CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

Trivium

Trivium / トリヴィアム

2000年結成、フロリダ州オーランド出身。地元では知る人ぞ知る名ギタリストだった高校生、マシュー・キイチ・ヒーフィーと初代ドラマー、トラヴィス・スミスが中心となって活動をスタート、2003年には早くもレーベル契約を交わし、ドイツのレーベルよりデビュー・アルバム『EMBER TO INFERNO』を発表する。そのメタリックな音像と若さは一気に注目を集めることとなり、その後バンドはRoadrunnerとワールドワイドの契約を結び、アルバム発売前の段階でMACHINE HEADらと共に全米をサーキット、その名前をメタル・シーンに広めていった後、2005年、ワールドワイド・デビュー・アルバム『アセンダンシー』を発表。メタル・シーンだけでなくNY TIMESといった一般メディアにも取り上げられ、各国の音専誌ではベスト・ニュー・アクトに選出されるなど、彼らの名は一気に世界中を駆け巡っていく事となった。

2006年には早くもサード・アルバム『ザ・クルセイド』を発表、ビルボード・チャート初登場25位を記録、ここ日本でもオリコン洋楽チャート20位(総合46位)を記録し、その名を一気に爆発させ、新世代メタル・アイコンとしての地位を確立した。

バンドはその後IRON MAIDENやMETALLICAといった大御所バンドと一緒にツアーを回るなど、より大きな舞台へと羽ばたいていく。

そして2008年、新たにニック・ラスクリンシスをプロデュースに迎え、それまでの音楽性全てを融合させた名作との名も高い『将軍』を発表、ビルボード・チャート23位、オリコン洋楽チャート6位(総合17位)を記録する。発表後もバンドは各国のフェスティバルのメイン・ステージでの出演を含むツアーを続けていき、さらに大きな存在感を見せ付けていく。

その後オリジナル・メンバーであったトラヴィスがバンドを脱退するが、新たに元バンドのドラム・テクでもあったニック・アウグストを迎え入れ、コリン・リチャードソンのプロデュースの下『イン・ウェイヴス』を2011年8月に発表、その直後にLOUD PARK FESTIVALの出演も果たしている。その後2013年には『ヴェンジャンス・フォールズ』を発表、前作同様LOUD PARK FESTIVALへ出演、翌2014年には日本初開催となったKnotfest Japanへも出演、若きメタル将軍としての圧倒的存在感を日本のオーディエンスに見せつけてくれている。


関連リンク

Trivium Official Website
WMJサイト



“>noimage



A-Files click here≫

A-Files click here≫