CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

歌詞が見えるスピーカー「Lyric speaker」プレオーダー開始。

歌詞が見えるスピーカー「Lyric speaker」プレオーダー開始。

SXSW 2015にて、アジア初『Best Bootstrap Company』を受賞した、歌詞が見えるスピーカー「Lyric speaker」のプレオーダーを開始。

「Lyric speaker」を自由に体験することができる特設スペースが3店舗にオープン! LAの鬼才トラックメーカー Flying Lotusの楽曲を使ったコンセプト・ビデオも公開!

株式会社SIXは、歌詞が見えるスピーカー「Lyric speaker(リリック・スピーカー)」のプレオーダーを、6月15日(水)より開始いたしました。 「Lyric speaker」は、デジタルテクノロジーの世界=IoTがもたらす、今までに無かったアナログの体験価値を提供する製品です。

昨年、米国・テキサス州オースティンで開催された世界的なアートイベント・カンファレンス「サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)・インタラクティブ・フェスティバル」(※1)の第7回SXSWアクセラレーター・コンペティションのエンターテインメント・コンテンツテクノロジー部門ファイナリストに日本企業として初めて選出され、アジア初『Best Bootstrap Company』(※2)を受賞した本製品は、2014年より開発が続けられ、この度プレオーダーの開始となりました。
プレオーダーは、伊勢丹 新宿店、日本橋三越本店、銀座三越の基幹3店舗および三越伊勢丹のECサイトで受け付けます。 予約後、9月14日(水)以降に随時お届けいたします。
上記3店舗では、6月15日(水)から21日(火)まで(日本橋三越本店は28日(火)まで)お客様が「Lyric speaker」を自由に体験することができる特設スペースを設置します。

プレオーダーと同時に、「Lyric speaker」のサイトをリニューアルし、WEB上で「Lyric speaker」の世界観を体験できるコンテンツを公開いたしました。 ひとつは、LAの鬼才トラックメーカーFlying Lotusが、昨年グラミー最多ノミネートを記録したラッパー、ケンドリック・ラマーをフィーチャーした楽曲「Never Catch Me ft. Kendrick Lamar」を使ったコンセプト・ビデオです。 ユーザーが再生した楽曲がどのようにモーショングラフィックとしてスクリーンに現れるかを美しいCG表現で描いた作品です。
また、細野晴臣の「ろっかばいまいべいびい」、水曜日のカンパネラの「マリー・アントワネット」などをデモ曲として、「Lyric speaker」の再生体験ができるコンテンツも公開しました。 ぜひ、次世代の音楽体験をお楽しみください。


Lyric speaker(リリック・スピーカー)

Lyric speakerは、音楽と同期して歌詞が表示される次世代型スピーカーです。 モバイル端末から好きな音楽を選曲して再生すると、その楽曲の歌詞が透過スクリーンに浮かび上がります。 バラードのような優しい曲であれば優しいフォントや動きに。 ロックのようなエネルギッシュな曲であれば力強く。 楽曲の雰囲気や構成を、産業技術総合研究所の音楽解析技術が自動解析し、
スピーカーに搭載された表現エンジンがそれぞれの楽曲に対してモーショングラフィックを生成します。 Lyric speakerは、この歌詞を自動で美しくビジュアライズする技術「Lyric Sync Technology」を、世界で初めて搭載したスピーカーです。

■対応楽曲数
Lyric speakerは、国内最大級の歌詞データベース会社であるシンクパワー(プチリリ(R))※と提携。 彼らが提供する120万曲(非同期歌詞含む)を超える歌詞をビジュアライズ※します。 邦楽においてはメジャーレーベルから発売されている楽曲を幅広く網羅。 洋楽については、有名曲中心のラインナップとなっています。 また、対応楽曲は随時拡充していきます。 実際にどのような
楽曲があるのか、こちら(http://petitlyrics.com)でお試しください。
※歌詞情報に時間情報が入っていない非同期歌詞の場合、シンプルなスクロール表現となります。 ※「プチリリ(R)」は株式会社シンクパワーの登録商標です。

■販売価格: 324,000円(税込)
日本国内での販売予定は、6月のプレオーダー受付後、9月14日(水)以降に随時お届けいたします。

Lyric speaker製品サイト
http://lyric-speaker.com

Lyric speaker予約三越伊勢丹ECサイト
伊勢丹サイト
http://www.isetan.co.jp/living

三越サイト
http://www.mitsukoshi.co.jp/living


Lyric speaker コンセプト・ビデオ

http://m.youtube.com/watch?&v=tgGWxwvt_pM
※YOUTUBEにリンクしています。パケット利用料などに注意してご覧ください。 ご利用の機種により動画をご欄頂けない場合がございますので予めご了承ください。



■株式会社SIXについて
映像、広告、インタラクティブ、CM、ブランディングなど多岐にわたるクリエイティブで、30以上のカンヌ・ライオンと250以上の国際広告賞を受賞するクリエイティブ・カンパニー。 昨年のSXSWアクセラレーター・コンペティションのエンターテインメント・コンテンツテクノロジー部門では、アジア初のファイナリスト及び『Best Bootstrap Company』を受賞。

■サイト上デモ楽曲
Flying Lotus 「Never Catch Me ft. Kendrick Lamar」
細野晴臣 「ろっかばいまいべいびい」
THA BLUE HERB 「時代は変わる Pt.1」
Amazarashi 「ムカデ Starlight Ver.」
水曜日のカンパネラ 「マリー・アントワネット」
Suchmos 「YMM」
Beverly 「Victoria」
XTAL 「SKYGAZER」

■Lyric speakerプロジェクトについて
Lyric speakerプロジェクトは、「次のイノベーションは日本から起こす」を目指し、組織の垣根を越えて協働するプロジェクトです。

<主なプロジェクトメンバー>
・SIX:企画
・シンクパワー:シンクパワー(プチリリ(R))歌詞データプロバイダー ※「プチリリ(R)」はシンクパワーの登録商標です。
・産業技術総合研究所:音楽解析技術
・dot by dot:ソフトウェア開発、テクニカルディレクション
・博報堂i-studio:ソフトウェアプロジェクトマネージメント、スマートフォンアプリ開発、バックエンドプログラム開発、インフラ構築、モーション実装、ハードウェアプロジェクトマネジメント
・The Guild:アプリを中心としたUX監修
・博報堂プロダクツ:プロジェクト進行、モーションデザイン、カスタマーサービス対応
・monom:プロダクトデザイン
・WOW inc.:UXアートディレクション、モーションデザイン、プロモーションムービーディレクション
・takcomstudio:モーションデザイン、プロトモーションデザイン
・Alld.:モーションデザイン
・大橋史:モーションデザイン
・EDP graphic works:モーショングラフィックデザイン
・aircord:プロトタイプ開発
・コスモ:ファームウェア開発、基盤開発
・ケイテック:量産型開発
・AOI-Pro.:プロモーションムービー制作
・Bascule Inc.:WEBサイト制作
・HYS INC.:WEBサイト制作
・愛印:音楽コーディネーター
・モリサワ:和文フォントの提供、フォントアドバイザー
・salt-group/GALA:アドバイザー


Posted in ALL ENTRY, MOVIE, RECOMMEND |