CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
EY∃(BOREDOMS)個展『”LAG-ED” EY∃ exhibition』2021年1月15日(金)~1月31日(日) at 心斎橋PARCO 10F Event Space / 2月5日(金)~2月15日(月) at 渋谷PARCO B1F GALLERY X
『目でも陶酔できる ウイスキーボトル展』2020年11月7日(土)~2021年2月28日(日)at 名古屋 横山美術館
『JOKER LIVE IN CONCERT』フィルムコンサート – 2021年2月20日(土) 21日(日)at 東京国際フォーラムホールA
ドキュメンタリー映画『エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット』2021年1月8日(金)より新宿シネマカリテ他にて劇場公開。
V.A. – Bar Chit Chat Compilation Album『Go To Chit Chat』Release

Kyoko Kurita Solo Exhibition “disconnection” 2014.09.13(sat)~23(tue) at THE blank GALLERY

[2014/09/11]

Kyoko Kurita Solo Exhibition “disconnection” 2014.09.13(sat)~23(tue) at THE blank GALLERY

栗田京子 個展 “disconnection”

時間と空間、他者との関係、そして自分自身。

刻々と変化する日常の眼に見えるもの、見えないものを繋げる為の思考と感情をテーマにした、ペインティング、ドローイング作品の展示。


disconnection 「断線」

今回の展示は、2011年から現在までの「瞬間の感情や感覚の記録」をテーマにしたペインティングやドローイング、そして「他者との関係と居場所」に焦点を当てた’homesick’シリーズで構成されています。
 
これらの共通のテーマは「時間」、「空間」、「他者」、そして自分自身との「繋がり」です。
 
私たちを取り囲む全ての事象は、例外なく毎瞬現在から過去になり、変化し続けています。
そして、常にそれらは流れてゆきます。
 
世の中の唯一不変の事実は、この世界に不変なものはないと言う事です。
 
しかし、私にとってその変化は時にスピーディーでリアリティを伴わず、戸惑いを覚えることもあります。
 
突然、繋がりを断ち切られてしまったような、心許無い感覚。
そして、変化による感覚の違和感に対応したいという欲求。
 
そのようなジレンマを感じる時、私は過去や流れゆく現在の感情、認識できる空間を見つめ直し、視覚化した形として絵を残します。
 
それは私が感じた自己や他者、日々刻々と変化する世界との間に感じた隔たりを繋げ、受け入れ、再び前へ進もうとする行為なのかも知れません。

栗田京子 2014

栗田京子

1999 Central St martin’s college in U.K.
2002  Camberwell college of art BA(hons) Fine Art drawing in U.K.
2003 帰国後、都内を中心にグループ展への参加や個展の開催など、作品の発表を続ける。
「自身」と「社会」との関わりの中で受けとる、言語化できない情報や感情を「記録」する手段として、主にペインティングやドローイング、コラージュなどの平面作品で表現する。

会場:THE blank GALLERY
会期:2014年9月13日(土)~23日(火・祝)
初日17時よりオープニングパーティー

THE blank GALLERY
東京都渋谷区神宮前3-21-6 大崎ビル3F

営業時間
平日  13:00-19:00(木曜日定休)
土日祝 12:00-19:00
http://the-blank-gallery.com/


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND, THE blank GALLERY |