CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


JIMMY EAT WORLD@FUJI ROCK FESTIVAL ’11 LIVE REPORT

JIMMY EAT WORLD@FUJI ROCK FESTIVAL ’11JIMMY EAT WORLD@FUJI ROCK FESTIVAL ’11

Profile of |FUJI ROCK FESTIVAL|

JIMMY EAT WORLD
2011年7月29日(金) @ FUJI ROCK FESTIVAL ’11

10年前位は曲は良いけどなかなか人気出ないねぇ~って言われていた
ジミー・イート・ワールド
それが今じゃUSを代表するどころか日本でも大人気のバンドになりましたね!

この日のライブも1曲目のBleed Americanでファンのハートと会場の空気は完全に掴んだ。

叙情的だがおもむろに感情を剥き出しにするのではなく、くだらないMCなどもほとんど無し。一見すると単調に進んでいくライブという風にも見えるが、控えめだけど決して踏み外さない。染み渡るメロディーと共に熟成されたバンドに小細工は無用。

序盤はぼんやり後ろの方で眺めていた人達もそのうち徐々にそのサウンドに引き込まれていくのが感じられた。

実際、後半にかけての盛り上がりは鳥肌ものだった。
本人達は多少の遊び心も交えて楽しそうに演奏していた。雰囲気的にはその後、MCを挟むかと思いきや、前置きなし、間髪入れずにThe Middleからのsweetnessという必殺チューンを潔くラストに連発!

それは多数の後方で見ていた人達をも動かし、全速力で前方へ走って行く人や、いたる所にサークルピットや踊り狂う人だかりを生み出す事となる。

ひょっとしたらちょっと不器用な部分もあるのかな!? ライブ中は演奏以外オーディエンスに対して全くアクションを示さないボーカル、ジム・アドキンスもライブ終わりにはステージ下に降りファンとタッチをしていく姿を見てなんだか清々しい気分になった。

Report by KISHIMOTO

Posted in ALL ENTRY, FUJI ROCK FESTIVAL, REPORT |