CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


『浜口陽三・長谷川潔 銅版画展』2019年3月27日(水)~4月2日(火)at 西武池袋本店6階(中央B7)=アート・ギャラリー

『浜口陽三・長谷川潔 銅版画展』2019年3月27日(水)~4月2日(火)at 西武池袋本店6階(中央B7)=アート・ギャラリー

フランスを創作活動の主要な拠点として銅版画技法を追及、世界的な評価を博した二人の版画家の作品を特集します。

浜口陽三は1955年ごろからカラーメゾチントという銅版画技法を独自に解釈して開拓しました。 以来、数多くの国際的な美術展で受賞を重ね、銅版画作家として世界的な評価と知名度を獲得しました。 1981年にはサンフランシスコに移住、1996年に帰国後、2000年に逝去しました。

一方、長谷川潔はフランスに渡り、20世紀初頭には忘れ去られていた銅版画の一技法のマニエール・ノワールを復活させ、繊細で格調高い独自の様式を創造しました。 その間、数々の賞や勲章を受章しましたが、一度も日本に帰ることなくパリに没しました。 二人の日本人作家による極められた銅版画の作品世界をご覧いただきます。


『浜口陽三・長谷川潔 銅版画展』

【日程】
2019年3月27日(水)~4月2日(火)
最終日4月2日(火)は、当会場のみ午後4時にて閉場いたします

【会場】
西武池袋本店6階(中央B7)=アート・ギャラリー
住所:171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1
電話番号:03-3981-0111(大代表)
営業時間:10:00~21:00 *日・祝休日は~20:00(不定休)
ホームぺージ: https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/


浜口 陽三(1900~2000
1909年 和歌山県有田郡に生まれる
1930年 フランスに渡る(~’39)
1953年 再び渡仏、パリに定住
1984年 有楽町アート・フォーラム、国立国際美術館(大阪)にて初回顧展
1989年 勲三等旭日中綬章受章

長谷川 潔(1891~1980)
1891年 神奈川県横浜市に生まれる
1918年 フランスに渡る
1935年 レジオンドヌール勲章受章
1966年 フランス文化勲章受章
1967年 勲三等瑞宝章受章


浜口 陽三 「さくらんぼとアスパラガス」

浜口 陽三 「さくらんぼとアスパラガス」

サイズ:25×24.2cm
 
カラーメゾチント

1973年制作
浜口陽三の代表的なモチーフのさくらんぼとアスパラガスを組み合わせた象徴的な作品です。 カラーメゾチントの技法を用いて、宇宙の広がり、深さ、神秘と謎を表現、見るものの想像を掻き立てます。


浜口 陽三 「メロンと筆」

浜口 陽三 「メロンと筆」

サイズ:29.5×29.5cm 

メゾチント

1955年制作
第30回ベネチアビエンナーレへの出品作です。 メゾチントの技法で黒一色のモノクロームの世界を表現した静謐な一枚で、その後のカラーメゾチント作品につながる重要なものとなっています。


長谷川 潔 「ジコンダ古村の礼拝堂」

長谷川 潔 「ジコンダ古村の礼拝堂」

サイズ:20.5×30cm

ポアント・セッシュ

1938年制作
ドライポイントのシャープな線を生かし、建物、木々、草の葉一枚一枚まで丹念に描き、風にそよぐ草木のざわめきが聞こえてくるような風景です。 1930年以降に見られる、繊細な表現が印象的な作品です。


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |