CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

Glass Towers

Glass Towers / グラスタワーズ

ロックンロール・リバイバルやニューレイブといった英国発信のムーブメントが独自進化を続けるオーストラリアにおいて2013年最注目の若きギターロックバンド

幼馴染で結成され、輸入盤がヒットしたLast Dinasoursらに続くニューカマーとして注目を集めるシドニー出身20歳の4人組。日本デビューはタワーレコード渋谷店とTHISTIME RECORDSの共同発掘アーティスト第一弾としてデビューEP『Collarbone Jungle』が5月21日にタワーレコード渋谷店先行でリリース。爆発的なセールスを受けて英フェスThe Great Escape出演~UKツアーを経て緊急来日を果たし、6/12晴れて全国リリースの運びとなった。

本作はは2011年のデビューEP『What We Were, When We Were』とVinesのプロデューサーWayne Connollyを招いて制作、発売された2nd EP『Collarbone Jungle』とを合わせたコンパイル盤。英国風の憂いを帯びたメロディーと、緩急の差で一気にテンションをぶち上げる鋭利なビート。特に注目してほしいのはリスナーの断片化が進むクラウド時代を軽やかに横断するキラーチューン「Tonight」。Two Door Cinema Club「What You Know」やFriendly Fires「Paris」、Bloc Party「Banquet」への挑戦とも受け取れるビッグ・イントロが素晴らしい。ファーストシングル「Jumanji」と共に英国ではオーストラリアのバンドにもかかわらず毎週一万回以上再生回数が伸びており、スマッシュ・ヒットを記録。日本でも正式フル・アルバムを待たずして爆発してしまいそうな勢いだ。

あのJean Paul Fungを迎えてレコーディングされたデビューフルアルバムが8月にはリリース予定。英国でThe Kooksのツアーに帯同することも先ごろ発表された。

関連リンク

THISTIME RECORDS



“>noimage



A-Files click here≫

A-Files click here≫