CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
『黒板アートの世界 中島玲菜の原画展』2021年3月24日(水)~4月6日(火)at 八木橋百貨店4階イベントスペース
BIEN 個展『DUSKDAWNDUST』2021年3月13日 (土) ~ 4月30日 (金) at 馬喰町 PARCEL|2021年3月19日(金) ~ 4月18日(日)at 神宮前 island JAPAN
asuka ando – 7インチ『ゆめで逢いましょう ~see you in my dreams~』(再発)2021.04.28 Release
V.A. – LP重量盤『SNOW MONKEY BEER LIVE!』Release
V.A. – Bar Chit Chat Compilation Album『Go To Chit Chat』Release

大和田慧 – New Single『You will never lose me』Release

[2021/02/13]

大和田慧 - New Single『You will never lose me』Release


”あなたは永遠に私を失うことはない” 愛することの恐れから踏み出した強さ

2020 年 12 月にリリースした新曲「Life」に続く、新曲リリース第二弾は、大和田慧がもっとも得意とする、カタルシス的に胸の奥から感情を解放させる1曲。たとえどんな結末になろうとも、人を愛する気持ちは、それ自体が奇跡であり、永遠の輝きを放つ。宮川 純と荒田 洸(WONK)のサウンドプロデュースにより、映像的でとびきり美しくDOPE な世界が完成した。

「Life」に引き続き、大野雄二 & Lupintic 6・綾戸知恵・ものんくる・Millenium Parade(常田大希/King Gnu)など、ジャズの大御所から先鋭若手アーティストまで数々の制作現場で重要な役割を担う宮川 純 (Key)がプロデュースを担当。WONK のリーダーでソロ活動も行う荒田洸がビートメイキングなどで参加し、サウンドをさらなる次元へと高めた。

この曲に共鳴した新進気鋭の監督 Yasu Fujinami とともに、音楽と高め合う映像作品・アートを生み出そうと、振付にイスラエルのバットシェバ・アンサンブル舞踊団に入団し世界で活躍するダンサー・柿崎麻莉子
を迎え、コンテンポラリーダンスをフィーチャーした渾身の Music Video を制作。主演の若きダンサー・栗朱音が強烈な才能を発揮。美しく、たおやかながら力強い、その圧倒的な表現力に息を飲む。(出演:栗朱音、宮河愛一郎)リリース同時公開予定。


大和田慧
『You will never lose me』
2021.02.19 Release

-収録曲-
01. You will never lose me

フォーマット:デジタル

“You will never lose me” personal
・大和田慧:Vocals
・宮川純 : Produce / Piano, Synthesizer
・荒田洸(WONK):Co-Produce / Beat making
・Mixed by 染野拓 / Masterd by 山崎翼
・Words by Kei Owada / Music by Kei Owada & Jun Miyakawa


大和田慧 – You will never lose me (Teaser)


●大和田慧による楽曲についてのコメント

”You will never lose me” (あなたは私を失うことはない)という言葉は、あるとき私の中から取り出されるように出てきました。 感情の嵐の果てに行き着いた場所で、 そのときの自分が相手に渡すことのできる、もっとも genuine なもの。そんな感覚がありました。そしてそれは同時に、自分自身に渡す言葉でもありました。

宮川純くん、荒田洸くんという素晴らしい音楽家が、この曲の世界を最大限に深く広げ、美しく、重厚に表現してくれました。

さらに Music Video では世界中で活躍するダンサーの柿崎麻里子さんに振付・ダンス監修をお願いし、コンテンポラリーダンスによって、愛することへの恐れを解き放った女性を表現してもらいました。主演の新進気鋭のダンサー・栗朱音さんの強烈な才能が発揮されています(リリースと同時に公開予定)私達はみな、人生の目的地(ゴール)を探しています。あるひとは明確な場所へ向かって邁進し、またあるひとは目的地や人生の意味がなんなのか探し続けます。

では、なんらかの目的地に辿り着けなかった感情は、価値がないのでしょうか?
私はどうしてもそう思えません。報われなかった愛、何かになれなかった愛も、その輝きはきっと血や生きる力になって、そしてなによりそれ自体が素晴らしいものです。この曲が、聴いてくださる方の心の奥をひたすことができたらうれしいです。

●Music Video について

MV 制作にあたり、信頼するディレクターYasu Fujinami 氏と相談するなかで、 人生のなかの情熱的な愛を描くだけでなく、 愛を経て、さらに強さをもった女性を表現したい、と感じました。

(たとえば女性のライフスタイルについて、恋をして結婚して、家族を築いていく、それはとても素敵な素晴らしいことですが、そうでない道を選ぶことへのネガティブな解釈や、なぜ?と問われることは残念ながらいまも少なくないと感じます。)他の誰かに理解されなくても、自分の人生のなかで大切にしてるもの、大切な瞬間を、誇りに思って、私の人生は素晴らしいと胸を張ってほしい。

この曲はそのような背景や意図から書いたわけではありませんが、映像化にあたり、自分の人生を生きること、たとえば愛がどんな結末になろうとも、自身が大切に思うことを貫ける強さを肯定したい、と思いました。


大和田 慧(おおわだけい)

大和田慧

シンガーソングライター/作詞家、作曲家。東京出身。MONDO GROSSO への参加や、NHK みんなのうた「まどろみ」、今年 TERRACE HOUSE でフィーチャーされた「Closing Time」など、その歌声と高い作曲センスで注目される。曲提供や CM歌唱なども行う。2012 年より東京を拠点に国内外で活動し、NY や LA でレコーディングを行い、独自の作品を発表してきた。2014 年に NY アポロシアターアマチュアナイトを準決勝まで勝ち進む。昨年、Jon Brion、Shingo Suzuki(Ovall)、Michael Kaneko、小西遼(象眠舎, CRACK/LCKS)らが参加した 3rd アルバム「シネマティック」を発表。現在、宮川純とのタッグで EP リリースに向け、制作中。

Website
https://www.keiowada.com/

Instagram
https://www.instagram.com/keiowadasinger

Twitter
https://twitter.com/keiowada

Facebook
https://www.facebook.com/KeiOwada

Youtube
https://m.youtube.com/keiowada


Posted in ALL ENTRY, MOVIE, RECOMMEND |