CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
toto なのるなもない 山崎円城 Little Woody – コラボシングル『2048』リリース & MV公開
ソウル・フラワー・ユニオン – アナログ・コンピレーション『DANCE HITS』シリーズ5作の配信がスタート。
イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)- アナログ再発限定盤『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』Release
ドキュメンタリー映画「マイルス・デイヴィス クールの誕生」2020年9月4日(金)より角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA他にて全国順次公開
DIRTY JOINT – New Album『DOPE CHIGASAKI』Release & MV公開

KEIZOmachine!(HIFANA)- New Single『LLクールジャパン “由比ヶ浜海岸冬景色” (feat. Bose)』配信リリース

[2020/05/01]

KEIZOmachine!(HIFANA)- New Single『LLクールジャパン “由比ヶ浜海岸冬景色” (feat. Bose)』配信リリース


世界に誇るブレイクビーツユニット・HIFANAの KEIZOmachine! シングルリリース第5弾、日本語ラップのオリジネイター、スチャダラパーの Bose をフィーチャー!

唯一無二の完全手動エレクトロユニット、HIFANA(ハイファナ)のメンバーでもあるプロデューサー/DJのKEIZOmachine!が、今年、デビュー30周年を記念したアルバム『シン・スチャダラ大作戦』をリリースしたばかりのスチャダラパーのMC、Boseをフィーチャーした新曲「LLクールジャパン(由比ヶ浜海岸冬景色)」をリリースする。

2018年からスタートしたKEIZOmachine!による配信限定のコラボレーション・シリーズの一環として制作された、今回のシングル「LLクールジャパン(由比ヶ浜海岸冬景色)」。

キューバ出身のアーティストであるKumar Sublevao-Beatからスタートし、VERBAL(m-flo)、SHINGO☆西成&KIREEK、DOZAN11(ex.三木道三)と実にバラエティに富んだ計4組のゲストと共に、毎回、エッジの効いたコラボレーションを展開してきた同シリーズだが、2020年初リリースとなる本作では、日本のヒップホップ・シーンのレジェンドであるBoseを迎えて、さらなる新機軸を打ち出す。

もともとは、毎年夏に葉山の海の家「OASIS」で行われているKEIZOmachine!主催のイベント『PUSH RAP SING』に、昨年、Boseがゲスト出演し、そのステージ上でも共演したことがきっかけとなって実現したという二人の初コラボレーション。ウグイスのさえずりから始まるKEIZOmachine!ならではの“和”なテイストがふんだんに盛り込まれた低音響くトラックに、現在、鎌倉在住というBoseは冬の由比ヶ浜を背景に、いぶし銀かつオリジナルなセンスのリリックを巧みに操り、ビートの上に自らの世界観を描き出す。さらにサビではBose自らド演歌なスタイルで歌を披露したり、後半に飛び出す倍速ビートにもテクニカルなラップで応戦したりと、KEIZOmachine!とのコラボレーションだからこそ引き出された、Boseの新たな魅力が詰まった一曲に仕上がっている。

なお、ジャケットのアートワークはHIFANAでの相方であるジューシー=ソロボンヌ先生が担当。また、今回初のお目見えとなるKEIZOmachine!のNewロゴは、SAMURAIの佐藤可士和氏がデザインを手がけている。


Text by 大前 至(音楽ライター)

KEIZOmachine!(HIFANA)
『LLクールジャパン “由比ヶ浜海岸冬景色” (feat. Bose)』
2020.05.01 配信リリース

-収録曲-
01. LLクールジャパン “由比ヶ浜海岸冬景色” (feat. Bose)

レーベル:CHOWA RECORDS / GROUNDRIDDIM
フォーマット:デジタル

【配信リンク】
https://linkco.re/SC2r3SpE



KEIZOmachine!

KEIZOmachine!

プロデューサー、DJ 、パーカッショニスト、Finger Drummer、完全手動エレクトロユニットHIFANAのメンバー、Killer Tune & ChillOut Tune Digger HIFANAはプログラミングを一切使用せずにサンプラーのパッドを直接叩き、音と映像を同期させていく独創的なLIVEパフォーマンスと、そのオリジナルな楽曲群が世界中のクリエイターの間で話題となり、これまでに多くの映像作品/空間演出などをはじめミュージシャンとしての枠を越え世界を舞台に活動を行っている。一方、KEIZOmachine!としてのソロのDJでは、オールジャンルな楽曲をその場で切り刻み、Finger Drummingやスクラッチ、エフェクトを駆使したKillerプレイが特徴。フランス、ベルギー、ドイツ、ロンドン、台湾、中国、タイ、ミャンマーなどでもプレイ。またNHK WORLDのプロジェクトであるDJ DOMOのサウンドプロデュースや高圧洗浄機を使用して壁の汚れを落としていくことで絵を描いていくエコアート、リバースグラフィティのプロデュース、数々のTVやWEB広告への楽曲提供などその活動は多岐に渡る。現在4枚のソロシングルをリリース中。

https://www.kzomachine.com/


Bose(スチャダラパー)

Bose(スチャダラパー)

スチャダラパーのMC担当。
1990年にアルバム「スチャダラ大作戦」でデビュー以来ヒップホップ最前線でフレッシュな名曲を日夜作り続けている。

個人活動としては、テレビ・ラジオ・CM出演、ナレーション、執筆、ゲーマーなど、幅広いジャンルで活動中。
出身である岡山県の「おかやま晴れの国大使」に就任。
京都精華大学で客員教授を努めている。
グループとしては、デビュー25周年となる2015年にアルバム『1212』をリリース。

2016年に『スチャダラ2016 ~LB 春まつり~』を開催し、ミニアルバム『あにしんぼう』をリリース。
2018年4月に日比谷野外大音楽堂で『スチャダラパー・シングス』を開催し、ライブ会場限定販売となる4曲入りCD『スチャダラパー・シングス』を発売。
デビュー30周年を迎える2020年にアルバム『シン・スチャダラ大作戦』を発売した。

http://www.schadaraparr.net/


Posted in ALL ENTRY, RECOMMEND |