CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
『黒板アートの世界 中島玲菜の原画展』2021年3月24日(水)~4月6日(火)at 八木橋百貨店4階イベントスペース
BIEN 個展『DUSKDAWNDUST』2021年3月13日 (土) ~ 4月30日 (金) at 馬喰町 PARCEL|2021年3月19日(金) ~ 4月18日(日)at 神宮前 island JAPAN
asuka ando – 7インチ『ゆめで逢いましょう ~see you in my dreams~』(再発)2021.04.28 Release
V.A. – LP重量盤『SNOW MONKEY BEER LIVE!』Release
V.A. – Bar Chit Chat Compilation Album『Go To Chit Chat』Release

Itaq – New Album『Savior of Aquarius 』Release

[2021/05/07]

Itaq - New Album『Savior of Aquarius 』Release


ABEMA『ラップスタア誕生』出演で唯一無二の存在感を発揮し、波乱を巻き起こした21歳のラッパー:Itaq、2nd Album「Savior of Aquarius」のリリースが決定。収録曲”UNBUILT”のMVを公開。

ますます注目度を増すラッパー:Itaqがセカンドアルバム「Savior of Aquarius」を5月14日(金)にリリースする。本日、そのアルバムから”UNBUILT”のMVが先行公開された。

Itaqと専門学校の同級生であり、ひかりのラウンジなどでもパフォーマンスを行ったことのあるyumeoがサウンド・プロデュースを担当。ミキシングをItaq本人、マスタリングを塩田浩が手掛けた”UNBUILT”。

昨今ではハイパーポップとも分類され得るインダストリアルかつ感傷的なトラックの上でItaqが歌うのは、2年間の東京生活を終える直前の悔しさであり、その期間に実現しなかった夢を「思い描きはしたものの実際には建たなかった、あるいはまだ建っていない建物」という意味である建築用語の「アンビルト」に重ね合わせた楽曲。歌詞の冒頭にはアルバム中盤で重要なキャラクターとなる人物の台詞も登場している。

ミュージック・ビデオは、entrance WORKSという東京とベルリンに拠点を置くクリエイティブチームにも所属するスタイリストのKANIとのタイアップで、KANIのファッションへの深い理解によってItaqのアーティストイメージを瑞々しく再構築したものとなった。監督を、Itaqが在籍していた中高一貫校の生徒であり、2020年末に発表した”on my feet”のMVも手掛けた新進気鋭のビデオグラファーであるTakashi Takahashiが担当。東京の建築物をフィーチャーした耽美な映像に仕上がった。

アーティスト写真も更新され、こちらもスタイリングをKANI、撮影をTakashi Takahashi、そしてレタッチをアルバムアートワークも手がけたムッチーが担当した。


Itaq
『Savior of Aquarius 』
2021.05.14 Release

収録曲
01. INITIAL I[Track by KUROMAKU]
02. UNBUILT[Track by yumeo]
03. casuistica[Track by 田嶋周造]
04. NAGASAKI REVENGE[Track by UNOME]
05. Kagayaku Machi[Track by Lil Soft Tennis]
06. So Stupid[Track by Nammu]
07. Eudaemonics feat. 河口純之助[Track by Itaq]
08. driving school[Track by ウ山あまね]
09. Cold Fish[Track by Negatin]
10. Hyper KAMIOKANDE[Track by Itaq]
11. NIWANOUSAGI[Track by SKInnY BILL]
12. Finale[Track by TRASH 新 アイヨシ]

LABEL : 委託 Label
FORMAT : DIGITAL(DL/ST)

2019年5月に粗悪ビーツプロデュースの元、1st Album「委託」をリリースしたラッパー:Itaq。そこからABEMAのオーディション番組『ラップスタア誕生』シーズン4での決勝戦進出などの活躍を挟んでおよそ2年ぶりにリリースされる2nd Album「Savior of Aquarius」。自身の武器である過剰なまでの密度を持ったフロウとヒップホップカルチャーに依存しない硬質なリリシズムが、彼を育てた東京のアンダーグラウンドかつ多ジャンルに及ぶパーティーを根源とするエレクトロニカ的なビートと連結し「ポスト・ヒップホップ」とも呼べる前衛的な楽曲群として結実している。

本作は、全編を通して一つの物語となるコンセプトアルバムの形式をとっており、19歳から21歳までという人が子供から大人になるまでに通過する激動の時代をラップゲームへの意識や片思いの恋愛、社会による洗礼などのトピックを通じて鮮烈に描き出している。また、日本文学からの引用や、曲の歌詞によって伏線を張り、それを回収するなどの意匠がItaqと他のラッパーとの違いを示す重要な要素となっている。

プロデューサー陣にはZERRY等にもビートを提供するKUROMAKU、ひかりのラウンジ等でもパフォーマンスを披露したことがあるyumeo、オルタナティブな作風が特徴のヒップホップクルー:PICNIC YOUのメンバーであり、画家でもある田嶋周造、エレクトロニカとブームバップの中間地点を模索するUNOME、3月に1st Album「Bedroom Rockstar Confused」をリリースし各方面からの注目を集める気鋭のアーティスト:Lil Soft Tennis、Itaqと”神様ループ”で共作したNammu、神様クラブのメンバーであり、昨年にはEP「Komonzo」を発表した鬼才:ウ山あまね、Itaqと同じく栃木は那須を拠点にグライムのビートメイカーとして活躍するNegatin、Showyにビートメイクを学び東京に住んでいた頃のItaqと交流を持ったSKInnY BILL、そしてMarukidoの”Lil 宗教 Jr. feat. 宏洋”のビートを手掛けたことでも知られるTRASH 新 アイヨシと、ジャンルやコミュニティを大きく飛び越えた面々が集結した。

ラッパーによる客演は無く、唯一の客演が元THE BLUE HEARTSのベーシストであり、Itaqと同じ信仰を持つ河口純之助であることも、様々なジャンルが溶け合う20年代のヒップホップシーンにおける必然性を感じさせる。

ミキシングをItaq本人、マスタリングを数々のジャパニーズヒップホップを手掛けてきた職人:塩田浩が務め、海外のヒップホップサウンドとも対峙する姿勢を明確にした。

アートワークは、3DCGをオンラインイベント「AVYSS GAZE」のバーチャルワールド制作なども担当するJACKSON kaki、デザインをHAIIRO DE ROSSIのアートワークデザインも手掛ける謎多きデザイナーのムッチーが担当した。


Itaq – UNBUILT (Music Video) Styling by KANI / Prod. yumeo


Itaq

Itaq


Posted in ALL ENTRY, MOVIE, RECOMMEND |