8月8日(月)Shibuya O-EAST
OPEN 18:30 / START 19:30

1979年にカリフォルニアはロサンゼルスで結成されたバンド。
それが”FISHBONE”(全身バンドはホットアイス)。1979年というと僕が2歳の頃である。現在西海岸系バンドやミクスチャーなるバンドがたくさんいるがこの”FISHBONE”は同じ西海岸出身のモトリークルーやLA ガンズなどのいわゆる80年代ハードロックと言われるジャンル、Dead KennedysやBLACK FLAGといったハードコア/パンクとはまた別の部分で多大なる影響を残している。皆も知ってる”SUBLIME”なんかが多大なる影響を受けたバンドなんです。要するに、僕らの世代からみたら2つ世代も上のバンドなわけですね。そんなバンドが昨年の2010年フジロックフェスティバルに続き、単独公演で来日しちゃいました!
どんなライブになるのか?

と、バックドロップも無いシンプルなステージにメンバーが登場し演奏開始。そう。このバンドにギミックやオーバーなSHOW要素はいらない。7人がそれぞれの楽器を持ってステージに立っていればいいのだ。

特にFISHBONEのジャンルを説明するのは物凄く難しく、SKAでありROCKであり時にMETAL要素もあり、もちろんREGGAEでありFUNKであり。今この音楽界に存在するミクスチャーというジャンルの大元を辿るとこのFISHBONEにたどり着く。よってライブ感も同じくミクスチャーで、時には激しく時には優しく時にはハッピーな多面性を持っているのが印象的。

何度も何度もメンバーが客席に突っ込みフロアーの半分以上奥までダイブし大暴れ。特にボーカルでサックスプレイヤーのアンジェロは何度フロアーを煽りダイブしただろうか?その度にフロアーの温度は上がり、緩く始まったSHOW、いやこの場合PARTYはSUBLIMEの名曲DATERAPEで一気にピークへ。この曲はSUBLIMEのトリビュートアルバムに提供したカバー曲で会場のテンションはマックスになり、それでいてやはり心地よいグルーブ感が常にある。なんとも不思議な感覚。

物凄くPEACEでHAPPYでいて、物凄く哲学的で政治的でPUNK。

きっと誰もが知っているであろうアンコール2曲目で演奏した彼らの名曲”Party At Ground Zero”。ground zeroとは戦争や原爆の跡地を意味する場所で、当時の政治家や米ソの冷戦の皮肉を歌っています。でも彼らの陽気でUPテンポな曲調で踊りださずにはいられない。当然フロアーはもう誰も止める事が出来ない位踊って騒いでみんなハッピー。

最後はなんとダブルアンコールで2曲披露し、合計約2時間近くに及ぶPARTY AT O-EASTは皆終始笑顔で終演。

物凄く緩くて物凄くPUNKで超ピースなバンド。また直ぐにでも再来日期待しています!誘って頂いたPunk Rock Confidential Japanのwakaaanさん!そして関係者の皆さま!ありがとうございました!

Report by kenichi kono

Posted in ALL ENTRY, FISHBONE, REPORT |