CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
『黒板アートの世界 中島玲菜の原画展』2021年3月24日(水)~4月6日(火)at 八木橋百貨店4階イベントスペース
BIEN 個展『DUSKDAWNDUST』2021年3月13日 (土) ~ 4月30日 (金) at 馬喰町 PARCEL|2021年3月19日(金) ~ 4月18日(日)at 神宮前 island JAPAN
asuka ando – 7インチ『ゆめで逢いましょう ~see you in my dreams~』(再発)2021.04.28 Release
V.A. – LP重量盤『SNOW MONKEY BEER LIVE!』Release
V.A. – Bar Chit Chat Compilation Album『Go To Chit Chat』Release

奈路道程 個展『ザ・モッシャーレコード』2021年8月13日(金) ~ 18日(水)at 大阪 chignitta space

[2021/08/09]

奈路道程 個展『ザ・モッシャーレコード』2021年8月13日(金) ~ 18日(水)at 大阪 chignitta space

大阪在住の人気イラストレーター奈路道程がステイホームで描きためた、懐かしのレコードジャケット・イラスト50枚を一挙大公開。

『Meets Regional』やフリーマガジン『月刊島民』の表紙画などを手がけ、その独特の線画と作風が人気の画家・奈路道程による架空のレコード店「ザ・モッシャーレコード」がチグニッタ・スペースに期間限定オープン! ステイホーム期間中に描きためたクイーン、デビット・ボウイ、ディープ・パープル、ブロンディ、クラフトワーク、山本譲治、殿さまキングスなど、70年代、80年代の洋楽・邦楽から選りすぐりのレコードを“模写”した脱力レコジャケ作品全50枚を展示します。

奈路さん独特の線画から繰り広げられる往年の洋楽・邦楽のレコードジャケットを描いた50枚近いイラスト作品をLPはLPサイズで、シングルはシングルサイズで展示。ギャラリーの白い壁一面にレイアウトされ、奈路道程ファンはもちろんのこと、音楽好きのハートをガッチリ掴み思わずニヤリと笑みが溢れる作品の数々をご覧頂けます。雑誌や書籍、新聞、広告で活躍する大阪拠点の画家・イラストレーター、奈路道程が描く脱力レコジャケ作品展。どうぞお楽しみください!


奈路道程 個展
『ザ・モッシャーレコード』

【日程】
2021年8月13日(金) ~ 18日(水)
12:00 – 19:00

【料金】
入場無料(予約不要)

【会場】
chignitta space (チグニッタ・スペース)
(大阪市西区京町堀 1-13-21高木ビル 1 階奥)
※御堂筋線・四ツ橋線 本町駅28番出口から北に徒歩5分、四ツ橋線 肥後橋駅7番出口から南に徒歩5分

【イベント】
「ザ・モッシャーレコードDJパーティー」
8月15日(日)16:00~19:00
懐かしの洋楽・邦楽でお盆の夜を楽しみましょう。
入場無料、予約不要

■新型コロナウィルス感染症対策に伴い皆様に安心してご来場頂けるようスタッフの指示にご協力をお願いいたします。
■諸事情により内容が変更になる場合がございます。予めご了承くださいませ。

奈路道程 個展『ザ・モッシャーレコード』2021年8月13日(金) ~ 18日(水)at 大阪 chignitta space

個展に寄せて by 奈路道程

ご多分にもれず家にこもる日々が続いている。そんな中さて何を描こうかと思いついたのが「模写」だ。私はそれを「モッシャー」と名付けた。これらレコードジャケットはその第一群である。「あれ?よく見たら君こんな顔だったんだね」。中学生時代に聴き始めた当時の洋楽は卒業以来再会するあの頃そのまんまの同級生みたいだ。今の自分を見透かすかのようにスピーカーから語りかけてくるような感じがある。ちょっとハズかしい。似てないのもありまして。どうぞご笑覧下さい。


奈路道程 (なろ・みちのり)

イラストレーター。1964年生まれ。大阪市在住。
月刊誌「Meets Regional」表紙画、万博記念公園EXPOパビリオン、高知県立坂本龍馬記念館の展示壁画、フリーマガジン「月刊島民」表紙画などを手がける。現在、毎日新聞夕刊連載「濃い味うす味街のあじ」(江弘穀著)で挿絵を担当中。独特の線画とユーモアあふれる作風で根強い人気を博す


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |