CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

KYOKA “IS” RELEASE JAPAN TOUR VOL.2 WITH SPECIAL GUEST CLAM 2014.10.08(sat) at 大阪CIRCUS

KYOKA “IS” RELEASE JAPAN TOUR VOL.2 WITH SPECIAL GUEST CLAM 2014.10.08(sat) at 大阪CIRCUS

KYOKA “IS” RELEASE JAPAN TOUR VOL.2 WITH SPECIAL GUEST CLAM
2014.10.08(sat)
at 大阪CIRCUS

OPEN 23:00 DOOR:2500YEN ADV&MEMBERS:2000
*別途1ドリンク代金500円必要

-出演-
KYOKA-LIVE-
METOME

-DJ-
CALM
Keiburger

http://circus-osaka.com/


KYOKA

現代の実験 ・電子音楽の最高峰としてそびえ立つレーベル”raster-noton”における、初の女性ソロアーティストとして知られる。

ベルリン~東京を拠点に活躍。ケオティックかつ直球、そして激しくラフな音楽アプローチで知られる一方、その音楽はブロークンポップビートとも呼べるダンス可能な要素を含む。

幼少期にピアノ、フルート、三味線を学ぶ。その傍ら、ラジオやチューニング音をテレコで録音し、録音機器の可能性と低音に魅了される。また機器を解体し、部品を観察するのを楽しんだ。そのことが、録音機器の仕組みや発展への理解を助ける。1999年、シンセサイザーやコンピューターを購入、小さなシンセを片手に、単独でバックパック旅行を開始。(主にアメリカ、スペイン、フランス、イギリスなど。)各地で地元のアンダーグラウンドなアーティスト達と即興で音楽を作りつつ、個性や地域性、音楽性による表現の違いを学ぶ。

2008年に初めてのEPをベルリンのonpa))))) レーベルから3 枚発表。ufunfunfufuー初期衝動、2ufunfunfufuー少し客観性、3ufunfunfufuー客観性+初期衝動というバランスによって制作を行う。その後、Alva Noto とByetone 率いるドイツのRaster-Noton からレーベル史上初の女性アーティストとして2012 年に12 インチ「iSH」 をリリース。日本盤は2012年4月にCDで限定300枚プレスでリリースされ、瞬く間にソールドアウト。そのポップとエクスペリメンタルを大胆不敵に融合させた、しなやかなミニマル・グルーブは様々なメディアで高く評価され、Sonar Tokyo 2012、FREEDOMMUNE 0<ZERO>ONE THOUSAND 2013 へも出演を果たす。


CALM

デビューから15年以上もの間、Calm、K.F.、OrganLanguage、Japanese Synchro System等様々な名義を使い分け、数々の楽曲やアルバム、リミックス、ライブなどを手がけているクリエーター。活動の幅は日本だけに留まらず、欧米を始め世界各地でもコアな人気を誇る。

また制作活動と平行して行っているDJ活動も、原音忠実再生を基本として、ときにはオリジナルのミキサー、ハイエンドの機材、カートリッジを持ち込み、もはやDJという枠に収まりきらないパーティーの選曲を繰り広げている。最も得意とするのは、離陸から着陸までをたった独りでプレイし、これぞまさにCalmと言わんばかりの様々な音楽をミックスするスタイルだろう。ダンスミュージックにフォーカスしたBound for Everywhere@Zero青山、自由気ままにラウンジミュージックをプレイする Oasis@Bar Music渋谷という両極端なパーティーを主宰している。現在は活動の幅を広ろげ、バンド等のプロデュース、エンジニア、ミックス、マスタリング、CM音楽、クラブやカフェの音響/音楽のコーディネイト、執筆活動,,,etc、「Back to Basic」 「No Limit」を信条に、様々なことにチャレンジしている。
Cosmic Blessing.


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |