CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
EY∃(BOREDOMS)個展『”LAG-ED” EY∃ exhibition』2021年1月15日(金)~1月31日(日) at 心斎橋PARCO 10F Event Space / 2月5日(金)~2月15日(月) at 渋谷PARCO B1F GALLERY X
『目でも陶酔できる ウイスキーボトル展』2020年11月7日(土)~2021年2月28日(日)at 名古屋 横山美術館
『JOKER LIVE IN CONCERT』フィルムコンサート – 2021年2月20日(土) 21日(日)at 東京国際フォーラムホールA
ドキュメンタリー映画『エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット』2021年1月8日(金)より新宿シネマカリテ他にて劇場公開。
V.A. – Bar Chit Chat Compilation Album『Go To Chit Chat』Release

『浜口陽三・長谷川潔 銅版画展』2019年3月27日(水)~4月2日(火)at 西武池袋本店6階(中央B7)=アート・ギャラリー

[2019/03/17]

『浜口陽三・長谷川潔 銅版画展』2019年3月27日(水)~4月2日(火)at 西武池袋本店6階(中央B7)=アート・ギャラリー

フランスを創作活動の主要な拠点として銅版画技法を追及、世界的な評価を博した二人の版画家の作品を特集します。

浜口陽三は1955年ごろからカラーメゾチントという銅版画技法を独自に解釈して開拓しました。 以来、数多くの国際的な美術展で受賞を重ね、銅版画作家として世界的な評価と知名度を獲得しました。 1981年にはサンフランシスコに移住、1996年に帰国後、2000年に逝去しました。

一方、長谷川潔はフランスに渡り、20世紀初頭には忘れ去られていた銅版画の一技法のマニエール・ノワールを復活させ、繊細で格調高い独自の様式を創造しました。 その間、数々の賞や勲章を受章しましたが、一度も日本に帰ることなくパリに没しました。 二人の日本人作家による極められた銅版画の作品世界をご覧いただきます。


『浜口陽三・長谷川潔 銅版画展』

【日程】
2019年3月27日(水)~4月2日(火)
最終日4月2日(火)は、当会場のみ午後4時にて閉場いたします

【会場】
西武池袋本店6階(中央B7)=アート・ギャラリー
住所:171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1
電話番号:03-3981-0111(大代表)
営業時間:10:00~21:00 *日・祝休日は~20:00(不定休)
ホームぺージ: https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/


浜口 陽三(1900~2000
1909年 和歌山県有田郡に生まれる
1930年 フランスに渡る(~’39)
1953年 再び渡仏、パリに定住
1984年 有楽町アート・フォーラム、国立国際美術館(大阪)にて初回顧展
1989年 勲三等旭日中綬章受章

長谷川 潔(1891~1980)
1891年 神奈川県横浜市に生まれる
1918年 フランスに渡る
1935年 レジオンドヌール勲章受章
1966年 フランス文化勲章受章
1967年 勲三等瑞宝章受章


浜口 陽三 「さくらんぼとアスパラガス」

浜口 陽三 「さくらんぼとアスパラガス」

サイズ:25×24.2cm
 
カラーメゾチント

1973年制作
浜口陽三の代表的なモチーフのさくらんぼとアスパラガスを組み合わせた象徴的な作品です。 カラーメゾチントの技法を用いて、宇宙の広がり、深さ、神秘と謎を表現、見るものの想像を掻き立てます。


浜口 陽三 「メロンと筆」

浜口 陽三 「メロンと筆」

サイズ:29.5×29.5cm 

メゾチント

1955年制作
第30回ベネチアビエンナーレへの出品作です。 メゾチントの技法で黒一色のモノクロームの世界を表現した静謐な一枚で、その後のカラーメゾチント作品につながる重要なものとなっています。


長谷川 潔 「ジコンダ古村の礼拝堂」

長谷川 潔 「ジコンダ古村の礼拝堂」

サイズ:20.5×30cm

ポアント・セッシュ

1938年制作
ドライポイントのシャープな線を生かし、建物、木々、草の葉一枚一枚まで丹念に描き、風にそよぐ草木のざわめきが聞こえてくるような風景です。 1930年以降に見られる、繊細な表現が印象的な作品です。


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |