CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


FUJI ROCK FESTIVAL ’18 ~UNFAIRGROUND~ REPORT

FUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORT

1970年からイギリスで開催されている世界最大規模の野外フェスティバル『グラストンベリー・フェスティバル』が今年は会場である農地の保護の為、開催が休止。それに伴い今年限定でフジロックにやって来た一大アトラクションがある。アート×サーカス・パフォーマンス×ミュージック『UNFAIRGROUND』(アンフェアグランド)である。

UKから約50人のクルー&パフォーマー、さらにはアートワーク、デコレーションやオブジェなどを含めたセットまでも輸送して作りこんだエリアが苗場に登場した。木々が生い茂るボードウォークを抜けた先には、かつて「オレンジコート」ステージがあったフジロックで歴史を重ねて来たこの地に形成されたダークでファンタジーな異空間。BARステージや大型テント内のフロアにもステージが作られパフォーマーやDJなどが一体となり会場を盛り上げた。

中でも圧巻だったのが会場内を彩ったインパクトのあるデコや個性あるグラフィティ、大型ウォールペイントなど。それは一際異彩を放ち、大量の放射線を浴びて誕生したアメコミのヒーロー『超人ハルク』や鼻血を出し不公平を訴えるウォールアートなどしっかりとアンチテーゼを匂わせ、その意義を高めると共に、アナーキーなスピリットとユーモアを併せ持ち、カオティックでありながらも華やかさを演出していた。

そういった刺激をもたらしてくれる一方で今年は台風接近に伴う脅威や危機もフジロックには降りかかっていた。雨量は例年とさほど大差がなかったかもしれないが深夜の暴風はなかなかどうしてかなりのしけり具合だった。

2日目夜から降り続いた暴風豪雨の影響で会場内のあらゆるものが吹き飛び、撤去を余儀なくされたものもある中、一時は開催も危ぶまれた最終日、スタッフの尽力などもありなんとか開催にこぎつける事ができたわけだが、ドランゴンドラの運休により『Day Dreaming』ステージは開催中止を余儀なくされた。本来であればそこで行われる NAOKI SERIZAWA、53+84、HIFANA、DISCO MAKAPU’U(川辺ヒロシ / サイトウ”JxJx”ジュン)のライブをこの『UNFAIRGROUND』で受け入れ代替開催された。こういったイレギュラーの事態に臨機応変に適応できる懐の広さもこういったエリアの魅力のひとつなのだと思うと共に温かさに潜むエモーションを感じる雰囲気が出来上がっていた。

また、雨が降った後のこのエリア特有の足元のぬかるみは本場グラストンベリーを彷彿させるような沼地が形成され、ある意味、フジロック=長靴というのを決定的必須にした状態を体現。そういった不自由な非日常もこのフェスの醍醐味であると改めて再認識することができた。

さらに、フードコートも充実していたのに加え、大型テントに椅子と机が設置され日差しや雨よけはもちろん単純に仲間との憩いの場としても活用されるレストエリア。時間帯によっての盛り上がりに若干の相違はあったような気もするが、基本的には見て良し、遊んで良し、休んで良しというみんなが重宝する良質な空間になっていたと思う。

今年限定の誘致となった『UNFAIRGROUND』
そのさらなる引き出しを覗いてみたいという気持ちもありながら、来年このエリアはどのように彩られるのか?
ぬかるみに刻まれた足跡を眺めながら、フジロックならではのアートやデコももっともっと観てみたいという願望が頭の中をよぎったのであった。

FUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORTFUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORTFUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORTFUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORTFUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORTFUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORTFUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORTFUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORTFUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORTFUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORTFUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORTFUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORTFUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORTFUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORTFUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORTFUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORTFUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORTFUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORTFUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORTFUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORTFUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORTFUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORTFUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORTFUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORTFUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORTFUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORTFUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORTFUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORTFUJI ROCK FESTIVAL '18 ~UNFAIRGROUND~ REPORT


text by KISHIMOTO
photo by kenji nishida

Posted in ALL ENTRY, FUJI ROCK FESTIVAL, RECOMMEND, REPORT, 西田 憲司 |