CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


FUJI ROCK FESTIVAL ’11 木の海賊と不死鳥 REPORT

FUJI ROCK FESTIVAL ’11 木の海賊と不死鳥

Profile of |FUJI ROCK FESTIVAL|

フジロックの会場の奥の奥方まで行ったら左側に確実に視界に入ってくるであろう大きな木の不死鳥のオブジェ。

オレンジコート止まりの人は残念!

実は本来、とあるバンドのレポートに行く予定で先を急いでいたのですが、その不死鳥の下でなんだか楽しそうなSHOWがあると言う事で滞る事に。

そのSHOWがアート集団”Treepirate”によるチェーンソーなどにより木を削り作品を作り上げていくパフォーマンスである。彼らは木を自由自在に操る海賊なのである。

なにやら黒いロングコートを纏った怪しげな二人組が出てきたと思ったら結構重さはあるであろう木を瞬く間に自由自在に操り、チェーンソウで削っていき、あっという間に2本のギターの形に!

FUJI ROCK FESTIVAL ’11 木の海賊と不死鳥
FUJI ROCK FESTIVAL ’11 木の海賊と不死鳥
FUJI ROCK FESTIVAL ’11 木の海賊と不死鳥
FUJI ROCK FESTIVAL ’11 木の海賊と不死鳥
FUJI ROCK FESTIVAL ’11 木の海賊と不死鳥
FUJI ROCK FESTIVAL ’11 木の海賊と不死鳥
FUJI ROCK FESTIVAL ’11 木の海賊と不死鳥
FUJI ROCK FESTIVAL ’11 木の海賊と不死鳥
FUJI ROCK FESTIVAL ’11 木の海賊と不死鳥
FUJI ROCK FESTIVAL ’11 木の海賊と不死鳥FUJI ROCK FESTIVAL ’11 木の海賊と不死鳥
FUJI ROCK FESTIVAL ’11 木の海賊と不死鳥
FUJI ROCK FESTIVAL ’11 木の海賊と不死鳥

と思ったら今度は火のついたタイマツを持ってグルグル回して口に入れたり、掴んだり。なんだなんだ?なんだかとっても愉快だぞ?たまたまトイレ待ちでいたお客さんも皆立ち止り列を忘れ見入っている。

FUJI ROCK FESTIVAL ’11 木の海賊と不死鳥
FUJI ROCK FESTIVAL ’11 木の海賊と不死鳥
FUJI ROCK FESTIVAL ’11 木の海賊と不死鳥
FUJI ROCK FESTIVAL ’11 木の海賊と不死鳥
FUJI ROCK FESTIVAL ’11 木の海賊と不死鳥
FUJI ROCK FESTIVAL ’11 木の海賊と不死鳥
FUJI ROCK FESTIVAL ’11 木の海賊と不死鳥

ちなみにこのフジロック不死鳥も彼らの作品。
そこには彼らなりのメッセージがあり、今回の東日本での震災の事を想い”不死鳥”という作品にしたらしい。

FUJI ROCK FESTIVAL ’11 木の海賊と不死鳥
FUJI ROCK FESTIVAL ’11 木の海賊と不死鳥
FUJI ROCK FESTIVAL ’11 木の海賊と不死鳥FUJI ROCK FESTIVAL ’11 木の海賊と不死鳥

一番上の部分がUKから、真中が昨年のフジロックのボードウォークからそして下の部分が今回の被災地から頂いてきた木材を使用。こういう小さな所にも主催者の想いがしっかりと込められていて、このイベントの奥の深さとハートと愛情を改めて感じた瞬間だった。ただバンドを招聘してイベントをする。そういうイベントでは無い事をこういう部分で何度も再認識させて貰った。

被災地への追悼、そして励ましの意味も含め、この不死鳥は美しく羽ばたいていたと思う。素敵なSHOWと作品をありがとう!歩き疲れた心が温かい気持ちになりました!

Report by kenichi kono

Posted in ALL ENTRY, FUJI ROCK FESTIVAL, REPORT |