CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


『newdubhall 2nd anniversary party』2019年4月29日(月)at 代官山UNIT

『newdubhall 2nd anniversary party』2019年4月29日(月)at 代官山UNIT

ダブの最前衛レーベル、ニューダブホールが二周年記念イベントを 4/29( 月・祝 ) に代官山ユニットで開催!
屋敷豪太、秋本武士、こだま和文、SILENT POETS、UNDEFINED 等が出演。

ジャマイカはキングストンのゲットーで生まれ、いまや世界中のさまざまな音楽のなかでアートフォームを司る、ある種のミームとして独自の進化と分散、混合を繰り返す「ダブ」。

レゲエはもちろんのこと、ポップ・ミュージックの細部や、ポストロック、テクノやベース・ミュージック、レフトフィールドな電子音響までその英知はある意味で、現代流通している音楽のほとんどに潜んでいると言えるだろう。newdubhallは、まさにそんな“ダブ”のオーセンティックと最前衛を結ぶ交点として存在するレーベルだ。本イベントはそんなnewdubhallの2ndアニヴァーサルであり、まさにそんな交点を現場の、そこにある空気として代官山UNITのフロアへと充満させるだろう。

まずは驚きのライヴ・セッション、屋敷豪太 x 秋本武士 x 近藤等則。
Mute Beatの初代ドラマーとしてこだま和文とともにこの国のダブの口火をきり、国内ではMelon~Major Forceへの参加、UKでのSoul II Soul、シンプリー・レッドといった活動で知られるドラマー、屋敷豪太。
レゲエ~ダブの重要ファクターたるドラム&ベースのコンビにおいて、屋敷豪太に対するベーシストは秋本武士。
ご存じ、DRY&HEAVY、そしてレベル・ファミリアのベーシストとして2000年代以降のこの国の“ダブ”というタームにおいて最も重要な動きをしたベーシストである。
彼らふたりの提案によって、1970年代から国内外のジャズ~アヴァンギャルド・シーンで活躍をし続けてきたトランペッター、近藤等則が招かれ、三つ巴の初のセッションを繰り広げる。
とはいえ本イベントにおいては、この驚きのセッションが、いくつかあるうちの極点のひとつ、そんなライヴ・ラインナップが続く。

まずはnewdubhallに所属するUndefinedがライヴで出演する。2018年はミニマル・ダブ以降の音像とドラム&キーボードという変則的なユニットが生み出すダブの美学を極限まで磨き上げたサウンドの「間」。こだま和文をフィーチャーし、こだまにとってもひさびさの新譜となった10インチ「new culuture days」で、そんな極限の「間」を見せつけた。今回はライヴとしては初演となる「new culuture days」をはじめ、こだま和文を招いてのライヴを行う。

ライヴアクトはまだ続く。ヒップホップをひとつの軸にしながらこの国のアンダーグラウンド~レフトフィールド・サウンドの要となるレーベル〈Black Smoker〉の中心人物のひとりであり、ドイツ〈Atonal〉の出演など海外からも高い注目を集めるKiller Bongがライヴで出演。

そして13年ぶりのアルバム『dawn』をリリースし、無事復活を遂げた、この国のダビ―・ダウンテンポの雄、Silent Poetsが長年活動をともにする名エンジニア、渡辺省二郎を迎えたライヴ・ダブ・セットで登場する。

ライヴセッションに加えてセレクターたちも紹介しよう。
こうしたダブのその根源であり、その魅力を伝えるサウンドシステム・カルチャーでアップデートされたサウンドを、その秘密のダブプレートを含めて届けてくれることになるだろう2組のセレクターが登場する。
海外でも高い評価を受ける、1TA、E-MuraからなるBim One Production、そして大阪のダブ・シーンの新たな核となるDub Meeting OsakaのメンバーでもあるSak-Dub-Iが登場する。

低音とエコーで鍛えられたリズムの向こう側に、前衛たる音楽の未来が聞こえる。そんなイベントとなるだろう。

河村 祐介(ライター)

『newdubhall 2nd anniversary party』

【日程】
2019年4月29日(月)
open 17:00 start 17:30

【出演】
-live-
屋敷豪太 × 秋本武士 × 近藤等則
UNDEFINED meets こだま和文
SILENT POETS ‒ live dub set ‒
KILLER BONG

-djs-
Bim One Production
Sak Dub I

【料金】
adv ¥4,000+1d
door ¥4,500+1d
special ticket ¥5,000 + 1d(newdubhall 二周年記念 T シャツ + 前売りチケットのセット)

【会場】
代官山UNIT
東京都渋谷区恵比寿西1-34-17 ザ・ハウスビル

【特設サイト】
https://2years.newdubhall.com/


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND, 代官山UNIT |