CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


Keishi Tanaka – Best Album 『CLIPS』、4th Album『BREATH』Release

Keishi Tanaka - Best Album 『CLIPS』、4th Album『BREATH』Release

Keishi Tanaka、3月に Best Album 『CLIPS』、5月に 4th Album 『BREATH』 リリース決定!

Keishi Tanakaが5月に4枚目のアルバム『BREATH』をリリースすることを発表した。それに伴い、山川哲矢が撮影した新ビジュアルも公開となった。

昨年は事務所を移籍し、「This Feeling’ Only Knows」と「Break It Down」のシングル2作品をストリーミング配信とアナログ盤のみでリリース。再生回数と作品性が話題となり、自身の強い意思や思い描くイメ
ージをも共有できる作品となった。

そして、満を持してニューアルバムのリリースが決定した。アルバムタイトルでもある新曲「Breath」は、ファイナル公演を迎えたthe band apartとのスプリットツアーでも各都市で披露され、ファンの間でもすでに話題となっている楽曲。Keishiのまた新しい表情を感じられる1曲となっている。今までの多幸感はそのままに、強さも感じられるアルバム『BREATH』。さらなる詳細は、近日アナウンスされるので楽しみにしていよう。

また、ニューアルバムの発売に先駆けて、2012年から2017年の6年間を切り取った2枚組のBestAlbum 『CLIPS』 が3月20日にリリースとなる。3枚のアルバムから切り取られたDISC1と、アルバム未収録のレア音源が並ぶDISC2の2枚組で、全てのファンにとって嬉しい作品となっている。ジャケットは親交のあるYARの横山駿吉が手がける。

さらに、このBest Albumのリリースを記念して、バンド編成による東名阪ワンマンツアーの開催も決定した。
オフィシャル先行もスタートしているので要チェックだ。


Keishi Tanaka - Best Album 『CLIPS』、4th Album『BREATH』Release

Keishi Tanaka
『CLIPS』(Best Album)
2019.03.20 Release

DISC1
01. Crybaby’s Girl
02. Just A Side Of Love feat. LEARNERS
03. Another Way (is so nice)
04. Floatin’ Groove
05. Hello
06. 秘密の森
07. 9月の甘い香り
08. Wonderful Seasons
09. 傘を持たない君と音楽を
10. 冬の青 feat. Ropes
11. あこがれ
12. 真夜中の魚
13. I Like It
14. It’s Only My Rule
15. 透明色のクルージング feat. fox capture plan
16. Like Her
17. Hello, New Kicks
18. 素敵な影の結末
19. 夜の終わり

DISC2
01. 冬の青 feat. Ropes (Studio Session ver.)
02. Anything You Want (John Valenti cover)
03. More Today Than Yesterday (Spiral Starecase cover)
04. Look For The Silver Lining (Chet Baker cover)
05. Oh Lori (Alessi Brothers cover)
06. せかいの車窓から (ザ・なつやすみバンド cover)
07. Humming
08. Twin Songs feat. TGMX
09. City Bounce (Keishi Clapin’ mix for Sawagi)
10. Floatin’ Groove (Manceau remix)
11. Hello, New Kicks (Kai Takahashi -LUCKY TAPES- remix)
12. It’s Only My Rule (George -Mop of Head- remix)
13. 傘を持たない君と音楽を (fox capture plan remix)
14. Crybaby’s Girl (Nite Own remix)

レーベル:Niw! Records
品番:NIW144/145
価格:¥3,000(税抜)


ライブ情報

CLIPS RELEASE TOUR

-LIVE- Keishi Tanaka
ADV 4,000yen / DOOR 4,500yen

4月26日(金) 東京 キネマ倶楽部
OPEN 18:00 START 19:00
info : SMASH 03-3444-6751 http://smash-jpn.com

4月28日(日) 名古屋 CLUB UP SET
-LIVE- Keishi Tanaka
OPEN 17:30 START 18:00
info : JAIL HOUSE 052-936-6041 http://www.jailhouse.jp/
4月29日(月・祝) 大阪 Shangri-La
-LIVE- Keishi Tanaka
info : GREENS 06-6882-1224(平日11:00~19:00) http://www.greens-corp.co.jp


Keishi Tanaka

ミュージシャン。作詞家。作曲家。Riddim Saunterを解散後、2012年よりソロ活動をスタート。

『Fill』と『Alley』という2つのアルバムで、シンガーソングライターとしてバンド時代とは違う一面を見せる。

“Floatin’ Groove”が、FM802をはじめ全国のラジオ局でパワープレイに選ばれるなど、細部にこだわりをみせる高い音楽性を持ちながら、幅広い層に受け入れられる音楽であることを証明してみせた。

2015年までに、詩と写真で構成された6曲入りソングブック”夜の終わり”や、絵本”秘密の森”など、自身の世界観を表現する多様な作品をリリースしている。

そして、2016年には3rdアルバム『What’s A Trunk?』を発表。Tokyo Recordings、fox capture plan、LEARNERS、Ropesなど、さまざまなミュージシャンに演奏を依頼し話題となる。ライブハウスでのバンドセットから、よみうり大手町ホールやBillboardでの11人編成ビッグバンド、さらには小さなカフェでの弾き語りなど、場所や聴く人を限定しないスタイルで活躍の幅を広げている。自主企画として、バンド編成の[NEW KICKS]と、アコースティックの[ROOMS]を不定期に開催中。

また、2017年4月に詩集『真夜中の魚』(シンコーミュージック・エンタテインメント)を発売し、文章にも注目が集まる。『ランドネ』(エイ出版)、『WEEK!』(Newsline)で連載を持つ。

Keishi Tanaka Official Site
http://keishitanaka.com/

Instagram
https://www.instagram.com/keishitanaka/

Twitter
https://twitter.com/KeishiTanaka

Facebook
https://www.facebook.com/keishi.tanaka.378


Posted in ALL ENTRY |