CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

コムロタカヒロ展覧会「Vortex」― Ginza Art Exhibition 2019年8月6日(火)~8月25日(日)at GINZA ATRIUM(銀座 蔦屋書店内イベントスペース)

コムロタカヒロ展覧会「Vortex」


コムロタカヒロ展覧会 「Vortex」 を8月6日(火)~銀座 蔦屋書店にて開催。

コムロタカヒロ氏は1985年東京生まれ、2011年に東京藝術大学大学院美術研究科修士課程彫刻専攻修了。 東京、米国での展覧会のほか、オルタナティブアートのプロジェクト「SIDECORE」に参加するなど、国内外問わず幅広く活躍し評価を高めている彫刻家です。

本展では初発表となる木彫作品のシリーズを展示します。

コムロ氏はポップな形体に潜む独特な存在感や、物体に宿るアニミズム的エネルギーに着目し制作してきました。 アクションフィギュアのデザインを取り入れたコムロ氏の彫刻は同時に、静動の均衡、モチーフの習合性といった古代の宗教彫刻の成り立ちを思わせる要素を携えており、彫刻史のダイナミズムの中で〈偶像〉の可能性を私たちに提示しています。

「Vortex」(渦)と題された本展では、彫刻という媒体を介して異世界の生物たちを圧倒的なスケールで現実世界に現前させます。 会場に配された彫刻群が発するエネルギーは時空を超越した渦巻きとなって私たちを異世界のスペクタクルへと引き込むでしょう。


コムロタカヒロ展覧会「Vortex」― Ginza Art Exhibition

・会期:2019年8月6日(火)~8月25日(日)
・時間:10:00 – 22:30 /無休
・会場:GINZA ATRIUM(銀座 蔦屋書店内イベントスペース)
・住所:東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F
・主催:銀座 蔦屋書店
・電話:03-3575-7755
・WEB: https://store.tsite.jp/ginza/event/art/8183-1048390711.html
・その他:当展覧会限定エディションフィギュアの販売を予定しています。 商品やご購入の申し込みに関する詳細は、後日、銀座 蔦屋書店店頭およびWEBサイトでお知らせします。 お電話やメールでのお問い合わせはお受けしておりません。 あらかじめご了承ください。


コムロタカヒロ展覧会「Vortex」


オープニングレセプション

8月6日(火)の展覧会初日にオープニングレセプションを行います。 コムロタカヒロ氏による作品のプレゼンテーションに加え、ご本人を囲んでの歓談の場をご用意しております。 是非、ご参加いただき楽しいお時間を過ごしていただければと思います。

日時:8月6日(火)19:00~(入場自由)
場所:GINZA ATRIUM(銀座 蔦屋書店内イベントスペース)
※一般のお客様にもご参加いただけます。


コムロタカヒロ / TkoM

コムロタカヒロ / TkoM


1985年東京生まれ、 東京在住。
2011年東京藝術大学大学院美術研究科修士課程彫刻専攻修了。
2012年と2014年にオルタナティブアートのプロジェクト「SIDE CORE」に参加。 2013年東京で個展を実施。 以降、 東京や米国での展覧会を中心に国内外問わず幅広い活動を行っている。

<主な展覧会>
2018年“Juxtapoz Clubhouse”(Superchief Gallery マイアミ)
2016年“Masks”(Diesel Art Gallery 東京)
2015年“Dichotomy‐Doublethink”(Toy Art Gallery ロサンゼルス)
2014年“SIDECORE -公共圏の表現-”(西武渋谷 東京)
2013年“個展 Dystopia”(Over the Border 東京)
2012年“SIDECORE -日本美術とストリートの感性”(Ba-Tsu Art Gallery 東京) など


アートは思考を具現化させる魔法のようなものだと思っている。

中でも彫刻は自由で危うい想像の世界(異界)を現実世界の片隅に実体として存在させてしまう非常にスリリングなメディアで、2つの世界を隔てるものは彫刻の表面に存在する薄皮一枚だけである。 あらゆる物質の内側では目に見えない無数の粒子が絶えず振動しせめぎあっているように、彫刻の内側でも無限に広がる異界の物語が絶えず渦巻いているのだ。

当展覧会は魔術的な儀式に似ている。 しかし、この儀式は特定の宗教のことではない。 それは、彫刻によって日常空間を銀河のような巨大なエネルギーの渦“Vortex”へと変容させる一つの企てである。 幻想と現実、あらゆる対立する二元素が互いの尻尾を食い合うウロボロス的円環運動の中で、彫刻は神秘的な力を秘めた神像となって眼前に回帰する。 そこで発生する魔術的なエネルギーの集合と縮退から無数の神話が新たに再生を始めるのだ。

(コムロタカヒロ)

Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |