CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
『黒板アートの世界 中島玲菜の原画展』2021年3月24日(水)~4月6日(火)at 八木橋百貨店4階イベントスペース
BIEN 個展『DUSKDAWNDUST』2021年3月13日 (土) ~ 4月30日 (金) at 馬喰町 PARCEL|2021年3月19日(金) ~ 4月18日(日)at 神宮前 island JAPAN
asuka ando – 7インチ『ゆめで逢いましょう ~see you in my dreams~』(再発)2021.04.28 Release
V.A. – LP重量盤『SNOW MONKEY BEER LIVE!』Release
V.A. – Bar Chit Chat Compilation Album『Go To Chit Chat』Release

『guf』2020年12月30日(水)at 渋谷 Contact

[2020/12/28]

『guf』2020年12月30日(水)at 渋谷 Contact


東京を拠点に活動中のエレクトロバンドgatoが主催するgufを開催!cro-magnon、jinmenusagi、BROKEN HAZE、Mari Sakuraiなど、豪華ラインナップが登場。

東京を拠点に活動中のエレクトロバンドgato。 今年10月に1stアルバム「BAECUL」をリリースするや否や、収録曲がSpotify公式プレイリストに多数選出され、J-WAVE SONAR TRAXやNHK-FM ミュージックラインのテーマソングに決定、渋谷WWWにて開催したリリースパーティがソールドアウトするなど、いま各所で注目を集めている。 そんな勢いに乗る彼らが、12月30日に渋谷の人気クラブContactと共催でイベントを行う旨がアナウンスされた。 主催のgatoはじめ、cro-magnon、jinmenusagi、BROKEN HAZE、Mari Sakuraiなど、豪華ラインナップが登場。 ライブハウスとクラブを往き来し続ける“最新”のgatoをぜひ体感してみてはいかがだろうか。


『guf』

【日程】
2020年12月30日(水)
Open 22:00

【出演】
-Studio-
cro-magnon -Live
Jinmenusagi -Live
gato -Live
Mari Sakurai
Miru Shinoda
FUJI TRILL (OVER KILL)
eitaro sato (indigo la End)

-Contact-
Akey
T5UMUT5UMU
BROKEN HAZE
ykah
tomo takashima
AMANE
the2$

-Foyer-
SALICHANMODE
maidable
sinrin
cabbage boy
tommy.arakaki
Xamd

【料金】
Under 23 ¥1000
Advance ¥3000
Door ¥3500

《前売券》
e+
https://eplus.jp/sf/detail/3362900001-P0030001P021001?P1=1221

Resident Advisor
https://jp.residentadvisor.net/events/1433547

clubberia
https://clubberia.com/ja/events/293266/

iFLYER
https://iflyer.tv/event/334422/

【会場】
Contact
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階
Tel: 03-6427-8107
http://www.contacttokyo.com
You must be 20 and over with ID


gato

gato


2018年、突如インディーシーンに現れたエレクトロバンド。 ポストダブステップ、フューチャーベース、ヒップホップといった昨今のグローバルトレンドを抑えつつも、日本人の琴線に触れるオリエンタルなサウンドは、現行のインディーシーンにおいて唯一無二の存在。 高い歌唱力、曲を繋いでシームレスに展開していくパフォーマンス、映像と楽曲がシンクロするライブには定評があり、クラブシーンやギャラリーなど、ライブハウスの垣根を超え出演オファーが続出。 着々とファンを増やしている。 2019年末には、無名ながらも恵比寿LIQUID ROOMの年越しイベントにてサブステージのトリを飾った。 2020年10月に初の全国流通盤「BAECUL」をリリース。 収録曲が11月度J-WAVE SONAR TRAX、NHK-FMミュージックラインの10・11月度テーマソングに選出。 またApple Musicではエレクトロ部門にてバナー展開、Spotifyでは公式プレイリストに収録曲が多数選出された。 同年11月に渋谷WWWにてNo Busesをゲストに迎え開催したリリースパーティは、ソールドアウトを果たした。



cro-magnon

cro-magnon


1996年の米国ボストンにて、大竹重寿 (Dr. & Per.)、コスガツヨシ (Gt. & Bass)、金子巧 (Key.) が出会いセッションを始める。 1999年、帰国後にLoop Junktionを結成。 1枚のミニアルバム、2枚のフルアルバムをリリースするが惜しまれつつも2004年に活動停止。 同年、進化した3人が原点に立ち返り、cro-magnonとして活動開始。 ステージの大小を問わずオーディエンスを必ず踊らせる演奏が韓国や東南アジアでも人気爆発。 2009年、2度目のヨーロッパツアーを成功させ、同年8月に通算4枚目のフルアルバム「4U」をリリース。 2010年12月、cro-magnon初となる全曲ヴォーカリストとのコラボレーションアルバム「joints」(参加アーティスト: 土岐麻子、さかいゆう、七尾旅人、Roy Ayers、TWIGY、GAGLE、鎮座ドープネス、S.L.A.C.K. & PUNPEE、MC KAN、三宅洋平、有坂美香、Steve Spacek) をリリース。 新しい価値観の創造に向けて今後の活躍が期待される。



Jinmenusagi / Leeyvng

Jinmenusagi / Leeyvng


東京都出身、バブル崩壊生まれ・コンクリートジャングル育ち。 ラッパー/シンガーソングライター/プロデューサー/モデル。 佃煮に出来るほど肩書きを持つこの男は、ヘヴィメタルやヒップホップをこよなく愛すいちアジア人少年に過ぎなかった。 数奇な運命に弄ばれながらも、自らのペルソナと向き合い二十有余年。
DaokoやGomessを日本のシーンへと輩出した名門LOW HIGH WHO?に在籍したのちインディペンデントチーム 業放つを設立し、事業家への道を歩みだす。
国民的R&BシンガーAIとの共演、俳優として映画に出演も果たした今、東京 というメルティングポットを象徴するモンスターとなった男がJinmenusagi / Leeyvngである。



Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, Jinmenusagi, MOVIE, RECOMMEND |