CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

『版画を楽しむ 木版・銅版・リトグラフ・シルクスクリーン』2019年4月9日(火)~ 6月23日(日)at 資生堂アートハウス(静岡県掛川市)

版画を楽しむ 木版・銅版・リトグラフ・シルクスクリーン

日本人になじみの深い「版画」にテーマを絞り、作家においても技法においてもヴァリエーションに富んだ展覧会

版画は「版」を利用して制作する絵画で、同じ版を用いて複数の作品を刷ることができるのが大きな特徴です。 技法的には木版画に代表される凸版、銅版画に代表される凹版、平版(リトグラフ)、孔版(シルクスクリーン)の四つに分類され、古くから世界各地で制作されてきました。

今回の展覧会では、多彩な技法を駆使して表現領域を広げてきた近現代の版画に焦点をあて、銅版画家として世界的に活躍した駒井哲郎(こまい てつろう・1920-1976)や浜口陽三(はまぐち ようぞう・1909-2000)をはじめ、小村雪岱(こむら せったい・1887-1940)、高山辰雄(たかやま たつお・1912-2007)ら日本画家、脇田 和(わきた かず・1908-2005)、中川一政(なかがわ かずまさ・1893-1991)ら洋画家、李 禹煥(り うふぁん・1936- )や青木野枝(あおき のえ・1958- )ら現代美術家、また、デイヴィッド・ホックニー(David HOCKNEY・1937- )やサルバドール・ダリ(Salvador DALI・1904-1989)ら外国人作家による約70点を一堂に展示します。
アートハウスの会場で、現代版画の芳醇な世界をお楽しみください。


『版画を楽しむ 木版・銅版・リトグラフ・シルクスクリーン』

【日程】
2019年4月9日(火)~ 6月23日(日)
※ 4月29日(月)から5月6日(月)まで連続開館いたします
(連休中の休館日はございません)

【料金】
入場無料

【会場】
資生堂アートハウス
静岡県掛川市下俣751-1 (TEL.0537-23-6122)

関連企画「学芸員によるギャラリートーク」
日時:4月26日(金) ・ 5月25日(土) ・ 6月14日(金)
各日14:00-14:30 ※やむを得ない理由により、 予告なく日程変更の場合がございます
会場:資生堂アートハウス <参加費無料|申込み不要>

【ウェブサイト】
https://www.shiseidogroup.jp/art-house/?rt_pr=trd23


小村雪岱 「お傳地獄 傘」 1935年頃

小村雪岱 「お傳地獄 傘」 1935年頃

高山辰雄 『唐詩選』より「少年行」 1968年

高山辰雄 『唐詩選』より「少年行」 1968年

青木野枝 「水天 12」 2007年

青木野枝 「水天 12」 2007年

百瀬  寿 「Square-Four Intersecting Stripes」 1975年

百瀬 寿 「Square-Four Intersecting Stripes」 1975年

舟越  桂 『水の下の小石』より「少年の日記」 1993年

舟越 桂 『水の下の小石』より「少年の日記」 1993年


Posted in ALL ENTRY |