CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

『モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2017』2017年11月3日(金・祝)4日(土)5日(日)at 恵比寿ザ・ガーデンホール

『モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2017』2017年11月3日(金・祝)4日(土)5日(日)at 恵比寿ザ・ガーデンホール

「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2017」ファラオ・サンダース、菊地成孔、アクセル・トスカ、BIGYUKIほか 出演者続々決定!

今年も開催が決定している『モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2017』に豪華ライナップが顔を揃える。

テナーサックスの巨匠として知られるファラオ・サンダース(11月4日に出演)は今回、自身が率いるカルテットでの出演。 2007年以来活動をともにしているウィリアム・ヘンダーソン(ピアノ)をはじめ、近年のライブで固定メンバーとなっているナット・リーブス(ベース)、ジョナサン・ブレイク(ドラム)が参加。
ファラオ・サンダースは、1965年にジョン・コルトレーンのグループに加入後、アルバム『Ascension』や『Meditations』への参加を経て、コルトレーンの後継者としても注目される存在に。 自身のオリジナルアルバムをはじめ、さまざまなプロジェクトに参画し、88年には、マッコイ・タイナー、ロイ・ヘインズ、セシル・マクビー、デヴィッド・マレイとともにアルバム『Blues for Coltrane: A Tribute to John Coltrane』でグラミー賞を受賞。 90年代以降も、クラブカルチャーと連帯したレアグルーヴや、スピリチュアル・ジャズの文脈においても過去作品の再評価がなされた。 以降も、現在に至るまで自身のグループを率いて精力的にパフォーマンスやレコーディングを続けている。

一方、注目の“初来日&初共演”となるのが、菊地成孔とアクセル・トスカによるプロジェクト(11月4日に出演)。 1984年、キューバ・ハバナに生まれたアクセル・トスカは、2005年にアメリカへ移住後、ミクスチャー・ジャズ・ユニット(U)nityを率いて活動。 近年は、キューバ出身ミュージシャンを追ったドキュメンタリー映画『Cu-Bop』(2015)にメインアーティストとして取り上げられ、世界的な注目を集めている。 日本での公演は今回が初となり、菊地成孔とのコラボレーションも初。 音楽家としてこれまで多種多様なサウンドに向き合ってきた菊地成孔が、キューバ生まれの風雲児とどう対峙し、そこにどんな音楽が生まれるのか。

アメリカを拠点に活躍中の日本人キーボード奏者、BIGYUKIが初日(11月3日)のステージに登場。 これまでにセロニアス・モンク・コンペティションで優勝するほか、タリブ・クウェリやビラル、マーク・ジュリアナらの作品にも参加。 米ジャズ誌『Jazz Times』の人気キーボーディスト投票(2016年)では、ハービー・ハンコックやチック・コリア、ロバート・グラスパーらに並んで入賞するなど、米国内でも高い人気を誇る。 R&Bシンガーやヒップホップ・グループとのコラボレーションも盛んで、2016年にはア・トライブ・コールド・クエストのアルバム『We Got It From Here… Thank You 4 Your Service』に参加。 同作は全米アルバム・チャート1位を獲得し、ジョン・レノン&ヨーコ・オノ『ダブル・ファンタジー』以来36年ぶり、2人目となる「全米1位作品に参加した日本人」となった。 現在、ジャズ、ソウル、ヒップホップが交差するニューヨークのミュージックシーンで最も注目されるアーティストのひとり。 およそ1年ぶりとなる日本でのパフォーマンスに期待が高まる。

同じく初日には、DJ MITSU THE BEATSも登場。 ヒップホップユニットGAGLEのメンバーであり、ビートメイカー、DJ、プロデューサー、リミキサーとして国際的に活躍。 2014年にはイギリスを拠点にするクラブミュージックの動画配信メディア“Boiler Room”に出演。 同番組としては初となる東京からのライブストリーミングの“DJing 動画”がライブ配信され、閲覧回数が35万回を超えるなど、大きな話題になった。

