CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
『黒板アートの世界 中島玲菜の原画展』2021年3月24日(水)~4月6日(火)at 八木橋百貨店4階イベントスペース
BIEN 個展『DUSKDAWNDUST』2021年3月13日 (土) ~ 4月30日 (金) at 馬喰町 PARCEL|2021年3月19日(金) ~ 4月18日(日)at 神宮前 island JAPAN
asuka ando – 7インチ『ゆめで逢いましょう ~see you in my dreams~』(再発)2021.04.28 Release
V.A. – LP重量盤『SNOW MONKEY BEER LIVE!』Release
V.A. – Bar Chit Chat Compilation Album『Go To Chit Chat』Release

Hiro Sugiyama – archive exhibition「『間』の往来 -Drawing 1991-2021」|solo exhibition「Paint it Black」2021年7月10日(土) – 16日(金) at elephant STUDIO

[2021/07/04]

Hiro Sugiyama - archive exhibition「『間』の往来 -Drawing 1991-2021」|solo exhibition「Paint it Black」2021年7月10日(土) - 16日(金) at elephant STUDIO


ファインアート作品を発表するほか、アートディレクターとして、広告や雑誌、映像制作、CD ジャケットデ ザインなども手がけるヒロ杉山の、アーカイブおよび新作個展を WATOWA GALLERY のプロデュースにより開催。

2021年7月10日(土)~16日(金)の期間中、アートプロジェクトプロデュース集団「WATOWA GALLERY(ワトワギャ ラリー)」のプロデュースにより、アーティスト / アートディレクター ヒロ杉山のアーカイブ展および新作個展「『間』の往来 -Drawing 1991-2021 / Paint it Black」を、渋谷区渋谷二丁目のオルタナティブスペース「elephant STUDIO(エレファントスタジオ)」にて開催いたします。

ファインアート作品を国内外の展覧会で発表するほか、アートディレクターとして、広告や雑誌、映像制作、CD ジャケットデ ザインなども手がけるヒロ杉山。 幅広く活動する中で、1991年 から 2021 年にかけて制作した約 1,200 点のドローイング作品を年代順に展示するアーカイブ展「『間』の往来 -Drawing 1991-2021」と、ゴッホやアンディ・ウォーホルなどによる歴史的名作をモチーフとした作品群「シルエット」シリーズを「Paint it Black」と題して、2フロアにわたり展示販売いたします。

約 30 年間の作品制作における、ヒロ杉山の作風の変遷と最新作の数々を、ぜひご覧ください。


Hiro Sugiyama
archive exhibition「『間』の往来 -Drawing 1991-2021」
solo exhibition「Paint it Black」

【日程】
2021年7月10日(土) – 16日(金)
時間 12:00 – 19:00

【会場】
elephant STUDIO
(東京都渋谷区渋谷 2-7-4 1,2F)

【料金】
観覧料 ¥500(税込)~
*自身で金額を決定するドネーションシステム(500 円をミニマムとして入場料を自身で決定し、それが若手アーティスト支援のためのドネーションとなるシステム。 2021年12月に開催される未来を担う若手アーティストに発表の場を提供し、サポートすることを目的としたアートコンペティションに寄付されます。 )
*7 月 15 日 ( 木 ) は観覧無料。

ご来場は下記 URL からの予約制となっております。
https://artsticker.app/events/606?utm_source=gallery&utm_%20medium=watowa&utm_campaign=web&utm_content=link_event

【主催】
WATOWA GALLERY

【ウェブサイト】
http://www.watowa.jp/news/index.html


from WATOWA GALLERY

ヒロ杉山は 1962 年東京生まれ。 東洋美術学校卒業後、「ヘタウマ」と称されるイラストレーター湯村輝彦氏に師事。 後に独立し、1989 年、谷田一郎と「近代芸術集団」を、1997 年にアーティストユニット「Enlightenment(エンライトメント)」を結成。 国内外を問わずファインアートの展覧会で作品を発表する一方で、グラフィックデザイン、広告など幅広いジャンルで作品を発表しつづけている。 また PV 制作や VJ など映像分野での評価も高く、テイ・トウワ、m-flo, 安室奈美恵、BOA、少女時代等のライブ映像も制作している。 近年では E-girls、AKB48、ももいろクローバー Z 等の CD ジャケットなども手がけている。

今やデザインとアートの境界を示すのは困難ではあるが、その「間」を自在に往来するパイオニア的存在のひとりといえるだろう。 欧米ではストリート出身の非アカデミックなアーティストが評価された時代に、日本ではそのようなアーティストやデザ イナーは広告業界に身を置いていたため、作品がアートとして正当に評価されることがなかったのではないだろうか。 しかしやはり今一度目を向けられるべきであろう。 ヒロ杉山もそんな存在のひとりであり、その作品に目を向けることは、アートとは何であるかを突き付ける問いともなり得るだろう。 多くの顔をもつヒロ杉山だが、イラストレーター時代から約 30 年、日々のドローイングを欠かすことはなかった。 その手法は鉛筆、水彩、アクリルなど様々であり、また抽象や具象、そして抽象と具象の「間」の作品まで、作風も変化してきた。 日々のドローイングは、この世ならざるものから「受信」したビジュアルをアウトプットすることだそうだ。 言い換えれば、自身がこの世とこの世ならざるものの「間」となることだ。 そのために常に 自身の「波動」を高めて作業にとりかかり、できあがる作品の「波動」を高めようと意識しているという。

本展では約 30 年に及ぶドローイングの成果を年代順に展示し、その作風の変遷を紐解いていく。 また、本展のための新作、ゴッホの《ひまわり》や《自画像》、アンディ・ウォーホルの《バナナ》などといった歴史的名作のマチエールを再現しつつ、モチーフ部分を真っ黒く塗った作品群、抽象と具象の「間」だという「シルエット」シリーズもご覧いただける。


Hiro Sugiyama - archive exhibition「『間』の往来 -Drawing 1991-2021」|solo exhibition「Paint it Black」2021年7月10日(土) - 16日(金) at elephant STUDIOHiro Sugiyama - archive exhibition「『間』の往来 -Drawing 1991-2021」|solo exhibition「Paint it Black」2021年7月10日(土) - 16日(金) at elephant STUDIOHiro Sugiyama - archive exhibition「『間』の往来 -Drawing 1991-2021」|solo exhibition「Paint it Black」2021年7月10日(土) - 16日(金) at elephant STUDIOHiro Sugiyama - archive exhibition「『間』の往来 -Drawing 1991-2021」|solo exhibition「Paint it Black」2021年7月10日(土) - 16日(金) at elephant STUDIOHiro Sugiyama - archive exhibition「『間』の往来 -Drawing 1991-2021」|solo exhibition「Paint it Black」2021年7月10日(土) - 16日(金) at elephant STUDIOHiro Sugiyama - archive exhibition「『間』の往来 -Drawing 1991-2021」|solo exhibition「Paint it Black」2021年7月10日(土) - 16日(金) at elephant STUDIOHiro Sugiyama - archive exhibition「『間』の往来 -Drawing 1991-2021」|solo exhibition「Paint it Black」2021年7月10日(土) - 16日(金) at elephant STUDIOHiro Sugiyama - archive exhibition「『間』の往来 -Drawing 1991-2021」|solo exhibition「Paint it Black」2021年7月10日(土) - 16日(金) at elephant STUDIOHiro Sugiyama - archive exhibition「『間』の往来 -Drawing 1991-2021」|solo exhibition「Paint it Black」2021年7月10日(土) - 16日(金) at elephant STUDIO

Hiro Sugiyama / ヒロ杉山

Hiro Sugiyama / ヒロ杉山

アーティスト/アートディレクター。 1997年にクリエイティブユニット「Enlightenment(エンライトメント)」を立ち上げ、2002年に開催された村上隆キュレーションのグループ展「スーパーフラット」では、現代アートの世界から注目を集める。

パリ、上海、ナポリなどに加え、2018年には六本木ヒルズA/Dギャラリーにて個展「ONE HUNDRED AND EIGHT」を開催するなど、国内外の展覧会でアート作品を発表している。 また、イラストレーターとしても活動しており、広告や雑誌、CDジャケットなど幅広いジャンルで独特の世界観を表現している。 さらに、PV制作やVJでの評価も高く、m-floや三代目J SOUL BROTHERSなど有名アーティストのライブ映像も手掛ける。 近年では活動の幅を広げ、立体作品や空間演出など多方面にわたって創作活動を展開している。

HP. http://www.elm-art.com/hirosugiyama/
IG. https://www.instagram.com/hiro_sugiyama_enlightenment/


WATOWA GALLERY

WATOWA GALLERY

WATOWA GALLERY は、現在の日本のストリートカルチャーやファッション、あるいは独創的かつ先進的なテクノロジーやジャパニーズフィロソフィーを取り入れた新しい感性を持つ若手の作家を中心に、アート・コミュニケーションの場を提供するアートプロジェクトプロデュース集団です。 アートがファッションのように親しみやすいカルチャーとなり、ひとりひとりのライフスタイルに溶け込む社会を拓くため、新しい感覚のエキシビションや、アートプロジェクトのプロデュース・演出を行い、アートに触れるタッチポイントを拡大します。

現在も国内外で評価されている主要なアートムーブメントの多くは、ミュージアムの外で、そして多様なジャンルのアーティストと支援者との交流によって生まれています。 わたしたちは特定のアートスペースを持たず、あらゆる空間をギャラリーと捉え、アートをミュージアムからコミュニティへ、都市へ、住空間へ開放し、ミュージアムの外からさまざまな分野のプロフェッショナルと横断的なアートプロジェクトを発信します。 さらに、日本の若手アーティストの活躍と日本の若手コレクターの参入をサポートし、アーティストと支援者の交流を促進します。

WATOWA GALLERY を媒介とした新しいコミュニケーションやコミュニティによって、次の時代のアートシーンを創造し、市場の活性化を目指します。

HP. http://www.watowa.jp/news/index.html
IG. https://www.instagram.com/watowagallery/
CONTACT. info@watowa.jp

ART IN TIMES OF CORONAVIRUS
WATOWA INC. / elephant STUDIO では、アートは社会を豊かにする力を持っていると信じております。 危機的状況にある社会の中、困難な時だからこそ、アートを部屋に飾ることで、少しでも “HOPEFUL” な気持ちになっていただければ幸いです。 開催にあたり、感染症の被害拡大の防止策として、アルコールジェルを用意させていただき、下記の通り運営させていただきたます。 ソーシャルディスタンスを保ちながら、作品を鑑賞いただきますようお願いいたします。

*出入口にて、入場者の検温・消毒・人数カウントを実施いたします。 また、発熱症状等が認められた場合は入場をお断りさせていただきます。
*アポイント制となります。 1フロアの入場人数を制限しておりますので、お待ちいただく可能性があります。 ご予約のないお客様のご来廊は遠慮させていただく場合がございます。 ご了承くださいませ。
*1,2F とフロアがございますが、1フロアあたりに入場いただくお客様は最大 5 名とさせていただきます。 それ以上になる場合は入場制限をさせていただく可能性がございます。
*マスク着用にご協力ください。
*会場内ではこまめな手洗い、アルコール等による手指消毒をお願いします。
*発熱や咳等の症状があるお客様は、来廊をご遠慮ください。
*コロナ感染拡大予防のため、ご来場の皆さまのご署名、ご連絡先をいただきます。


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |