CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
THE CHERRY COKE$ (KATSUO、LF) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
THE CHERRY COKE$ (KATSUO、LF)
結成18年という長い年月の中、数々のメンバーチェンジを繰り返しながらも着実に夢を掴みに行く姿勢を見せ続けるTHE CHERRY COKE$が遂にカリブ海への航海へ出た...


【INTERVIEW】
DÉ DÉ MOUSE インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
DÉ DÉ MOUSE
6枚目のフルアルバム『dream you up』をリリースしたDÉ DÉ MOUSE。時代を先取り続けてきたその先にたどり着いた深化...


【INTERVIEW】
LESS THAN JAKE(Roger、Buddy)× KEMURI(伊藤ふみお)インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LESS THAN JAKE(Roger、Buddy)× KEMURI(伊藤ふみお)
これまで幾度となく共演を重ねてきた日米を代表するスカパンクバンド、LESS THAN JAKEとKEMURI...


【INTERVIEW】
Sakiko Osawa「Chronic」リリースインタビュー ~道玄坂の繋がりと流れから~ / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Sakiko Osawa
CD HATAを中心にレーベルオーナーであるヴィーナス・カワムラユキ、そしてvoice参加している芸術家アイドルユニット ナマコプリの二人と共に...


【INTERVIEW】
Ziv Lahat (Painter, Illustrator etc) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Ziv Lahat
イスラエル出身/在住。スケートやサーフシーンからホットロッドなどのバイクシーン、更には独自に日本文化を学び、オリジナルな色彩センスとアートスタイルを絵に落とし込む...


【INTERVIEW】
FLYOVER – AKIRA & O.R. インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
FLYOVER – AKIRA & O.R.
FLYOVER AKIRA、常に描き続け、進み続ける視線が見据えるものは…。そして、一昨年ベルリンに渡ったO.R.が遂に1st EPを完成させた...


【INTERVIEW】
亮弦-Ryogen- インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
亮弦-Ryogen-
ギター1本。彼が鳴らす音はその場の空間を埋め尽くす。例えそこが小さなライブハウスだろうと、野外のパノラマ大自然の中であろうと...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


光風&GREEN MASSIVE×EL SKUNK DI YAWDIE@FUJI ROCK FESTIVAL ’11 LIVE REPORT

光風&GREEN MASSIVE×EL SKUNK DI YAWDIE@FUJI ROCK FESTIVAL ’11 LIVE REPORT

Profile of |FUJI ROCK FESTIVAL|

光風&GREEN MASSIVE×EL SKUNK DI YAWDIE
2011年7月29日(金) @ FUJI ROCK FESTIVAL ’11

NEW POWER GEAR Stage / Gypsy Avalonは電力をバイオディーゼル、太陽光等のソフトエネルギーでまかないCO2 排出量の削減に取り組んでいるフィールド。
このピュアエネルギーのGypsy Avalonで初日のとりを務めたのが光風&GREEN MASSIVEとEL SKUNK DI YAWDIE。

まず最初に登場したのは東北地方太平洋沖地震の被災地でもある岩手より参戦の2人組、EL SKUNK DI YAWDIE
自らのオリジナル曲に交えてルパン三世のテーマ曲や、自由への想いを込めて『Redemption Song』も披露。
ボブマーリーやジョーストラマーにも劣らぬ説得力があったね。

彼らは言っていた。
被災してから本当に多くの人に助けられ、支えられ、想いを感じて受け取った。
有難くてうれしくて温かくて、まだまだ大変だけど、またどこかで逢ったら『ヤーマン』って声を掛けてくれても良いし、一緒に酒を呑むでも、音楽するでも何でも良いのでまた逢えたら嬉しいと。
そして後悔せぬよう大事な人には愛を伝えるべきだと。

降り続ける雨に混じって目頭辺からも水が流れてくるのを感じずにはいられなかった。


続いて登場したのは光風&GREEN MASSIVE
3月4日に1stアルバム『民衆レベル』をリリース。奇しくもその1週間後にあの震災が起こってしまうのだが、民衆の民衆による民衆の為の音楽を掲げてきた彼らの音楽には生きるという事への強いメッセージが込められているように思う。

7分近くに及ぶ名曲『舟』をしっとりと歌い上げる。 多くのイメージをかきたてる歌詞、でも伝えたい事はとてもシンプルな事なのだろう。

途中、厚木のラスタマンKARAMUSHIはマリアンナを声高々に歌い上げた。
その後、EL SKUNK DI YAWDIEと合体してさらに数曲を披露した。

何時の時もこういったローカル・シーンでかき鳴らされるレベル・ミュージックに救われる者は多い。

同時刻、わずか数百メートル先のWHITE STAGEではTHE CLASHのギタリスト、ミック・ジョーンズ率いる伝説的レジェンド、BIG AUDIO DYNAMITEが、その先のGREEN STAGEではグラミー賞アーティスト、COLDPLAYが大観衆を前に壮大なライブを繰り広げていた。

その中でGypsy Avalonはどこよりも人間味に溢れ、愛が詰まったステージだったと思う。


Report by KISHIMOTO

Posted in ALL ENTRY, FUJI ROCK FESTIVAL, REPORT, 光風&GREEN MASSIVE |