CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


『アジアフォーカス・福岡国際映画祭2018』2018年9月14日(金)~23日(日)at 福岡 ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13

『アジアフォーカス・福岡国際映画祭2018』2018年9月14日(金)~23日(日)at 福岡 ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13

『アジアフォーカス・福岡国際映画祭2018』9/14(金)いよいよ開幕!
映画の上映を通して、熊本の復興を支援するべく「いっちょんすかん」を熊本地震復興支援として特別上映!監督の行定勲氏の来場も予定。

公式招待作品の他、「聖なるカオスに魅せられて」をテーマに特集上映する『フィリピン映画特集』を開催。 また「壊れものとしての家族」をテーマにお送りする『日本映画特集』も上映決定!期間中は、各国から監督・俳優らが来福し、舞台挨拶・Q&A・シンポジウムなども行います。 その他、地元若手映像作家の特集「福岡パノラマ」など様々な作品を上映。

さらに、平成28年より始まり、今年3回目を迎える熊本地震復興支援特別上映では『うつくしいひと』シリーズのスピンオフともいえる「くまもと映画」3作品目の『いっちょすかん』を上映します。


『アジアフォーカス・福岡国際映画祭2018』

【日程】
2018年9月14日(金)~23日(日)

【会場】
ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13

【公式サイト】
http://www.focus-on-asia.com/


熊本地震復興支援特別上映

『いっちょんすかん』

平成28(2016)年に日本の観測史上、はじめて震度7の地震を2回記録し、被災した熊本。 2年の月日が経ちましたが、まだまだ復旧は完了しておりません。 アジアフォーカス・福岡国際映画祭では、2016年より、映画の上映を通して、熊本の復興を支援するべく特別上映を始めました。

2016年は「くまもと映画プロジェクト」で制作された行定勲監督による中編映画『うつくしいひと』、2017年はその続編である『うつくしいひと サバ?』、そして、3回目となる今年は『うつくしいひと』シリーズのスピンオフともいえる「くまもと映画」3作品目の『いっちょすかん』を上映します。

【上映作品】
『いっちょんすかん』 (2018年/日本/39分) 監督:行定勲

※上映後に行定勲監督のQ&Aを行ないます。

【日時】
2018年9月15日(土)開映13:00 ※映画祭のチケットでご鑑賞いただけます。

【会場】
ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13(キャナルシティ博多内)

【作品紹介】

あの夜、熊本の人々は愛と友情にゆれていた。
震災の夜の出来事をコミカルに描いた熊本映画第3弾!

熊本の情景を記録した映画『うつくしいひと』『うつくしいひと サバ?』。 そのシリーズのスピンオフとして製作された行定勲監督の熊本映画3作品目。 2016年4月、熊本。 2度の大地震に襲われた当夜の様子を、シリーズのレギュラー田上を主役に据え、彼の恋愛事情を中心にコミカルに描いていく。 笑えて、泣けて、心温まる作品。

4月14日夜。 中年のよしひろ、洋平、ソリ、ボンは店で酒を飲んでいた。 何かあれば「あいつ、いっちょんすかん」と口癖のように言い合う幼馴染だ。 店内には田上の姿もある。 そこへ泥酔したマコが現れるも何だか田上とは気まずい雰囲気。 田上への当て付けにマコはよしひろに家まで送ってもらうことに。 抜け駆けされ、みんなはまたも言い合う「いっちょんすかん」。 気づけば店には田上とソリだけ。 すると、ぐらりと店内が揺れだした。 停電、悲鳴、物が落ち壊れていく――。

田上を米村亮太朗、田上の恋人マコ役に倉科カナ、もちろんシリーズでおなじみの探偵・玉屋末吉役の高良健吾、特別出演でゲン爺役に大地康雄、そして斎藤工が友情出演する。
※「いっちょんすかん」とは熊本弁で「全く好きじゃない」という意味。 いっちょん=すごく、すかん=好きじゃない


行定勲監督プロフィール

行定勲監督

1968年生まれ。 熊本県出身。 デビュー作『ひまわり』(00)で第5回釜山国際映画祭にて国際批評家連盟賞を受賞し、演出力のある新鋭として期待を集める。 『GO』(01)では、日本アカデミー賞最優秀監督賞をはじめ国内外の50の賞に輝き、『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)が同年実写映画1位の大ヒットを記録。 2010年、『パレード』が第60回ベルリン国際映画祭において国際批評家連盟賞を受賞、2018年に『リバーズ・エッジ』で2度目の国際批評家連盟賞を受賞した。 現在は、「くまもと復興映画祭」のディレクターとしても活躍。

※「くまもと復興映画祭」は、2016年に震災した熊本にエールを送るため、前進の菊池映画祭(熊本県菊池市民有志によって開催されている映画祭)と熊本市が力を合わせて始まった映画祭です。

行定監督は、9月14日(金)19:00~キャナルシティ博多地下1階サンプラザステージにて開催のオープニングセレモニーにも参加予定。 また、9月15日、映画『いっちょんすかん』上映後にQ&Aを行ないます。


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |