CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


MURPHY’S LAW (2011/07/03)LIVE REPORT

MURPHY’S LAW 『We are All One -乾坤一擲-』
2011/7/3(Sun)shibuya clubasia

MURPHY'S LAW (2011/07/03)LIVE REPORTMURPHY'S LAW (2011/07/03)LIVE REPORT

Profile of |MURPHY’S LAW|

♪MURPHY’S LAW, ARF ARF ARF!!
これでピンと来る人はファン歴長い証ね!

てな訳でNew York Hard Core(以下NYHC)の重鎮にしてG.馬場さんよろしくな“生涯現役”パフォーマーJimmy率いる最高のParty Band、
MURPHY’S LAWが盟友Aggressive Dogs aka UZI-ONEとのJapan Tour
『We are All One -乾坤一擲- 』の為、待望の来日!

その濃いキャラとパフォーマンスで87年Beastie BoysのLicenced to Ill Tourの前座に抜擢されその名を轟かせ、その時知り合ったFishboneの影響もありいち早くSKA要素も取り入れた先取音楽性!
OiやSkinsの硬質な男区なファッションが主流なNYHCの中、Lifes A BeachやDog Town, VansのsSK8要素やPublic EmemyのTeeやadidasのKicksを着用する多感なストリート的雑食性!!
観客からクルーまで巻き込んで盛り上げる、圧倒的に面白いライブアクティング性!!! とにかく俺的にはこのバンドを“好きにならずにいられない要素”が満載なのである。

メンバーチェンジを繰り返しつつも未だに全世界各地で歓迎を受けるのは、良い意味でNYHCらしからぬキャッチーなサウンドと日々デカくなるJimmyの身体に比例する熱くOpen Mindなキャラクターが成せる業!
俺がアメリカで感じたのは唯一NOFXも彼らと同じ立ち位置で何処でも愛されるバンドだったね!

当日は一般のバーカウンターでファンと普通に飲んでるJimmy、彼にくだらないRock Starな要素など無縁。
肝心のライブも“No Doubt”な圧巻のパフォーマンス、最近新譜がご無沙汰なんで初期の曲で構成されてたけど、

MURPHY'S LAW (2011/07/03)LIVE REPORT

Panty Raid
Quset For Herb
Ska Song
Beer
Crucial BBQ
Tight
Skinhead Girl

等々、立て続けにカマされちゃったらオールドファンとしてはたまらない!

当然Jimmyお得意の客いじりや、ステージにファンを上げて一緒に唄ったり自分が客席に乱入したりと茶飯事なお決まりごともやってくれたし会場にいた皆様はきっと楽しめたはず!
その後も休み無し強行軍のスケジュールをこなした模様のMURPHY’S LAW

こんな素敵なBandが評価される機会が無く、音源の売上げが伸びない業界事情は如何かと思いつつも、きっと彼らはそんな事は我関せずで一生自分のスタンスで楽しみながらイツもドコかで観客を魅了してるんだろうな。

そして9月にはAIR JAM出演の為、再び来日が決定してるのでこちらも楽しみ!
もしMURPHY’S LAWバージンな読者はこの機会に是非チェキる事をお薦めします、自然と笑顔になれるライブなんで◎

今回最高のパフォーマンスでインスパイアを与えてくれたMURPHY’S LAW、Aggressive Dogs aka UZI-ONE、その他出演バンドにBig Shout Out!!

text by kasukababy
photo by SO

Posted in ALL ENTRY, MURPHY'S LAW, REPORT |