CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
『黒板アートの世界 中島玲菜の原画展』2021年3月24日(水)~4月6日(火)at 八木橋百貨店4階イベントスペース
BIEN 個展『DUSKDAWNDUST』2021年3月13日 (土) ~ 4月30日 (金) at 馬喰町 PARCEL|2021年3月19日(金) ~ 4月18日(日)at 神宮前 island JAPAN
asuka ando – 7インチ『ゆめで逢いましょう ~see you in my dreams~』(再発)2021.04.28 Release
V.A. – LP重量盤『SNOW MONKEY BEER LIVE!』Release
V.A. – Bar Chit Chat Compilation Album『Go To Chit Chat』Release

飯田美穂 個展『1QQ1/本をよむ絵、しるしを所有するもの』2021年8月7日(土)~8月27日(金)at 銀座 蔦屋書店アートウォール・ギャラリー

[2021/07/31]
飯田美穂 個展「1QQ1/本をよむ絵、しるしを所有するもの」

中央──Bild, Apple 2021 ビニールに油彩、 アクリル絵具 160×227×18 mm、 左──Gogh’s Bible #02 2021 キャンバスに油彩 224×273×20 mm


ゴッホ、マネなどオールド・マスターたちの名画を引用し、新たなイメージを作り出すアーティスト・飯田美穂による新作個展を8月7日(土)より開催

飯田美穂は、絵画への愛とオールド・マスターたちへのリスペクトを込めて多様な名画を引用、抽象化したイメージを描くアーティストです。 ヒトが意図的に遺してきたものの意味と、それを引き継いでいくことの意味を考えながら、絵とは何か、なぜヒトは絵を描くのかについて考え、制作を続けています。

愛知県を拠点に関西での個展やグループ展に精力的に参加しているほか、近年はアートフェアなどへの参加を通して東京でも注目度を高めている気鋭のアーティストです。

「1QQ1/本をよむ絵、しるしを所有するもの」と題された本展では、書店という展示空間の中で、マネやレンブラントなどの名画に表れた読書風景や静物画を参照しながら、イマジネーションの源泉/表出としての絵画と書物の共通項とその中間的存在を探求します。


飯田美穂 個展
『1QQ1/本をよむ絵、しるしを所有するもの』

【日程】
2021年8月7日(土)~8月27日(金)

-営業時間-
店舗ウェブサイトをご確認ください。
※8月7日(土)のみ13時~。

【料金】
入場無料

【会場】
銀座 蔦屋書店アートウォール・ギャラリー
(東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F)

【販売について】
作品は銀座 蔦屋書店店頭、オンラインストア「OIL by 美術手帖」にて
8月7日(土)13時より販売いたします。

特集ページ| https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/21460-1159500728.html

【主催】
銀座 蔦屋書店

【協力】
FINCH ARTS

【問い合わせ】
03-3575-7755(営業時間内)/info.ginza@ccc.co.jp
※今後の国・地方自治体から休業要請内容の変更等があった場合、それに準じて本展覧会の期間なども変更になる可能性がございます。 変更がある場合は、銀座 蔦屋書店のHP、公式SNSなどにてお知らせいたしますので、あらかじめご了承ください

アーティストステートメント

「初めにことばがあった」とは、ヨハネによる福音書の冒頭である。
ことばを持ったときからヒトは視覚的形態をひとつの媒介として、アウトプットを始めた。
本は脳内からことばが飛び出し、文字という形に起こされなければ、形態を成されない。
絵画はイメージとその拠り所となるボディーを得られなければ、形態を成されない。
ことばも絵も、脳内では宙に浮いていて、気ままに闊歩し、拡張も増幅も変幻自在な存在。
そういう意味では、絵と本は行為を経由し表れ出た、ひとつの視覚的形態化されたものとして、同じような境遇の似たもの同志である。
そこで銀座 蔦屋書店の壁を借りて「絵/本=かろうじて地球にいる存在」、媒介としての「しるし」を提示する。

飯田美穂


飯田美穂 個展『1QQ1/本をよむ絵、しるしを所有するもの』2021年8月7日(土)~8月27日(金)at 銀座 蔦屋書店アートウォール・ギャラリー

飯田美穂 個展『1QQ1/本をよむ絵、しるしを所有するもの』2021年8月7日(土)~8月27日(金)at 銀座 蔦屋書店アートウォール・ギャラリー


飯田美穂(いいだ・みほ)

飯田美穂(いいだ・みほ)


1991 愛知県生まれ
2016 名古屋芸術大学 美術学部 美術学科 洋画2コース 卒業
2018 京都造形芸術大学大学院 芸術専攻芸術研究科 ペインティング領域油画コース 修了

主な個展
2019 「目の絵/menuet」FINCH ARTS、京都
2020 「□(1×1/2×2), they-1」FINCH ARTS、京都
2021 「I66I」YEBISU ART LABO GALLERY、愛知

主なグループ展
2020 「DELTA Experiment」TEZUKAYAMA GALLERY、大阪
2020 「ファン・デ・ナゴヤ美術展2020―ここに在るということ」名古屋市民ギャラリー矢田、愛知
2020 「SPR」FINCH ARTS、京都
2020 「artTNZ」TERRADA ART COMPLEX II、東京
2021 「Collectors’ Collective vol.4 Osaka」TEZUKAYAMA GALLERY、大阪
2021 「ARTISTS’ FAIR KYOTO 2021」京都文化博物館別館、京都
2021 「ART FAIR TOKYO 2021」東京国際フォーラム、東京


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |