CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


KAZZROCK Exhibition『東京の路上の表情|THE PORTRAIT OF TOKYO STREET MIND』2015年7月17日(金)~7月25日(土) at BLOCK HOUSE

KAZZROCK Exhibition『東京の路上の表情|THE PORTRAIT OF TOKYO STREET MIND』2015年7月17日(金)~7月25日(土) at BLOCK HOUSE

日本のグラフィティ/ストリートアートのパイオニアKAZZROCKの個展がBLOCK HOUSEで開催!

ギラギラと輝く見開いた目、口からだらしなく出た舌、眉間にしわを寄せ、しかしどこか愛着のあるこのキャップをかぶった男の顔。90年代、KAZZROCKのキャラクターNAUGHTY BOY は、道行く人々のTシャツ、渋谷の路地裏、そして横浜の高架下など、街のあらゆる場所にありました。まだ私達が日本のヒップホップやグラフィティがどのようなカルチャーであるのか理解できなかったあの頃、KAZZROCKの描くキャラクターの表情や態度、タッチや塗り、そしてフロウとバイブスがそれを教えてくれたのは記憶に新しくあります。まさにあの顔は、東京のストリートを牽引した彼らの顔そのものであり、90年代という時代を象徴する肖像画なのです。今回の展覧会は今でこそ一般化した東京のストリートカルチャーの創世記を飾ったKAZZROCKの近年の作品から、過去の作品の映像や写真、スケッチ等の資料を展示します。

同時に、会期中会場4階ではKAZZROCKと造詣の深く、そして神奈川を中心として日本のグラフィティシーンに広く貢献するKANEとの共同展示も行います。

またKAZZROCK の活動と日本のグラフィティの歴史を振り返るトークショーを開催します。原宿での初個展「graffiti is not a crime」より20年、90年代を牽引し、そして今もなおストリートに挑み続けるKAZZROCKの活動の全貌を是非ご高覧ください。


KAZZROCK Exhibition
「東京の路上の表情|THE PORTRAIT OF TOKYO STREET MIND」

会期:2015年7月17日(金)~7月25日(土)12:00 – 20:00
オープニングパーティー|17 日 19:00 –

会場:BLOCK HOUSE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 6-12-9 (地下1 階ギャラリースペース・3 階カフェバー・4 階ギャラリー)
http://blockhouse.jp


KAZZROCK

名実共に東京のグラフィティのパイオニア。 ロサンゼルスのグラフィティクルー “CBS” に所属し、そして東京のストリートカルチャーを広く引率した “VANGUARD” の創設者。

自身のファッションブランド “KAZZROCK ORIGINAL” やレーシングチーム “KAZZROCK RACING” を立ち上げ、数々の雑誌でのコラム連載、そしてラジオのパーソナリティーまで幅広い活動をするアーティスト。そして今日もグラフィティライターやヘッズ達と切磋琢磨しながら、東京のストリートシーンを牽引し続けている

KAZZROCKKAZZROCK


KANE

神奈川を拠点に活動するアーティスト。スプレーならではのタッチやぼかしを駆使したダイナミックで抽象的な表現で作品を描く。これまでに水戸芸術館や 東京未来科学館などを始め、様々な施設での作品展示、コミッションワークも含めて、 多くの壁面に作品を描いてきた。また、246GRAPHIXとしてCD ジャケットデザインを数多く手掛けたり、自身のブランドである PEAK▲HOURを運営しながら、様々な表現方法で作品や商品の制作に携わっている。

KANEKANEKANE


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |