CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


JURASSIC 5 @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

JURASSIC 5 @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

Profile of |FUJI ROCK FESTIVAL|


JURASSIC 5
2013年7月27日(土) @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13

2013年、6年の沈黙を破り再結成を果したJURASSIC 5
近年はメンバーそれぞれがソロワークとして目覚ましい活躍をしていたわけだが、この4MCと2DJが再び同じステージに立つ姿はもはや実現不可能だと思っていた。
しかしそんな雑念はどこふく風と今年あっさり再結成がアナウンスされ晴れてフジロックに出演を果たしてくれた。

【MC】
ザキール(Zaakir)
チャリ・ツナ(Chali 2na)
アキル(Akil)
マーク・セヴン(Mark 7even)
【DJ】
カット・ケミスト(Cut Chemist)
ヌ・マーク(Nu-Mark)

うん、なかなかのドリームチームだね!

JURASSIC 5 @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT
もともと抜群のセンスを持ち人気、実力、影響力を兼ねそなえていたグループだったけど、なんか活動休止している間にそのどれもがよりパワーアップしたのは間違いなく、メンバーのソロでの活躍や存在感も相成ってJURASSIC 5 という存在そのものが確実に大きなものになっていた。

今回はホワイトステージ 2日目のヘッドライナーだったわけだが、本当に大多数のオーディエンスが体を揺らしていましたね。実際僕も今回最も楽しみにしていたアクトの1つだったしその期待に違わずパフォーマンスを魅せつけてくれました。

序盤からはげしい勢いで押し寄せるように、まさに怒涛といった感じでグルーヴィーなラップが響き渡る。ソウルフルなブラックミュージックがムードを創りだし、めまぐるしく変化するマイクリレー、圧倒的な高速ラップからの4人の声が合わさる時のフックは強固な統一感と重層的に躍動する骨太さを感じさせ興奮を高めていた。
さらに2人のDJが時間をコントロールするかのように空間を掌握していた。ミドルテンポで展開されるさなかに音がピタっと止まる。その瞬間に響き渡るフロウは芸術的に美しかった。

JURASSIC 5 @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT
JURASSIC 5 @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT
JURASSIC 5 @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

途中にはブレイクダンスなどの魅せる演出や、オーディエンスにハンズアップさせ『オープン、クローズ』の掛け声のもと手をグー・パーさせたりと会場中を和ませつつコール&レスポンスへ繋げていた。

さらにカット・ケミストとヌ・マークのそれぞれのソロ。っていうかDJバトルのような感じになっていたね。再結成後のライブではわりと恒例になっているみたいだけど、これはもうこれだけで60分くらいイケるんじゃないかってほどの見応えがありましたね。

社会的なメッセージの中にあらゆる局面で魅せることができるエンターテインメント性。
セルアウトでもドープでもない彼らだから成せる隙のない構成力は圧巻。

本編ラストには6人揃ってのダンスも披露。
普段は後方にいるDJ陣も結構動けるんだね~!!

プロパガンダとエンターテインメント。
強烈な個性が絶妙なバランスで成り立った世界がここにある。
そしてそこには笑顔と歓声が絶えず溢れていた。



text by KISHIMOTO
photo by kenji nishida

Posted in ALL ENTRY, FUJI ROCK FESTIVAL, REPORT, 西田 憲司 |