CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

Kenichiro Nishihara a.k.a ESNO – New Single『Merry Future』Release

Kenichiro Nishihara a.k.a ESNO - New Single『Merry Future』Release


西原健一郎が伊勢丹新宿店の為に”Kenichiro Nishihara a.k.a ESNO”として書き下ろした楽曲。伊勢丹新宿店正面玄関にて、シーズン中の特別な装飾と共にクリスマスを彩ります。

楽しいクリスマスとすてきな未来のための合言葉「MERRY FUTURE!」をコンセプトに美しくノスタルジックなエレクトロニカ×ジャズサウンドに仕上がっています。サンタクロース発祥の地、フィンランドの国民的ジャズバンド元FiveCornersQuintetのサックス・プレイヤーTimo Lassyも参加しています。

ESNOとは、Kenichiro Nishihara本人の音楽活動の源流というべきエレクトロニカに重きをおいたプロジェクト。
2012年に1stアルバム「Visionary」、翌年にデジタルシングル「夕暮れパラレリズムfeat. DAOKO」、2015年に2ndアルバム「Release」をリリースし、DAOKO、ボンジュール鈴木、yumi (lyrical school)、きゃべこなど国内音楽シーンで活躍する女性アーティストを多数フィーチャリング。
その後活動を休止していたものの、先日リリースされたずっと真夜中でいいのに。の1st Album「潜潜話」収録「居眠り遠征隊」にKenichiro Nishiharaが編曲で参加した際に「ESNOプロダクションのリハビリ、アップデート」と再始動をほのめかすツイートを投稿。
その直後のリリースとなる今作は、ESNO的アプローチで書き下ろした伊勢丹新宿店の為のクリスマスソング。
楽しいクリスマスとすてきな未来のための合言葉「MERRY FUTURE!」をコンセプトに美しくノスタルジックなエレクトロニカ×ジャズサウンドに仕上がっています。


Kenichiro Nishihara a.k.a ESNO
『Merry Future』
2019.12.04 Release

品番:UPRD-002
仕様/ジャンル:配信シングル/Jazz, Electronica
定価:¥250


Kenichiro Nishihara a.k.a ESNO

音楽レーベル・プロダクション “Jazcrafts” ( アンプライベート株式会社 ) 代表

96 年よりファッションを中心に幅広い分野の音楽プロデュースを手掛け、現在も東京コレクション・パリコレクションといったショーをはじめ、GinzaSix や Hermes 銀座店内シャンパンバー等の店舗内サウンドディレクションを手掛けている。

自身の作品としては 1st『Humming Jazz』(2008) が、Billboard JAPAN Jazz Artist of the Year 2009/ 優秀ジャズアーティスト賞にノミネートされる等、一躍シーンの中心に登場し、その後の作品も国内外にてヒットを記録。2018 年にはデビュー 10周年を迎え、ベストミックス & リミックスアルバム『Kaleidoscope Suite』をリリースし、JAZZ を中心とした DJ スタイルやバンドセットで国内外のイベントやフェスに数多く出演している。

今年の2月にはアジアツアーを共にした Michael Kaneko をはじめ SIRUP、MARTER、Sam Ock、Substantial など国内外のアーティスト達をフィーチャリングした NEW ALBUM『Elastic Afterwords』をリリースし、iTunes ジャズチャートにてアルバム・ソング部門共に1位を獲得。

その他、企業ブランドとのタイアップ企画、アーティスト・アイドルのプロデュースなど多岐にわたるプロジェクト・作品で手腕を振るっている。


Posted in ALL ENTRY, RECOMMEND |