CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


光風&GREEN MASSIVE @ FUJI ROCK FESTIVAL ’14 LIVE REPORT

光風&GREEN MASSIVE @ FUJI ROCK FESTIVAL ’14 LIVE REPORT

Profile of |光風&GREEN MASSIVE||FUJI ROCK FESTIVAL|


光風&GREEN MASSIVE
2014年7月25日(金) @ FUJI ROCK FESTIVAL ’14

2011年、EL SKUNK DI YAWDIEと共にGYPSY AVALONステージに登場すると、昨年はFIELD OF HEAVENのステージでその勇姿を観ることができた。その他にも光風がソロで唄ったり、昨年であればメンバーの苧麻がKARAMUSHI & FRIENDSとして木道亭に登場したり、今年は鍵盤奏者の小西英理がERI KONISHI PIANO TRIOとして出演したり等々、近年フジロックでの彼らの存在感は本当に際立っているように思う。

今年は入場ゲートから最も遠い場所にある異国情緒漂う大きなテントに覆われた空間、パリに現存するキャバレー、ムーランルージュをイメージして作られたCafe de Parisが光風&GREEN MASSIVEのライブ会場。

『行きますかフジロック!』光風の掛け声からライブはスタートする。
“緑の世代”の軽快なサウンドが響きわたると引き寄せられるように多くの人がなだれ込んで来た。続く”櫻”では自然に身体を揺らされてしまう、そして思わず口ずさんでしまう愛嬌あるメロディーが清々しくドーパミンを溢れさせてくれる。

このCafe de Parisは後方に机と椅子も用意されているので、まったりお酒を飲みながらライブを堪能することもできるんだけど、なんだかんだ気がつけば立ち上がって踊っちゃうといった人を多数見受けることができた。

光風はギターをカラムシに手渡し、自らはトランペットを手にする。
来ました!”Rock Fort Rock”
ロックステディの名曲です!今年はスカタライツもこの苗場に来てるし思いはひとしおですね。
さらにアコーディオンの音色が心地良い。ERI KONISHIが楽しそうにステージ中央に来て奏でる姿が印象的で完全にのせられてしまいました。

さらに光風が『Cafe de Paris、ちょっといかがわしい感じが良いですね~』とその雰囲気から『じゃあ、いかがわしい人を紹介します!』とカラムシを紹介する。会場は和やかな笑いに包まれながら、この厚木のラスタマン、ミスター・サガミ・オリジナル KARAMUSHIを歓迎する。曲はもちろん”マリアンナ” このラブソングに酔いしれながらも、続く”内部告発”では光風とカラムシのコンビネーションが炸裂する。レベルミュージックが持つ闘争性を音に乗せて届けてくれた。

そして、”舟” 光風&GREEN MASSIVEの代表曲の1つ。
これも思わず口ずさみたくなり、自然と身体が揺らされる。そして気がつくとなにやら涙腺がやられている。そんな曲。
1stアルバム【民衆レベル】に収録されている楽曲だが、リリース直後のライブでは『想像力を掻き立てる歌詞が書きたかった』『かなり長い曲ですが聴いてください』といったMCを挟む事が多かったように記憶している。しかしこの日もそうであったが最近は間髪入れずに演奏に入るケースが多い。もうね、お客さんも待ってましたのごとく、前奏のギターの音で確実に反応しているもんね!正直、この曲を長いと思ったことは一度もないし、なんというか吸い込まれるとはこういう事なんだと思う。

さて、ライブの方は多少時間を気にしつついよいよクライマックス。

「火を灯せ一晩中~♪」と光風が声高々に唄いコール&レスポンスで会場中の一体感が増すとカラムシが「ファイヤーファイヤー♪」とその興奮をさらに高める。オーディエンスも前へ前へ進んでいきステージは穏やかな熱気に帯びていた。拳を突き上げバビロンへの宣戦布告と音楽に身をゆだね踊り楽しんだ高揚感が入り混じる中、『フジロック 火を灯して行こう!』『グッドヴァイヴス! ありがとう!』という言葉を残しこの日の彼らのライブは幕を閉じた。

いやぁ~、余韻にいつまでも浸っていたい、なんならこのまま夜まで、いや朝まで呑み続けたいと感じるフジロック初日の夕暮れ時でした。

光風&GREEN MASSIVE @ FUJI ROCK FESTIVAL ’14 LIVE REPORT
光風&GREEN MASSIVE @ FUJI ROCK FESTIVAL ’14 LIVE REPORT
光風&GREEN MASSIVE @ FUJI ROCK FESTIVAL ’14 LIVE REPORT
光風&GREEN MASSIVE @ FUJI ROCK FESTIVAL ’14 LIVE REPORT
光風&GREEN MASSIVE @ FUJI ROCK FESTIVAL ’14 LIVE REPORT
光風&GREEN MASSIVE @ FUJI ROCK FESTIVAL ’14 LIVE REPORT
光風&GREEN MASSIVE @ FUJI ROCK FESTIVAL ’14 LIVE REPORT
光風&GREEN MASSIVE @ FUJI ROCK FESTIVAL ’14 LIVE REPORT
光風&GREEN MASSIVE @ FUJI ROCK FESTIVAL ’14 LIVE REPORT
光風&GREEN MASSIVE @ FUJI ROCK FESTIVAL ’14 LIVE REPORT
光風&GREEN MASSIVE @ FUJI ROCK FESTIVAL ’14 LIVE REPORT
光風&GREEN MASSIVE @ FUJI ROCK FESTIVAL ’14 LIVE REPORT
光風&GREEN MASSIVE @ FUJI ROCK FESTIVAL ’14 LIVE REPORT
光風&GREEN MASSIVE @ FUJI ROCK FESTIVAL ’14 LIVE REPORT
光風&GREEN MASSIVE @ FUJI ROCK FESTIVAL ’14 LIVE REPORT
光風&GREEN MASSIVE @ FUJI ROCK FESTIVAL ’14 LIVE REPORT
光風&GREEN MASSIVE @ FUJI ROCK FESTIVAL ’14 LIVE REPORT

text by KISHIMOTO
photo by kenji nishida

Posted in ALL ENTRY, FUJI ROCK FESTIVAL, REPORT, 光風&GREEN MASSIVE |