CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


文芸書『ゴールデン街コーリング』著者:馳星周/刊行

文芸書『ゴールデン街コーリング』著者:馳星周/刊行


80年代カルチャーが満載! 馳星周が描く自伝的青春小説『ゴールデン街コーリング』発売!

本作は、1980年代中頃にゴールデン街のバー「深夜プラス1」でアルバイトをしていた自身をモデルにした、馳氏の自伝的青春小説です。 ゴールデン街の世界にどっぷり浸かりながらも、見えない未来に焦る日々を送る主人公の気持ちに、ぜひ自身の青春時代を重ね合わせて読んでいただきたい一冊です。

また作中には80年代のカルチャーがたくさん登場し、当時バーで繰り広げられていた酔客たちの文芸・映画談義の様子が活き活きと描かれています。 文芸情報サイト「カドブン」にて本作の1節までの試し読みを公開中ですので、ぜひこの機会にお読みいただき、当時の雰囲気も味わってください。


『不夜城』前夜――
1985年、新宿。 ぼくはこの街が好きで、嫌いだった。
「日本冒険小説協会公認酒場」と銘打ったバー<マーロウ>のアルバイト坂本は、本好きが集まるこの店でカウンターに立つ日々を送っていた。 北海道の田舎から出てきた坂本にとって、古本屋街を歩き、マーロウで文芸談義できる毎日は充実感をもたらす。 その一方で、酒に酔った店主・斉藤顕の横暴な言動と酔客の自分勝手な振る舞いには我慢ならない想いも抱えていた。 そんなある日、ゴールデン街で放火未遂事件が起こる。 親しくしている店の常連「ナベさん」は放火取り締まりのため見回りを始めるが、その矢先、何者かに殺されてしまう。 坂本は犯人探しに立ち上がるが――。 若手作家の胎動著しき頃、ゴールデン街がもっともゴールデン街らしかった時代にひりひりする時間を過ごした著者の、最初で最後の自伝的青春小説。


文芸書『ゴールデン街コーリング』
著者:馳星周

発売:2018年12月27日(木)※電子書籍同日配信
定価:本体1,600円+税
頁数:384頁
装丁:岡本歌織(next door design)
装画:西田真魚
体裁:四六判・仮フランス装
発行:株式会社KADOKAWA
初出:「本の旅人」(KADOKAWA)2017年8月号~2018年7月号

試し読み第一回
https://kadobun.jp/readings/575/12aa7a70

試し読み第二回
https://kadobun.jp/readings/576/2d449ee4


馳 星周(はせ・せいしゅう)

1965年北海道生まれ。 横浜市立大学卒業。 出版社勤務を経てフリーライターになる。

96年『不夜城』で小説家としてデビュー。 翌年に同作品で第18回吉川英治文学新人賞、98年に『鎮魂歌(レクイエム) 不夜城II』で第51回日本推理作家協会賞、99年に『漂流街』で第1回大藪春彦賞を受賞。

近著に『アンタッチャブル』『陽だまりの天使たち ソウルメイトII』『神奈備』『比ぶ者なき』『暗手』『神(カムイ)の涙』『蒼き山嶺』『雨降る森の犬』などがある。


Posted in ALL ENTRY, RECOMMEND |