CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

Jordan Calvi (Krod Records) インタビュー

Jordan Calvi (Krod Records) インタビュー

ポップパンクからハードコアまで幅広いアーティストを扱うフランス/ドイツ発の新しいレーベル「Krod Records」のオーナー「Jordan Calvi(Krod Records)」のショートインタビュー。小さなレーベルでも音楽に対する情熱は万国共通です。


Jordan Calvi (Krod Records) Interview

—– Krod Recordsはいつから始まった?

2015年の3月だよ。

—– レーベルを始めるきっかけは?

2008年位から2011年位の間にフランスの中部の地元でバンドを集めてライブイベントを主催したりしてて、それ位の頃からバンドと一緒に何かをする事にはまっちゃったんだ。もっともっと何かやりたいなって思って2015年にKrod Recordsを立ち上げてレーベル一発目のフランスのパンクロックバンド「Quitters」と契約した。

—– 原動力は何?

やっぱりパンクロックが凄く好きだし、友達やバンドの手助けをするのが凄く好きなんだ。

—– レーベルをやる前は何をしてたの?

そのころはまたティーンエージャーだったから、勉強してパーティーしてパンクとかハードコアのSHOWに行ってたね。

—– 最初のリリースは?

さっきも話したけど、フランスのMontpellier出身のバンド「Quitters」の「Move On To Honest Things」。

—– きかっけは?

他の3つのレーベルと一緒にファーストアルバムをリリースする事に興味あるか聞かれたんだ。実は、あまり彼らの事を知らなかったんだけど、全然後悔はしていないかな。僕にとっても初のリリースだったし、彼らにとってもベストなアルバムであった事を願ってるよ。


—– バンド選びのポイントは?

最初は、もちろん音楽。僕をゾクゾクさせてくれるかかな(笑)。それが最初のスタート。もちろん、バンドのメンバーを知る必要もあるし、レーベルからリリースしたアーティストの幾つかは、リリース前から既に友達であったり、リリース後に友達にもなるよ。有名なバンドを探しているわけじゃなくて、本気で一緒にやっていきたいアーティストを探してる。家族のようなね。

—– レーベルを続ける上で、大変な事は?

一番大変な事はレコードをリリースする為の資金かな(笑)

—– 最高に感じる瞬間は?

音源が出来上がってそれをアーティストに渡して、微笑んで喜んでいるところを見る時かな。それが一番最高の瞬間。あとは、イギリスのポップパンクバンド「Colour Me Wednesday」とツアーした時も最高の経験だった。終わった時は寂しくて落ち込んだよ。

—– ちなみに、好きなレーベルは?

1つに絞るのは難しいけどドイツの「UNCLE M MUSIC」かな。まだ数か月しか知らないけど凄く才能あるアーティストと仕事をしていて良いレーベルだよ。とにかく最高だよ。

http://uncle-m.com

—– 自分のレーベル以外でお気に入りのアーティストは?

たくさんあり過ぎるけど、アメリカのバンドで新しい感じの激しいハードコアバンド「Death of A Nation」とかその他は、「Spirits」、「Verse」、「Have Heart」、「Petrol Girls」、「Burning Heads」、「Comeback Kid」、「Anti-Flag」、「Millencolin」、、キリがないね、、

—– 新しいリリースはある?

先日の9月15日にフランスはパリのパンクロックバンド「Hightower」が「Club Dragon」っていうアルバムをリリースしたばかりだよ。9月22日には、スイスのインディーエモパンクバンド「Cold Reading」が「Sojourner」っていうアルバムをリリースするから是非チェックして欲しいな!

Jordan Calvi (Krod Records) インタビュー

Hightower


Jordan Calvi (Krod Records) インタビュー

Cold Reading


—– レーベルのバンドが日本に来る機会は?

実は、既に、「opsy Turvy’s」と「Fire At Will」が日本でツアーしてるんだ。「Hightower」も凄くしたいと思ってると思うよ。リリースしたばかりだしね!

Jordan Calvi (Krod Records) インタビュー

opsy Turvy’s JAPAN TOUR2016

Jordan Calvi (Krod Records) インタビュー

Fire At Will JAPAN TOUR2017


—– 最後に日本の音楽フリークに向けてメッセージを!

日本には、「FC Five」や「Hi-Standard」や「Tacocat」のような僕も大好きなバンドがいるから、もっとたくさん良いバンドがいるはず。いつか行ってみたいよ!


Interviewed by Kenichi Kono

MORE INFORMATION

Krod Records WEBSITE
http://www.krodrecords.com

Krod Records WEBSITE(EU)
http://krodrecords.eu

FACEBOOK
https://www.facebook.com/krodrecords

Twitter
https://twitter.com/krodrecords

YOUTUBE
https://www.youtube.com/krodrecords

Tumblr
http://krodrecords.tumblr.com

Bandcamp
https://krodrecords.bandcamp.com


Posted in ALL ENTRY, INTERVIEW, MOVIE, RECOMMEND |