CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
THA BLUE HERB ワンマンライブ『YEAR END LIVE : FUCKIN’ 2020』2020年12月29日(火)at 恵比寿LIQUIDROOM
『目でも陶酔できる ウイスキーボトル展』2020年11月7日(土)~2021年2月28日(日)at 名古屋 横山美術館
『JOKER LIVE IN CONCERT』フィルムコンサート – 2021年2月20日(土) 21日(日)at 東京国際フォーラムホールA
ドキュメンタリー映画『エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット』2021年1月8日(金)より新宿シネマカリテ他にて劇場公開。
MR.BRAINWASH EXHIBITION『LIFE IS BEAUTIFUL』2020年11月20日(金)~12月6日(日) at SPACE14(心斎橋パルコ 14F)

切り絵作家 成田一徹作品集『NARITA ITTETSU to the BAR』(完全改訂版)発売

[2020/10/14]

切り絵作家 成田一徹作品集『NARITA ITTETSU to the BAR』(完全改訂版)発売


切り絵作家 成田一徹作品集『NARITA ITTETSU to the BAR』完全改訂版発売決定!

バーの魅力を切り絵というモノクロームで表現した切り絵作家 成田一徹。 彼の作品は、多くのファンを魅了し、圧倒的な支持を集めました。 バーやバーテンダー、街の風景、職人など幅広いテーマで切り描いた作品は、どれも細かな描写、人々の豊かな表情、独創的な構図から見る人の心をつかんで離しません。

しかし、雑誌等でいくつもの連載を抱えるほど多忙であった成田氏は、2012年10月、脳溢血により突然この世を去りました。

その成田氏の切り絵を収録した作品集『NARITA ITTETSU to the BAR』は、2014年に神戸新聞総合出版センターより発行されましたが、現在は絶版となっております。 再版を望むファンの声も多く、また成田氏のご家族や関係者の方々の強い希望もあり、この度、完全改訂版としてBAR TIMESが再版することとなりました。

BAR TIMESが運営するクラウドファンディングサイト「BAR TIMES LAB」では、11月30日(月)まで先行予約を受付中です。 なお、先行予約特典として本体価格1冊2700円のところを2500円(税・送料別)にて販売いたします。 さらに、ご購入冊数に応じてお得な価格にてご提供いたします。
※本書はBAR TIMESのみの取扱いで、書店販売はいたしません。


『NARITA ITTETSU to the BAR』

著者:成田一徹
サイズ:264×210mm
ページ数:256ページ
発行形態:単行本
発行元:BAR TIMES(株式会社北澤企画事務所)
※仕様は変更になる場合がございます。 予めご了承ください。

先行予約(~11/30)/BAR TIMES LAB
https://bar-times.en-jine.com/projects/ittetsu


今回の完全改訂版では、 バーやバーテンダーの切り絵を初版より23点新たに増やし、 総計271点の作品が収録されています。

今回の完全改訂版では、 バーやバーテンダーの切り絵を初版より23点新たに増やし、 総計271点の作品が収録されています。

コレオス 〈東京〉2005年 現在閉店

コレオス 〈東京〉2005年 現在閉店

十三トリス〈大阪〉1993年

十三トリス〈大阪〉1993年

ロックフィッシュ〈東京〉2011年

ロックフィッシュ〈東京〉2011年


新たに23点の作品を収録。 見応えのある一冊に

2014年に出版された初版本では、248点のバーの切り絵が掲載されていますが、今回の完全改訂版ではこれまで未収録であった23点の作品を新たに加え、総数271点を収録いたしました。

新たに加わった23点の作品は下記の通りです。

・2nd RADIO (東京)1990年代前半
・Bar Shanks(東京)2005年
・KAZZ(東京)2004年
・Bar ラ・ポポット(東京)2005年
・Bar Noble(横浜)2005年
・Bar GLORY大倉山(横浜)2000年
・Bar Eau de Vie(相模原)2004年
・Paris(横浜)2005年頃
・Bar SAKAMOTO(埼玉)2004年
・Cooper’s(埼玉)2005年
・EAU・DE・VIE Hills Top(埼玉)2004年
・Cocktail Bar Point(高崎)2005年
・Bar 白馬館(富山)2012年
・Bar Ron Cana(愛知・豊田)2003年
・BAROSSA(岐阜)2004年
・わか屋(大阪)1994年
・Bar TEN(大阪)1992年
・サロンバー・ムルソー(大阪)1994年
・Just a Little Bit(大阪)1992年
・バードランド(京都)1993年
・Bar玄(京都)1992年
・Bar Blew(兵庫・宝塚)1992年
・Pub el MOROCCO(松山)2005年

完全改訂版で新たに加わった「Bar 白馬館(富山)2012年」

完全改訂版で新たに加わった「Bar 白馬館(富山)2012年」

同じく新たに加わった「Bar Noble(横浜)2005年」

同じく新たに加わった「Bar Noble(横浜)2005年」


成田一徹

成田一徹

1949年神戸生まれ。 サラリーマン生活のかたわら切り絵に目覚め、88年に上京。 切り絵作家として独立しました。 BARの空間をモチーフにしたモノクロームの切り絵をライフワークとしつつ、新聞、雑誌、書籍を中心に、街の風景や市井に暮らす人々、職人の仕事や生き様など多彩なテーマで作品を発表。 エッセイストとしても、軽妙で味わい深い文書にファンも多く、各地で個展、グループ展を多数開催しました。 講談社フェーマススクールズ・インストラクターも長くつとめた。 2012年10月、脳出血で急逝。

著書に『to the Bar 日本のBAR 74選』 (朝日新聞社)『カウンターの中から』(クリエテ関西)『東京シルエット』(創森社)『The Cigger Story-葉巻をめぐる偉人伝-』 (集英社)『成田一徹の切り絵入門』 (誠文堂新光社)『あの店に会いに行く』(中央公論社)『神戸の残り香』 『新・神戸の残り香』(神戸新聞総合出版センター)『NARITA ITTETSU to the BAR』(神戸新聞総合出版センター)など多数。


Posted in ALL ENTRY, RECOMMEND |