CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


FUJI rocKIDS~フジロックな子供達~

FUJI rocKIDS~フジロックな子供達~

Profile of |FUJI ROCK FESTIVAL|


FUJI rocKIDS~フジロックな子供達~

さて、ほとんどの人達は夏の過ごし方を事前に決めていると思いますが、その過ごし方も海外旅行や国内旅行、海水浴や温泉などネットを開けばいまやたくさんのオプションがあるわけです。限られた自分の休みの中で、子供達や家族サービスをする為にどんなプランを立てたらいいのか?はたまた家族サービスをしながらも自分もしっかりと楽しむ為にはどうしたらいいか?など色々な工夫をそれぞれし、中には苦戦をしている人もいるのではないでしょうか?

そんな中こちらフジロックフェスティバルの魅力はなんといっても大自然。見渡す限り緑に囲まれ、歩き疲れた体を流れる川で癒すのです。なにも音楽を聴かなくたって十分に楽しめる要素はたくさんあるわけですし、音楽なんて自然と戯れる為の理由にしてしまえばいいわけなんです。要するに自然と音楽を一度に楽しんでしまえるという”一石二鳥”なイベントなわけなんですね。

そんな”一石二鳥”は家族サービスをしたいお父さんにとっては好都合なわけです。お父さんとお母さんは好きな音楽を楽しみ、その子供達にとっては見渡す限り360度が遊び場で、更にはキッズランドまであるわけですから、グズる事もなく安心して遊ぶ事が出来るわけです。大きな音が鳴ってても、あの広がった大空間に溶け込んでいくわけですから、子供達も音に悩まされる事はないわけだし、むしろ虫かご片手に心地良く楽しむ事が出来るわけです。

FUJI rocKIDS~フジロックな子供達~

そしてこういう環境で遊ぶ事に慣れた子供達が、将来もしかしたらアーティストとして、主催者として、お客さんとして、どんな形でかは分かりませんが、こういうイベントが生活の一部として、音楽がアートが彼らにとって当たり前の存在となる事を僕は願います。16年も続いてるイベントなわけですから、もしかしたらあの当時に生まれた子供達が今は16歳になり、両親と遊び来ているかもしれません。そんな微笑ましい姿が、至る所で見る事が出来るのもこのフジロックの特徴かもしれませんね。

現在、あえて言いませんが子供達にとって害となりうる問題をたくさん抱えてるこの国。特にこういうピースな場所で子供達を見かけると、なんとか我々の力で安心して生活が出来る環境を作りだしてあげたいと心から思います。そしてFUJI ROCKIDSが次世代のFUJI ROCKERSとしてこの素晴らしいイベントを継承して行く姿を常に思い描けば、自ずと我々大人がしなければいけない事は見えてくるのではないでしょうか?

フジロックフェスティバルにいた子供達の笑顔に何度も癒された人達はたくさんいたと思います。その癒された一人として、みなさんにその笑顔を見て頂きたいと思いたくさんの写真を撮りました。来年もまたこうしてたくさんの子供達が来れる環境でありますように。そしてたくさんの子供達に会えますように。




Report by kenichi kono

Posted in ALL ENTRY, FUJI ROCK FESTIVAL, REPORT |