CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

『民族衣装のぬり絵ブック』著者:まつやましょうこ(美術作家)2016年8月9日発売。

『民族衣装のぬり絵ブック』著者:まつやましょうこ(美術作家)2016年8月9日発売。

世界のロマンティックで豪華な衣装を旅する気持ちで彩ろう!『民族衣装のぬり絵ブック』刊行

フランス、オランダ、イタリアなど、ヨーロッパを中心に、世界24カ国のロマンティックな民族衣装が勢揃い。 豪華で美しい民族衣装を、旅するような気持ちで塗っていただけます。 巻末に、塗り方の参考資料としてカラーイラストと衣装解説も掲載。 各国の歴史と美意識がつまった、驚くべき民族衣装の世界をお楽しみください。

驚くほど手の込んだ装飾が施された民族衣装は、衣装を超えた芸術品です。 著者のまつやましょうこさんも、以前から民族衣装に興味をお持ちで、在住されているドイツや、留学されていたリトアニア等で美しい民族衣装を目にして感激したそうです。 本書『民族衣装のぬり絵ブック』も、民族衣装のファンである、彼女の発案から誕生しました。 豪華な衣装の美しさを楽しむことはもちろん、その背景に込められた民族的なルーツを知ることも民族衣装を知ることの楽しみのひとつ。 本書では巻末に、掲載した民族衣装にまつわる歴史についてもご紹介しています。 また、まつやまさん自身の声で、各塗り絵のテーマについてもご紹介しておりますのでご一読いただけると、より一層楽しんでイラストを塗っていただけると思います。


『民族衣装のぬり絵ブック』

仕様:A4判変型(248×248mm)/ソフトカバー/ 80 Pages(12p in Color)
定価:(本体1,300円+税)
ISBN:978-4-7562-4800-8 C0071
発売日:2016年8月9日
発売元:パイ インターナショナル
http://pie.co.jp/search/detail.php?ID=4800


『民族衣装のぬり絵ブック』著者:まつやましょうこ(美術作家)2016年8月9日発売。
<ハンガリー>カロチャ刺繍を施した民族衣装をまとった女の子が、壁にハンガリー地方の伝統的な文様をペイントする様子。 ブダペスト南部のカロチャ地方では、室内装飾の壁絵も有名なのです。


『民族衣装のぬり絵ブック』著者:まつやましょうこ(美術作家)2016年8月9日発売。
<ブルガリア>ブルガリアの国土の中央部を東西に横切るバルカン山脈と西方に走るスレドナ・ゴナ山脈に挟まれた一帯はバラの生産地としても有名で、バラの谷と呼ばれています。 民族衣装とバラの関係も深く、刺繍のモチーフとしても多く見られます。


『民族衣装のぬり絵ブック』著者:まつやましょうこ(美術作家)2016年8月9日発売。
<フランス・ブルターニュ地方>特に美しくユニークなのが「コワフ」といわれるレースでできた帽子で、各村々でさまざまな形のものがあります。 本来の役目は髪と頭の保護、女性の貞操を守るために髪を見せないことだそうですが、美しく髪の上を飾る目的で発展していったのではないかと思わせる、素晴らしいデザインばかりです。


『民族衣装のぬり絵ブック』著者:まつやましょうこ(美術作家)2016年8月9日発売。
<インド>女性の衣装は巻き衣の「サリー」が代表的で、巻き方や布の素材や文様で出身地域や宗派、既婚、未婚等が識別できるようになっています。


『民族衣装のぬり絵ブック』著者:まつやましょうこ(美術作家)2016年8月9日発売。
巻末に、塗り方の参考資料としてカラーイラストと衣装解説も掲載。


著者:まつやましょうこ(美術作家)

女子美術大学グラフィックデザイン科卒業。 グラフィックデザイナーとしてデザイン事務所に在籍後、フリーのイラストレーターに。 野村證券冊子イラストやコダック、伊藤園のパッケージイラスト、伊藤園店内ディスプレイなどを手掛ける。 その後、フランス留学を経てクンスト・アカデミーデュッセルドルフでも学ぶ。 2006年よりドイツ、ケルン在住。 小中学校の美術教員をつとめながら、美術作家としても活動中。


Posted in ALL ENTRY, RECOMMEND |