2日目に登場するマテウス・アサトは、次世代を担うスーパーギタリストとして注目のプレイヤー。 これまでにトリー・ケリーやジェシー・Jといったメジャーアーティストのバンドに参加しながら、独自の音楽性も発揮するなど、その超絶的なギターテクニックも合わせて、いま世界で最も注目される若手ギタリストが、MJFJ2017でどんなパフォーマンスを披露するのか。

最終日(11月5日)に登場するKAZ TAP COMPANYは、タップダンサーの熊谷和徳が主宰するタップカンパニーとして06年に結成。 以降、日本では数少ないタップダンスのカンパニーとして、新たなタップの未来を切り開くため精力的に活動している。 今回MJFJ2017のステージに立つのは、谷口翔有子、安達雄基、米澤一輝の精鋭3名。

すでに出演発表がなされているマシュー・ハーバート・ブレグジット・ビッグ・バンド(11月3日出演)。 そして、ジョーイ・アレキサンダー(11月4日出演)、三宅純(11月5日出演)のパフォーマンスにも注目。 マシュー・ハーバートの新プロジェクトとなる同バンドは、大所帯のクワイア(合唱団)を配しており、この編成を日本で鑑賞できるのは今回MJFJ2017のみ。
また、2日目に登場するジョーイ・アレキサンダーも、昨年のグラミー賞ノミネート(最年少ノミネート記録樹立)を経て、ピアノトリオで初の来日公演。
そして最終日。 大トリを飾る三宅純は、近年の集大成とも言えるアルバム『Lost Memory Theatre act-3』(11月15日に発売予定)の内容を示唆するステージも予想され、大きな期待が寄せられる。


『モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2017』

【日程】
11月3日(金・祝):開場15:00 開演15:30 (予定)
11月4日(土):開場15:00 開演15:30 (予定)
11月5日(日):開場15:00 開演15:30 (予定)

【会場】
恵比寿ザ・ガーデンホール

【出演】AtoZ
2017年11月3日(金・祝)
DJ MITSU THE BEATS
BIGYUKI
MATTHEW HERBERT’S BREXIT BIG BAND
and more…

2017年11月4日(土)
AXEL TOSCA
NARUYOSHI KIKUCHI
JOEY ALEXANDER TRIO
TATSUO SUNAGA
PHAROAH SANDERS QUARTET
MATEUS ASATO
and more…

2017年11月5日(日)
KAZ TAP COMPANY
三宅 純
and more…

【チケット】
●チケット(券種/料金)
各日1日券:A券 ¥12,000 / S券 ¥17,000 / SS券 ¥25,000
各日ペアA券: ¥23,000(2名1組) ※前売数量限定
各日グループA券: ¥44,000(4名1組)※前売数量限定
3日通しA券: ¥33,000 ※前売数量限定
※全券種オールスタンディング
※S券特典:オリジナルトートバッグ/ウェルカムドリンク/専用フロア/専用入場ゲート(予定)
※SS券特典:S券特典+限定グッズ(予定)
※入場者制限:未就学児童入場不可

【主催】
モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2017 実行委員会

【企画制作】
VISUALNOTES

【協賛】
ARBAN / スタインウェイ・ジャパン株式会社 / チューリッヒ生命

【後援】
J-WAVE / WOWOW / 在日スイス大使館 / スイス政府観光局 / 在日スイス商工会議所

【お問い合わせ】
ディスクガレージ カスタマーセンター TEL:050-5533-0888 (平日12:00~19:00)

http://www.montreuxjazz.jp


PHAROAH SANDERS

PHAROAH SANDERS

AXEL TOSCA

AXEL TOSCA

菊地成孔

菊地成孔

BIGYUKI

BIGYUKI

DJ MITSU THE BEATS

DJ MITSU THE BEATS

MATEUS ASATO

MATEUS ASATO

KAZ TAP COMPANY

KAZ TAP COMPANY


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |