CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


「サーフィンと生きる町。ICHINOMIYA」PR動画を公開。


SURF&WORK ~新しい働き方、はじまります。~

2020東京オリンピックのサーフィン会場である千葉県一宮町では、“SURF&WORK”をコンセプトとした、新しい働き方の実現を目指すシェアオフィスをオープンしました。
そしてこの度、ここでの暮らし方・働き方を提案する一宮町のPR動画を公開しました。 また、同時に一宮町の財産であるサーフィンの魅力を広く伝えるため、一宮でサーフィンを楽しむサーファー100人に「サーファーあるあるアンケート」を実施。 そのアンケート結果を動画の中でお伝えしております。

働き方改革の波は、千葉県一宮町にも届いています。 サーフィンと生きる町を掲げる一宮町は、“SURF&WORK”をコンセプトとしたサーファー向けのシェアオフィス「SUZUMINE」を2017年7月よりオープン。 今回は3ヶ月間限定の「波乗りリモートワーカーモニター募集」にご応募いただき当選したY氏の協力のもと、都内と一宮町の両方で働く姿や暮らす様子を撮影させて頂きました。
東京オリンピック開催まで1000日を切り、オリンピックの機運が高まりつつある一宮町。 そんオリンピックのサーフィン会場である「釣ケ崎海岸」はもちろんのこと、そのほか様々な場所で撮影は実施され、サーフィンにとどまらない一宮の多彩な魅力が詰まった映像が完成しました。


「一宮のサーファー100人に聞きました。 」

「サーフィンの魅力は?」そう訊くと、一人一人全然違う答えが返ってきます。 私たちも、このすばらしい感覚を完璧に言い表せる言葉をまだ知りません。 言語化するための試みとして、サーファーだからこそ共感できるポイントをまとめた「サーファーあるあるアンケート」を作成し、町内サーフショップ協力のもと、一宮サーファー100人に意識調査を実施。 今回のPR動画は、アンケート結果をもとにした動画となっています。

共感度が高かった項目(調査項目一部抜粋)
第1位 飯が旨く感じる 98%
第2位 ポイ捨てが許せない 95%
第3位 自分らしさを大切にする 93%
結果の詳細は、 サーフィンと生きる町WEBサイト( http://ichinomiya-surftown.jp )をご参照ください。


サーフィンと生きる町。 ICHINOMIYAについて

日本有数のサーフポイントが連なる九十九里浜の最南端に位置するサーフタウン千葉県一宮町。 かつては門前町として栄えた歴史を持つ同町は、都内から車で60分~80分、電車では特急で60分という良好な交通アクセスにより、週末には関東エリアを中心に多くのサーファーが訪れ、またサーフィンをライフスタイルに取り入れながら都内へ通勤する移住者も増えています。

海沿いにはサーフショップが点在し、道具が無い初心者でも気軽にサーフィン体験することができます。 また、南国を思わせるカフェやレストランも数多く立ち並び、休日にはカフェやショップで小さなフリーマーケットやオーガニックマーケットが開催されていることもあり、多くのサーファーやその家族で賑わっています。

多彩なサーフポイントの中で世界的にも有名なのが、釣ヶ崎海岸です。 通称「志田下(しだした)」として知られる同ポイントは、2020年東京オリンピックのサーフィン競技の会場予定地にも選ばれています。 釣ヶ崎海岸は「波乗り道場」とも呼ばれ、条件が揃うと上級者向けの波になり、多くのプロやハイレベルなサーファーがしのぎを削るサーフポイントです。 ここ釣ヶ崎海岸でサーフィンをすることは、サーファー達にとっての憧れや目標ともされ、日本のサーフィンの聖地と位置づけられています。


サーフィンと生きる町。 ステートメント

サーフィンの魅力は?
そう訊くと一人一人全然違う答えが返ってくる。
同じ波が、二つとしてないように。
それこそが、きっとサーフィンの魅力なんだと思う。

ただ、ひとつだけみんなが口をそろえて言うことがある。
サーフィンとは、その楽しさも悔しさも
ぜんぶ海から、地球から与えられるものなんだということ。

そう、私たちは知っている。
自然の偉大さを。 仲間の大切さを。 分かちあう精神を。
命の尊さを。 笑顔と愛の力を。 幸せの意味を。
そして、地球の近くで生きる喜びを。
でも、私たちはまだ知らない。
このすばらしい感覚を完璧に言いあらわせる言葉を。

だからこの町に来てほしい。
あなたはいったい、どんなふうにサーフィンを語るんだろう。
それを聴くのが、私たちはたまらなく楽しみなのだから。

サーフィンと生きる町。 ICHINOMIYA


「サーフィンと生きる町。ICHINOMIYA」「サーフィンと生きる町。ICHINOMIYA」「サーフィンと生きる町。ICHINOMIYA」「サーフィンと生きる町。ICHINOMIYA」「サーフィンと生きる町。ICHINOMIYA」「サーフィンと生きる町。ICHINOMIYA」


Posted in ALL ENTRY, MOVIE, RECOMMEND |