CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
THE CHERRY COKE$ (KATSUO、LF) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
THE CHERRY COKE$ (KATSUO、LF)
結成18年という長い年月の中、数々のメンバーチェンジを繰り返しながらも着実に夢を掴みに行く姿勢を見せ続けるTHE CHERRY COKE$が遂にカリブ海への航海へ出た...


【INTERVIEW】
DÉ DÉ MOUSE インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
DÉ DÉ MOUSE
6枚目のフルアルバム『dream you up』をリリースしたDÉ DÉ MOUSE。時代を先取り続けてきたその先にたどり着いた深化...


【INTERVIEW】
LESS THAN JAKE(Roger、Buddy)× KEMURI(伊藤ふみお)インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LESS THAN JAKE(Roger、Buddy)× KEMURI(伊藤ふみお)
これまで幾度となく共演を重ねてきた日米を代表するスカパンクバンド、LESS THAN JAKEとKEMURI...


【INTERVIEW】
Sakiko Osawa「Chronic」リリースインタビュー ~道玄坂の繋がりと流れから~ / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Sakiko Osawa
CD HATAを中心にレーベルオーナーであるヴィーナス・カワムラユキ、そしてvoice参加している芸術家アイドルユニット ナマコプリの二人と共に...


【INTERVIEW】
Ziv Lahat (Painter, Illustrator etc) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Ziv Lahat
イスラエル出身/在住。スケートやサーフシーンからホットロッドなどのバイクシーン、更には独自に日本文化を学び、オリジナルな色彩センスとアートスタイルを絵に落とし込む...


【INTERVIEW】
FLYOVER – AKIRA & O.R. インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
FLYOVER – AKIRA & O.R.
FLYOVER AKIRA、常に描き続け、進み続ける視線が見据えるものは…。そして、一昨年ベルリンに渡ったO.R.が遂に1st EPを完成させた...


【INTERVIEW】
亮弦-Ryogen- インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
亮弦-Ryogen-
ギター1本。彼が鳴らす音はその場の空間を埋め尽くす。例えそこが小さなライブハウスだろうと、野外のパノラマ大自然の中であろうと...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


LOTUS @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

LOTUS @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

Profile of |FUJI ROCK FESTIVAL|


LOTUS
2013年7月27日(日) @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13

いよいよフジロックフェスティバルも佳境を迎え始めた三日目の夕方。疲れがピークな体にかなり激しめのムチを打って”FIELD OF HEAVEN”へ足早に向かった。

お目当てのバンドは、過去に4度も来日を果たし最近では昨年のグリーンルームフェスで人々を魅了、世界各国を渡り歩くフェスバンド、特に野外フェスバンドとして評価が年々上昇してるLOTUS。前評判がかなり高かった為に心を躍らせ体を引きずり(笑)ステージへ向かったわけですが、同じ様にこの注目度ナンバーワンのLOTUSを見ようと夜でも昼でも踊り好きなたくさんのフジレイバー達が集結していました。

LOTUS @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT
物凄くファンキーでグルービーで演奏力は度肝を抜く位にハイレベルな上に、最近良く見かけるエレクトロな要素がしっかりと組み込まれていてまったく飽きない。演奏が上手過ぎると退屈になりがちなボーカルレスバンドの弱点を見事にこのエレクトロな部分でカバー。

テンポ100位のファンクなリズムとスラップベースでグルービーに踊らせたかと思ったら、突然ブレイクビーツ風なリズムで抑揚を付け、ここまで上げていくか?って位グイグイ引っ張っていく四つ打ちでオーディエンスを翻弄し、生音の心地良いグルーブとどこか遠くに飛ばされそうな電子音のアンサンブルでシラフで完全にまだ夕暮前なのにトランス状態。

全体の選曲とテンポ感が程良いバランスでさすがはKING OF 野外バンド。年間100本もライブをこなすだけあって、ライブ慣れしているフジレイバー達の心のくすぐり方をも心得ていましたね。

LOTUS @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT
LOTUS @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT
LOTUS @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT
ちょうどDJなどの夜遊びが好きな人達と、昼の健康的な時間にロックを聞きたい層とどちらの心も捉える事の出来るバンドってなかなかいないし実際は結構偏ってしまうものなんですがね。

やや雨は降っていたものの夕方のこんな時間からこの大きな開放された空の下で特に派手な照明やVJの仕掛けがあるわけでもなく、淡々と音だけを奏でることでこれだけの人を踊らせて心も躍らせてトランス状態に持っていけるって、ただただお見事!の一言。

足の裏の豆が出来て痛くたって体が勝手に動いてしまうんですから、音の力って純粋に素晴らしい。天然のドラッグを彼らから頂いて最後の力を振り絞る事が出来ました。そして疲れてても雨が降ってても、それでも無邪気に踊り狂うこのフジロッカー達になんだか凄く親近感を覚え微笑ましく思えた瞬間でもあり、そんなみんなからもたくさんの元気を頂いていた事に気が付いた瞬間でした。

みんな本当に音が大好きなんだね。
ありがとう。

LOTUS @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT
LOTUS @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT



text by kenichi kono
photo by kenji nishida

Posted in ALL ENTRY, FUJI ROCK FESTIVAL, REPORT, 西田 憲司 |