CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
THA BLUE HERB ワンマンライブ『YEAR END LIVE : FUCKIN’ 2020』2020年12月29日(火)at 恵比寿LIQUIDROOM
『目でも陶酔できる ウイスキーボトル展』2020年11月7日(土)~2021年2月28日(日)at 名古屋 横山美術館
『JOKER LIVE IN CONCERT』フィルムコンサート – 2021年2月20日(土) 21日(日)at 東京国際フォーラムホールA
ドキュメンタリー映画『エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット』2021年1月8日(金)より新宿シネマカリテ他にて劇場公開。
MR.BRAINWASH EXHIBITION『LIFE IS BEAUTIFUL』2020年11月20日(金)~12月6日(日) at SPACE14(心斎橋パルコ 14F)

Meiso – New Single『TO THE MOON AND BACK』リリース & トレイラー映像公開

[2020/11/04]

Meiso - New Single『TO THE MOON AND BACK』リリース & トレイラー映像公開


決まった譜面は無い、あってもそんなに譜面通りいくことはない、臨機応変にグルーヴに合わせていくしかない「人生、そして愛はフリースタイル」をコンセプトに、MeisoがLIBROのビート上で言葉を紡ぐ新曲「TO THE MOON AND BACK」を発表。

どれだけ計画してもやってみないと結果はわからないし、やってみたことが思ってもみない方に転がって面白くなることもある。決まった譜面もない、もしくはあってもその譜面通りにはいかない中、臨機応変にグルーヴに合わせていくしかない人生はフリースタイルだ!そんなアイデアが曲のコアになっている。

そして、人生がフリースタイルなら、ロマンスはそんなフリースタイルな人生を生きているプレイヤー同士による即興ジャムセッション。ということを踏まえ、大局的な目線ではこの「Life/love is a freestyle」がコンセプトに、そしてMeiso個人のレイヤーでは、それとは別に自身にとって永遠の神秘である”妻へのラブソング”。彼女にしかわからない比喩や言葉遊びも多いが、パーソナルを突き詰めればユニバーサルになると信じて敢えてリスナーにとっての謎を残す形で詩を書いた。

また、曲の冒頭が「彼女は織姫ミスユニバース/宇宙の神秘、七不思議ミステリアス」始まる通り、曲を通して宇宙のイメージを使用しているが、MeisoがLIBROのビートから受けたインスピレーションをもとに「愛を探すこと」と「宇宙を探索すること」を重ねて視覚的テーマとして取り入れた為、Meisoらしい楽曲になっている。

合わせて公開されたトレイラーはインコレンジャー(人材ナンバーグ)によるモノで、楽曲の世界観をベースとした物語仕立てのストップモーションで制作されたMVを期待される内容に仕上がっている。


Meiso
『TO THE MOON AND BACK』
2020.11.04 Release

-収録曲-
01. TO THE MOON AND BACK

Lyrics by Meiso
Produced by LIBRO
Scratched by DJ TAIJI
Label : Meditative Records
Release Date : 2020年11月04日(水)
Format : DIGITAL(DL/ST)
URLs : https://ultravybe.lnk.to/ttmab


TO THE MOON AND BACK [TRAILER] MEISO (Prod. LIBRO)


Lyrics
[Verse1]
彼女は織姫 Miss Universe
宇宙の神秘 7不思議ミステリアス
肌寒いからって群れる雑多な部類
とは別のギャラクシー ラブリー反逆児

ビタースィートなアポロ
ミューズ 天女 無重力にたゆたう 羽衣
たわごと見破る目利きはやぶさ 
空飛ぶ絨毯から見せるA whole new world

過去のFLOW ブレイクして無礼講
デリケートゾーン言葉の指紋認証
アンロックする人生 彼女の口癖
俺らに譜面はない韻ふめ 

彼女は太陽 俺は月
照らされている時は回ってきてるツキ
ラツキー  心臓に電気信号
一列に見事 風穴開けてビンゴ

[Hook]
ほらHistory一緒に
ひっそり超えてMystery i said
明日へBring the beatない心配
きみのMelodyはTechiqueを超えるSpace ship

ほらHistory一緒に
ひっそり超えてMystery i said
明日へBring the beat きみのMelody
揺れるHipは次のレベルへのSpace ship

[Verse2]
彼女は歩くフリースタイル
嘘をスライス 知性のナイフ
Chop it up and パン に挟んで食べよう
ピーナツバター とジャムセッション

2人のライフ、それにはない台本
一挙一動 ナイスボール さあ何言おう
雑談できないAl に引き換え
俺の変化球 打ち返す キミは天才

楽譜 目を落としてちゃ 素通りさ   
思ってもみない 所にふと降り立つ
森の奥の方にエリオットのチョコ 
遊び心にPhone home 未知との遭遇

迷い込む 宇宙に誘う魔力
君の愛はそう バミューダトライアングル
ミステリーサークル 譜面はないオーロラのよう 
即興のラブソング 言葉の向こう

[Hook]
ほらHistory一緒に
ひっそり超えてMystery i said
明日へBring the beatない心配
きみのMelodyはTechiqueを超えるSpace ship

ほらHistory一緒に
ひっそり超えてMystery i said
明日へBring the beat きみのMelody
揺れるHipは次のレベルへのSpace ship


Meiso(メイソウ)

Meiso(メイソウ)


Hawaii/Tokyoを中心に活動し、日本語と英語を操るインターナショナルMC。Meditative Records代表。

日本ではB-BOY PARK 2003のMCバトル覇者:外人二十一瞑想としても知られる。

坂本龍一やShing02のSTOP ROKKASHOプロジェクトでは『無知の知』にラップで参加。 「夜の盗賊」、「イテツクアカツキ」、Muzonoとの「Sunshine and Coconut Water」の3枚のアルバムに続く4作目のアルバム「轆轤」をMA$A$HI(8th wonder/Immigrate Us)フルプロデュースで2017年1月リリース。

また、同年6月発売のDJ KRUSHのアルバム「軌跡」に参加し話題となった。

Twitter
https://twitter.com/MEISO_

Meditative Records
http://meditativerec.com/


Posted in ALL ENTRY, LIBRO, MOVIE, RECOMMEND |