CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

SKRILLEX

SKRILLEX

スクリレックスことソニー・ジョン・ムーアは1988年米ロスアンジェルス出身。
フロム・ファースト・トゥ・ラストというハードコア・バンドのリード・シンガーだった。
そんな彼がバンドを脱退後始めたのがこのプロジェクト。

2010年6月にインディーズで大成功したアルバム1枚(『My Name Is Skrillex』)をリリースしただけで、スクリレックスはメジャー・レーベルであるビッグ・ビート・レコーズ(アトランティック傘下)と契約し、EP『スケアリー・モンスターズ・アンド・ナイス・スプライツ』をリリース。

ビートポートでリリースされた9曲入りのこのEPは、このサイトのオンライン・チャートを独占。タイトル・トラックは、1位を獲得。(ダブステップの曲が1位を獲得したのは史上初)その他の8曲も全てトップ10入りし、数曲がダブステップ、エレクトロ・ハウス、プログレッシヴ・ハウスなどのジャンル別チャートで1位を記録した。

結果、第54回グラミー賞で、DJ初となるBest New Artistにノミネートされただけでなく、Best Dance Recording、Best Dance/Electronica Albumを含め5部門にノミネートされ(5部門のノミネーションは、レディー・ガガとケイティ・ペリーのノミネーション数を足した数と同じ!!)、3部門を受賞!!その後リリースされたEP『バンガラング』では前年に引き続き、第55回グラミー賞のBest Dance Recording、Best Dance/Electronica Albumを含む3部門にノミネートされ、2部門を受賞。

世界で爆発的に拡大しているEDMシーンの中で、“最もブッキングしたいDJ”と言われ“年間16億円以上を稼ぐ”、EDM界のスーパー・スターと言われている。

ここ日本でも単独公演は即完し、FUJI ROCK FESTIVAL ’13でホワイトステージのヘッドライナーとして登場し、雷雨の中パンパンにつまったオーディエンスを熱狂させた。

そんなスクリレックスは風貌からはハードコアなイメージで一見怖そうだが、素顔はアニメやゲームが大好きな今時のオタク青年だと彼を良く知るファンからは認知されている。
日本語詞やヴォーカロイドを用いた楽曲を制作するなど、日本の文化に造詣が深い。
来日時には渋谷散策中に立ち寄ったカフェバー東京354CLUBで、はっぴ姿で神輿を担ぎ、その映像がネットで話題になったり、道端でファンに声をかけられ、気軽に写真撮影に応え、そのファンがツイッターで写真をあげたことにより、「スクリレックスが渋谷にいる!」とツイッターから情報が拡散し、多くのファンが渋谷に集まった。

関連リンク

SKRILLEX Official Website



“>noimage



A-Files click here≫

A-Files click here≫