CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


HEY SMITH album 『Free Your Mind』リリースツアー FINAL SERIES LIVE REPORT

HEY SMITH album 『FREE YOUR MIND』リリースツアー FINAL SERIES

Profile of |HEY SMITH|

10/2(日) 渋谷クラブクアトロ
[HEY-SMITH Free Your Mind TOUR “TOKYO FINAL”]
HEY-SMITH / HOT SQUALL / SHANK

5月に発売された2nd full album”Free Your Mind”のリリースツアーのファイナルシリーズ。夏のイベントなど含め60本以上のLIVEをこなし、その全国を回った全ての人をもう一度巻き込むかの様に行われたファイナルシリーズの東京公演!こちらにお邪魔してきました!

会場は渋谷クラブクアトロ。何か所かツアーを共にし、ファイナルシリーズのお祝いに駆け付けた仲間のバンド”SHANK””HOT SQUALL”のライブがどちらもゲストとは思えない程の盛り上がりで終わり、

(メンバー談:SHANKは前日の福岡のLIVEを終え、夜走りでお祝いに駆け付けたとか!熱い!)

一旦会場は少し休憩タイムと思いきや、今日の主役のバンド”HEY SMITH”の登場を今か今かと立ちながらステージの方をじっと見つめる。会場内に流れてるSEのBLINK 182がなんだか物凄くHEY SMITHっぽさを感じた。

と、当然会場が暗転。ステージを見て右側にあるスクリーンに映像が映し出される。一瞬不意を突かれた感じになり、ほぼ全員がスクリーンに注目。ファイナルシリーズならではの演出。その内容は彼らがツアーで行った土地土地のライブハウスに書かれる出演ボードなる物の映像の総集編。早送りでどんどんその日の出演ボードが映し出される。かなりの量!とその映像が終わったと同時に。。。

SEが流れメンバーが登場。SEの時点で会場のテンションはマックスかと思われ。。。

ギターボーカルのIGARIが一発ギターをかきならし

いくぞ!

の掛け声と共に一曲目”GO BACK HOME”でライブがスタート。

HEY SMITH album 『Free Your Mind』リリースツアー FINAL SERIES

え?

先ほど会場はテンションマックスか?と書いたが甘かった!このクアトロという会場。一段下がった所にメインフロアーがあり、そこを覆うようにして少し段が上がった状態でもライブが見れるスペースがある。そこにはバーカウンターや物販スペースなど、割と落ち着いて見る人はその段上がりのスペース。踊ったり暴れたり騒ぎたい人は一段下がったメインフロアー。という流れが基本である。少なくとも僕が見てきたライブのほとんどがそうだった。

がしかし、その段上がりの所までもMOSHとSKA DANCEという今まで見た事にない光景。実際ほんとうに床が抜けるんじゃないかっていう位の一体感と揺れ。

何かで例えたり形容する事が出来ない位、良い意味で。。。HEY SMITHってこんななの?凄い!って単純に思ってしまった。

もうそこからは完全にHEYの世界。SKA PUNKというカテゴリーはもちろん完全に崩壊され、ROCKという物凄くシンプルな事を、PUNK ROCKというフィルターを通して表現しているだけ。そしてなによりもバランスが最高に良い。ドンと構えた骨太な3ピースバンドに両サイドのおもちゃの様な(笑)管楽器が目まぐるしく動き回り、全くもって飽きる事の無いステージ。それぞれの役割や立ち位置が確立されているにも関わらずそれが物凄く自然体(わざとらしくない?)なのは、やはり60本を超えるツアーのたまもの。

SHOWってある程度計算された上で見せる物で、、LIVEってもっと何も考えずに自然体で見せる物という風に僕は捉えていて、ただ、LIVEを極めるとそれが勝手にSHOWになっている事がある。決まり事のない自然体のLIVE SHOW。計算しないでも魅了させてしまうLIVE。それを感じたのは、実はライブ中盤で少し単調になってきたかな?って思った正にその直後、11曲目が終わった瞬間会場がやや暗転。突然なんだか分からないけどドラムのリズムだけが鳴り響き、そのリズムが妙に心地よくて、最初何かのSEかと思った位一瞬だけ会場がリセットされた、と僕が(多分僕だけかもしれない)思った瞬間があった。これはなんとも言い難いのだが、照明の暗転とドラムのスタートと前の曲のテンポと、色々な要素が混ざって起きたある意味偶然の瞬間だったのかもしれないが、物凄く印象的で鳥肌が立った瞬間だった。

その単調になってきたかなって思った事など当然かき消され、そのドラムが生ドラムで次の曲”WE SING OUR SONG”へのプロローグだって気が付いた時にはもう既に、後半戦のステージへ釘づけ。アンコールもダブルアンコールありで全20曲!完全爆走ライブ!気が付いたらMOSHPITから湧き出てくるCROWD SURFINGの様に、体は汗でぴっしょりでした。

ライブハウスに来て、屈託の無い楽しさとか、激しさとか思い出す事が出来ました!ありがとう!

というIGARIのMCの様に、きっとここにいた会場の皆も、普段のストレスや辛い事などを全てここで吐き出して笑顔になれた事でしょう。HEY SMITH!ありがとう!

HEY SMITH album 『Free Your Mind』リリースツアー FINAL SERIESHEY SMITH album 『Free Your Mind』リリースツアー FINAL SERIES

セットリスト
1 GO BACK HOME
2 SKATE OR DIE
3 DRUG FREE JAPAN
4 NO WORRY
5 ENDLESS SORROW
6 WE ARE…
7 JUMP
8 STAND UP
9 BROKEN PROMISE
10 THE FIRST LOVE SONG
11 THEME OF HEY
12 WE SING OUR SONG
13 OVER
14 I’M IN DREAM
15 LONGEST DAY

EN1
16 FREE YOUR MIND
17 FAMILY
18 COME BACK MY DOG

EN2
19 20 SECONDS
20 THIS SONG IS FOR UNITED


text by kenichi kono
photo by Takumi Nakajima
(Takumi Nakajima Official Website)

Posted in ALL ENTRY, HEY SMITH, REPORT, 中島たくみ |