CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

HEY! HELLO! – New Album『HEY! HELLO! TOO!』Release

HEY! HELLO! - New Album『HEY! HELLO! TOO!』Release

HEY! HELLO! 全英ロックチャート初登場1位を記録したデビューアルバムから約3年ぶりとなる2ndアルバム『HEY! HELLO! TOO!』が遂にリリース。

ザ・ワイルドハーツのジンジャー、元タワー・オブ・ロンドンのレヴ、日本人メンバーのトシとアイの4人で活動中のヘイ!ヘロー!。2ndアルバムとなる新作は卓越したメロディーメイカーであるジンジャー・ワイルドハートのポップな要素がさらに前面に押し出されたカラフルな1枚!

日本盤にはボーナストラックを3曲追加収録。 アートワークは前作に続き、アート界の巨匠フランク・コジックによるデザインです。


HEY! HELLO! - New Album『HEY! HELLO! TOO!』Release

HEY! HELLO!
『HEY! HELLO! TOO!』
2016.09.21 Release

01. All Around The World (日本語バージョン) *日本盤のみ収録
02. This Ain”t Love
03. Glass Of Champagne
04. Kids
05. Forever Young
06. Loud And Fucking Clear
07. Can’t Stand You (Hurting Me)
08. Let’s Get Emotional
09. A History Of Lovers
10. Body Parts (日本語バージョン)
11. Perfect
12. Automatic Love(日本盤ボーナストラック)
13. Little Piggy(日本盤ボーナストラック)
14. Don’t Stop Loving The Music(日本盤ボーナストラック)

日本盤CDにはジンジャー自身による全曲解説・歌詞・対訳付
VJR-3197 ¥2267
FORMAT : CD
LABEL : Vinyl Junkie Recordings

●Amazon
https://www.amazon.co.jp/HEY-HELLO-TOO/dp/B01KU1BNCM/

●iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/hey!-hello!-too!/id1154015101


HEY! HELLO!

ジンジャー・ワイルドハートが2012年にスタートさせたポップ・パンクプロジェクト。 当初はジンジャーと女性ヴォーカルによる2人のユニットとして活動を開始。 アルバムのレコーディングではボーカルとギターはもちろんのことドラム、ベースまでを全てジンジャー自らが担当。

2013年6月に発売したセルフタイトル・デビューアルバム「HEY! HELLO!」は全英ロックチャート初登場1位を記録する快挙を達成した。 そして以前からライヴでサポートメンバーとして活動していたレヴ(リード・ギター)、トシ(ベース)、アイ(ドラム)に、新たな女性ボーカリストを加えた5ピースのバンド編成として新たなスタートを切った。

2015年11月にはザ・ワイルドハーツの来日公演のサポートアクトとして来日は果たすも、その後、再度女性ボーカリストが脱退。 彼等はレヴ、トシ、アイ、そしてジンジャーの4ピースバンドとしてセカンドアルバムを作成する事を選択し、曲ごとにメンバー4人全員がボーカルやコーラスを担当。 また日本語歌詞による楽曲「オール・アラウンド・ザ・ワールド」「ボディー・パーツ」も収録するなど、ロックンロール、パンク、ポップが見事に融合した、キャッチーでバラエティーに富んだ彼等らしい作品「HEY! HELLO! TOO!」を完成させた。

2016年夏には「T In The Park」「STEELHOUSE」等の英国音楽フェスティバルにも出演。 ヘイ!ヘロー!の第二章が遂に動き出す。 日本盤にはボーナストラック3曲を収録。

オフィシャルサイト
http://vinyl-junkie.com/label/heyhello/


Hey! Hello! – Let’s Get Emotional

http://m.youtube.com/watch?&v=d5hb_5KbnL4
※YOUTUBEにリンクしています。パケット利用料などに注意してご覧ください。 ご利用の機種により動画をご欄頂けない場合がございますので予めご了承ください。



Posted in ALL ENTRY, MOVIE, RECOMMEND |