CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


真心ブラザーズ「MORE KING OF ROCK 20th」東京公演@ EX THEATER ROPPONGI (2015.11.28) REPORT

真心ブラザーズ「MORE KING OF ROCK 20th」東京公演@ EX THEATER ROPPONGI (2015.11.28) REPORT

今年5月、アルバム『KING OF ROCK』のリリースから20年を迎え、東京、大阪で「KING OF ROCK20th」と銘打ったライヴを行なった真心ブラザーズ。好評だったこのライヴを受け、10月より「MORE KING OF ROCK 20th」として全国を回ってきたツアーが、いよいよ東京へと戻ってきた。

登場のSEと共に会場は歓声で包まれ、桜井秀俊、そして今回もドラムとベースを務める伊藤大地(Dr)と岡部晴彦(Ba)が登場する。そして、遅れて登場のYO-KINGが「だるいカンジ!」の叫びとともに、“スピード”でライヴは幕を開けた。のっけからフルパワー。ちょうど「KING OF ROCK」のツアーと並走するように、10月リリースのカヴァー・アルバム『PACK TO THE FUTURE』のツアーを同メンバーで行なっていたこともあり、バンドのグルーヴはキレッキレだ。頭から波に乗るように、“高い空”、“愛”へと続いていく。アルバムではファンキーな雰囲気の“愛”だが、骨太なビートと、男臭くブルージーなギター、そしてYO-KINGがシャウトするように歌い上げる、Low Down Roulettesとのソリッドな“愛”もまた熱い。そして、“マイ・バック・ページ”、桜井がヴォーカルをとる“上手な眠り方”、“すぐやれ 今やれ”へとノンストップでプレイし、会場の温度をグングン上げていった。

6曲が終わったところで、YO-KINGが「ということで、みなさんようこそ」というあいさつをし、「今回のライヴは、アルバム『KING OF ROCK』を曲順通りに披露する特殊なライヴです」とYO-KING。そして、「20年も経つと、固有名詞も古くなるよね――《カール・ルイスでフルマラソン》(“すぐやれ 今やれ”)とかね。違う言葉入れちゃうと、歌詞を口が覚えているから後がグダグダになっちゃうんだよね」(YO-KING)と言って、会場を笑いに包み、ここからはアナログ盤でいうところのB面と、後半戦へ突入した。“マイ・リズム”から、生バンドによるヒップ・ホップ・チューン“マイ・ガール”で、オーディエンスを心地よく揺らす。岡部のブリッブリに低音をきかせたベースから、桜井の爆裂なギター・リフが冴える“STONE”の、ハードコア・パートでは先ほどまでの心地よいグルーヴとは一転、超高速のビートにオーディエンスもぶんぶん頭を振り、コブシを突き上げる盛り上がり。“STONE”は腎臓結石の壮絶な痛みをリアルに綴った曲だが、「20年前に、この曲で笑ってたやつも、今、石が出てます。僕の周りで続出してます」と語るYO-KINGの言葉に、笑いが起こる。もちろん、「今笑った人、気をつけろよ」というツッコミも忘れない。息の合ったバンドならではの、濃いアンサンブルでたっぷりと聴かせた“日曜日”のアウトロから、ラスト・チューン“スピード2”のファンキーなバンド・グルーヴへと、うねるように展開すると、YO-KINGはノーブレスで高速のパートを叫び倒した。「今、死ぬかと思った」と言うくらい、怒涛の勢いで本編を締めくくった。20年という年月を経ても、その曲たちは色あせぬまま、そして真心ブラザーズはさらにタフに、スピーディにと、馬力を増しているようにすら思うから、恐ろしい。ラストまで爆音と笑顔とがあふれた一夜となった。

真心ブラザーズ「MORE KING OF ROCK 20th」東京公演@ EX THEATER ROPPONGI (2015.11.28) REPORT真心ブラザーズ「MORE KING OF ROCK 20th」東京公演@ EX THEATER ROPPONGI (2015.11.28) REPORT真心ブラザーズ「MORE KING OF ROCK 20th」東京公演@ EX THEATER ROPPONGI (2015.11.28) REPORT真心ブラザーズ「MORE KING OF ROCK 20th」東京公演@ EX THEATER ROPPONGI (2015.11.28) REPORT真心ブラザーズ「MORE KING OF ROCK 20th」東京公演@ EX THEATER ROPPONGI (2015.11.28) REPORT真心ブラザーズ「MORE KING OF ROCK 20th」東京公演@ EX THEATER ROPPONGI (2015.11.28) REPORT真心ブラザーズ「MORE KING OF ROCK 20th」東京公演@ EX THEATER ROPPONGI (2015.11.28) REPORT真心ブラザーズ「MORE KING OF ROCK 20th」東京公演@ EX THEATER ROPPONGI (2015.11.28) REPORT真心ブラザーズ「MORE KING OF ROCK 20th」東京公演@ EX THEATER ROPPONGI (2015.11.28) REPORT


Photo by eri shibata
Text by 吉羽さおり

リリース情報


真心ブラザーズ
『PACK TO THE FUTURE』
2015.10.07 Release

~収録楽曲~
M01.風立ちぬ(松田聖子/1981年)
M02.風になりたい(川村ゆうこ/1976年)
M03.横浜いれぶん(木之内みどり/1976年)
M04.メイン・テーマ(薬師丸ひろ子/1984年)
M05.赤い風船(浅田美代子/1973年)
M06.早春の港(南沙織/1973年)
M07.風の谷のナウシカ(安田成美/1984年)
M08.木綿のハンカチーフ(太田裕美/1975年)
M09.ゆ・れ・て湘南(石川秀美/1982年)
M10.スローモーション(中森明菜/1982年)
M11.グッド・バイ・マイ・ラブ(アン・ルイス/1974年)
注:カッコ内オリジナル歌唱アーティスト(敬称略)/オリジナル発表年

TKCA-74277 ¥2,778+tax


NEWライブ/イベント情報!

■真心ブラザーズ・ライブ「今年も中野で会いましょう2016」
・1月23日(土)東京:中野サンプラザ OPEN17:00 / START18:00
料金:全席指定 前売¥5,800/当日¥6,300(税込)
チケット発売:発売中!

■「マゴーソニック2016」
・2月17日(水)名古屋:Zepp Nagoya OPEN18:00 / START19:00
ゲスト:後日発表!
料金:前売り 1Fスタンディング¥5,500/ 2F指定席 ¥6,500(1D別/税込)
当日券 各種¥500up
チケット発売日:12月13日(日)

・2月28日(日)大阪:Zepp Nanba OPEN17:00 / START18:00
ゲスト:後日発表!
料金:前売り 1Fスタンディング¥5,500/ 2F指定席 ¥6,500(1D別/税込)
当日券 各種¥500up
チケット発売日:12月13日(日)


more info

真心ブラザーズオフィシャルHP
http://www.magokorobros.com/

徳間ジャパンコミュニケーションズオフィシャルHP
http://www.tkma.co.jp/


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND, REPORT |