CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


Johnny Marr – 2nd solo Album 『Playland』 Release

Johnny Marr - 2nd solo Album 『Playland』 Release

Profile of |Johnny Marr|


ザ・スミスのギタリストにして、英国ロックを体現する天才
ジョニー・マーがセカンドソロアルバム『プレイランド』をリリース!

ザ・スミスのギタリストとしてデビューを果たし、その後に世界中を巻き込む大きなムーヴメントとなったUKロック/ブリットポップ・ムーヴメントに多大なる影響を与える、超重要アーティスト:ジョニー・マー。
昨年2013年に発表した彼のキャリアにとって初となるソロ名義での作品『ザ・メッセンジャー』は堂々全英トップ10・アルバムに輝き、そのアルバムに伴うツアーも大成功に収めた彼が、早くもセカンド・ソロ・アルバム『プレイランド』を完成させた。

ジョニー・マーのセカンド・ソロ・アルバム『プレイランド』は、前作『ザ・メッセンジャー』に伴うツアーが終了した直後にロンドンでレコーディングされた作品。前作同様、ザ・ヒーラーズとしてジョニーと活動を共にしていたジェイムズ・ドヴィアックとのコラボレーション/共同プロデュースという形で制作されており、前作のレコーディング並びにツアーにも参加していたミュージシャンと共にレコーディングされているという。

今作に関して、ジョニー・マーはこう語っている。
「『ザ・メッセンジャー』を発表してからすぐ、俺は楽曲を書き始めていた。
バンドとしてツアーを続けることで、非常に素晴らしい瞬間を共に作り上げられるようになったし、なによりオーディエンスとの関係性も素晴らしいものだったから、新しいアルバムにこのエネルギーをそのまま持ち込むべきだ、と考えたんだ」

“人生の速度と共に移動し続ける曲”という共通のテーマの元書き上げられたこの『プレイランド』は、前作『ザ・メッセンジャー』で作り上げられたスピリットをより大きくとらえた作品となっている。

エネルギーに満ちたポスト・パンク的ソングライティング、ジョニー・マーのあの特徴的なギター・スタイル、そして思いを巡らせるかのような歌詞と、まるで空中を漂うかのように鳴り響くメロディ・ラインが、このアルバムを非常に印象的なものへと彩っていくのだ。
「自分を取り巻く環境を音として表現するのはとても重要なことなんだ。
このアルバムにとってその環境とは、ロンドンとマンチェスターだった」とジョニーは言う。
「この街と、この街に住む人々が作り出す感覚が、音楽となってここに表現されているんだ」

『プレイランド』というアルバムのタイトルは、オランダの歴史学者、ヨハン・ホイジンガが1938年に発表した書物『ホモ・ルーデンス』から影響を受けてつけられたものだ。
この『ホモ・ルーデンス』という書籍は人間の本質を遊戯の中に見出そうとする考察をまとめた本で、『ホモ・ルーデンス』というタイトルも、「遊戯する人間」という意味だという。

ジョニー・マーの最新ソロ・アルバム『プレイランド』からのリード・シングル曲「イージー・マネー」のMusic Videoも既に公開となっている。
また、iTunes Storeでの予約注文(プレオーダー)もスタートしており、予約注文した方はその場で、既に公開となっている「イージー・マネー」をダウンロードできるようになる。

iTunes Store: https://itunes.apple.com/jp/album/playland/id899191664


Johnny Marr - 2nd solo Album 『Playland』 Release

Johnny Marr
『Playland』
2014.10.22 Release(日本国内盤)

01. Back In The Box / バック・イン・ザ・ボックス
02. Easy Money / イージー・マネー
03. Dynamo / ダイナモ
04. Candidate / キャンディデイト
05. 25 Hours / 25アワーズ
06. The Trap / ザ・トラップ
07. Playland / プレイランド
08. Speak Out Reach Out / スピーク・アウト・リーチ・アウト
09. Boys Get Straight / ボーイズ・ゲット・ストレイト
10. This Tension / ディス・テンション
11. Little King / リトル・キング
12. Use Me Up / ユーズ・ミー・アップ(日本盤用ボーナス・トラック)

WPCR-16135 / ¥2,457 (ex. tax)
Produced by Johnny Marr and Doviak
Recorded in London and Manchester
Mixed by Claudius Mittendorfer at Atomic Heart, New York
Mastered by Frank Arkwright at Abbey Road, London


Johnny Marr – “Easy Money” [Official Music Video]

http://m.youtube.com/watch?&v=9_P5iSG_APE
※YOUTUBEにリンクしています。パケット利用料などに注意してご覧ください。 ご利用の機種により動画をご欄頂けない場合がございますので予めご了承ください。


Johnny Marr Official Website
http://www.johnny-marr.com/

Twitter
https://twitter.com/Johnny_Marr

Facebook
http://www.facebook.com/officialjohnnymarr



Posted in ALL ENTRY, JohnnyMarr, MOVIE, RECOMMEND |