CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
THA BLUE HERB ワンマンライブ『YEAR END LIVE : FUCKIN’ 2020』2020年12月29日(火)at 恵比寿LIQUIDROOM
『目でも陶酔できる ウイスキーボトル展』2020年11月7日(土)~2021年2月28日(日)at 名古屋 横山美術館
『JOKER LIVE IN CONCERT』フィルムコンサート – 2021年2月20日(土) 21日(日)at 東京国際フォーラムホールA
ドキュメンタリー映画『エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット』2021年1月8日(金)より新宿シネマカリテ他にて劇場公開。
MR.BRAINWASH EXHIBITION『LIFE IS BEAUTIFUL』2020年11月20日(金)~12月6日(日) at SPACE14(心斎橋パルコ 14F)

『ニューヨーカイ | 木村 康一 展』2020年8月4日(火)~ 10月4日(日)at 京都 art space co-jin

[2020/08/03]

『ニューヨーカイ | 木村 康一 展』2020年8月4日(火)~ 10月4日(日)at 京都 art space co-jin


きょうと障害者文化芸術推進機構が運営するart space co-jinにて、オリジナルの妖怪を制作する作家、木村康一の初個展「ニューヨーカイ|木村康一展」を開催。

木村は陶器やドローイングを用いて、大量の作品を日々生み出しています。 それらは人間の手や足、目玉などの器官を複数組み合わせた造形が特徴であり、手のひらに乗るほどの大きさの陶土で作られた立体は、彼らがまるで古来より存在していたかのような佇まいをしています。 妖怪は、怪奇現象や怪異体験をもとに、それを絵や文章などで造形化することによって、伝えられてきた歴史があり、そこには妖怪の発生と伝承にまつわる物語が必ず付随しています。 一方、木村のつくる妖怪には、それにどのような物語があるのかは明確にされていません。 しかし、そのような文脈を持たない存在だからこそ、私たちはそこに自由な想像を掻き立てることができます。 それは言い換えれば、私たちの想像から生まれる「新しい妖怪」のあり方とも考えることができるのではないでしょうか。


『ニューヨーカイ | 木村 康一 展』

【日程】
2020年8月4日(火)~ 10月4日(日)
10:00~18:00
休館日:月曜日

【料金】
入場無料

【会場】
art space co-jin
(京都市上京区河原町通荒神口上ル宮垣町83 レ・フレール1F)

【主催】
きょうと障害者文化芸術推進機構 art space co-jin

【協力】
社会福祉法人 修光学園

【ご来廊の皆様へのお願い】
art space co-jinでは、こまめな換気、ドアノブやペンなどの消毒を行い、ギャラリースタッフはマスクを着用して対応しています。
皆様もご来廊の際には、以下の取組にご協力をお願いします。

● 風邪の症状のある方、体調がすぐれない方につきましては、来廊をお控えいただきますようお願いします。
● マスク着用及び、来場時にアルコール消毒液のご利用をお願いします。
● 来場者が多数の場合は、入場を制限させていただく場合がございます。
● クラスターが発生した場合に備え、来場された方は連絡先の記名にご協力をお願いします。


『ニューヨーカイ | 木村 康一 展』2020年8月4日(火)~ 10月4日(日)at 京都 art space co-jin


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |