CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


HELMET (2011/09/13) LIVE REPORT

HELMET LIVE (2011/09/13)HELMET LIVE (2011/09/13)

HELMET
2011.9.13 (tue) Shibuya CLUB QUATTRO

本公演に行くか行かないか迷ってしまい“行かない”という判断をしてしまった方。そんな方は残念ながら後悔先に立たずであろう。

HELMET、15年ぶりの来日公演は2度のアンコールを含む90分を超えるボリューム、新旧楽曲を織り交ぜた圧巻のステージとなった。

1曲目が始まる前にギターが軽く“ジャジャン♪”と1回だけかき鳴らされたんだけど、もうその音が完全にHELMETだったんだよね。
うまく説明できないんだけどこの硬くしなやかな音を1音聞いただけ、曲の演奏前のそのほんの些細な1音だけでHELMETだと感じてしまった事に彼らの与えてきた影響、僕らが受けてきた影響の大きさを実感すると共にどれだけ時が経とうが、メンバーの入れ替わりがあろうがHELMETはHELMETであると意義深く再認識。

最新アルバム“Seeing Eye Dog ”からの楽曲はもちろんの事、随所に往年の名曲がズラリと、“In The Meantime ” “ Unsung” さらにはかつてHouse Of Painとジョイントした楽曲 “Just Another Victim” なんかの盛り上がりはやはり格別のものがありましたね!

従来のタイトでノイジーでザックザク感とプログレッシヴ感が融合した無敵のリズムとリフにNEWアルバム“Seeing Eye Dog ”でさらなるPOPさと疾走感が加わるという斬新さと緻密さの果てに行き着いた抜群の安定感に脱帽しました。 

90年代に感じた衝動をふと想い返す時、当時確かに僕は“重い音”の音楽を好んで聴いていた時期ではあったが、このHELMETに惹かれたのはそういった要素とはまた別の部分だったように思う。派手さはないが高い次元でひとつの芸術をみたようなそういった感覚。
この日のライヴでもその感覚がどこかで蘇ってくるのが自分の中にあった。
もちろん縦にも横にも揺らしてくれるこのヘヴィーなサウンドのライヴは純粋に楽しく、アドレナリンもドーパミンも出まくっていた事でしょう。

東京での一夜限りのプレミアムとなった今回のライブをあえて一言で言うなら
『コレがHELMETだ!』としか言えない・・・。
それほどまでに完成されたHELMETをフルコースで味わわせて頂きました!

偉大なる先駆者よ、
時にエモーショナルに時にアヴァン・ジャズに、
こうなったらオルタナティヴ・ロックをとことんまでに翻弄し続けて欲しい。

-セットリスト-
01. Role Model ※form 2nd『MEANTIME』(1992年)
02. So Long ※from 7th『SEEING EYE DOG』(2010年)
03. Exactly What You Wanted ※from 4th『AFTERSTATE』(2004年)
04. Welcome to Algiers ※from 7th『SEEING EYE DOG』(2010年)
05. See You Dead ※from 5th『SIZE MATTERS』(2004年)
06. Iron Head ※form 2nd『MEANTIME』(1992年)
07. White City ※from 7th『SEEING EYE DOG』(2010年)
08. Unsung ※form 2nd『MEANTIME』(1992年)
09. Give It ※form 2nd『MEANTIME』(1992年)
10. In Person ※from 7th『SEEING EYE DOG』(2010年)
11. She’s Lost ※from 7th『SEEING EYE DOG』(2010年)
12. Wilma’s Rainbow ※from 3rd『BETTY』(1994年)
13. Milquetoast ※from 3rd『BETTY』(1994年)
<UNCORE 1>
01. Birth Defect ※from 4th『AFTERSTATE』(2004年)
02. Tic ※from 3rd『BETTY』(1994年)
03. Just Anoter Victim ※from O.S.T.『JUDGMENT NIGHT』(1993年)
04. In the Meantime ※form 2nd『MEANTIME』(1992年)
<UNCORE 2>
01. Renovation ※from 4th『AFTERSTATE』(2004年)
02. It’s Easy to Get Bored ※from 4th『AFTERSTATE』(2004年)
03. Blacktop ※from 1st『STRAP IT ON』(1991年)
04. Crisis King ※from 4th『AFTERSTATE』(2004年)

text by KISHIMOTO
photo by 成瀬正規(Masanori Naruse)

Posted in ALL ENTRY, REPORT |