CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
THA BLUE HERB ワンマンライブ『YEAR END LIVE : FUCKIN’ 2020』2020年12月29日(火)at 恵比寿LIQUIDROOM
『目でも陶酔できる ウイスキーボトル展』2020年11月7日(土)~2021年2月28日(日)at 名古屋 横山美術館
『JOKER LIVE IN CONCERT』フィルムコンサート – 2021年2月20日(土) 21日(日)at 東京国際フォーラムホールA
ドキュメンタリー映画『エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット』2021年1月8日(金)より新宿シネマカリテ他にて劇場公開。
MR.BRAINWASH EXHIBITION『LIFE IS BEAUTIFUL』2020年11月20日(金)~12月6日(日) at SPACE14(心斎橋パルコ 14F)

V.A.『Nick Luscombe presents TOKYO DREAMING』Release

[2020/06/29]

V.A.『Nick Luscombe presents TOKYO DREAMING』Release


英BBCラジオDJニック・ラスコムが贈る新感覚な東京シティポップ・コンピレーション

イギリスBBCラジオのDJで、世界で活躍するミュージック・インフルエンサーのニック・ラスコム(Nick Luscombe)が、70年代後半から80年代の東京をテーマにセレクトしたコンピレーション・アルバム「Nick Luscombe presents TOKYO DREAMING」が7月29日に発売される。

近年世界中から熱い注目を集める日本のシティポップだが、坂本龍一、清水靖晃、坂田明などの実験的なインストゥルメンタルと、ジューシィ・フルーツや伊藤かずえらのポップな歌モノが同列に並ぶ選曲は、これまでのシティポップ・コンピレーションとはひと味もふた味も違った斬新さがある。

ニックは言う。 高度経済成長からバブル期の日本の音楽の面白さは、当時世界の先端を走っていたテクノロジーと録音技術に支えられた実験性と斬新なアイデアがジャズやポップスに取り入れられていて、今聴いてもなお未来を感じさせるところにあると。

アートワークは、Ninja TuneやHyper Dubの作品も手掛けるロンドンのOptigramによるもので、過去の名曲たちに美しくドリーミングな彩りを添えている。


V.A.
『Nick Luscombe presents TOKYO DREAMING』
2020.07.29 Release

-収録曲-
01. THE END OF ASIA/坂本龍一
02. 心臓の扉/マライア
03. Self Control/朝本千可
04. TREASURE HUNTER/深町 純
05. わたしのバス/村田有美
06. RAINY DRIVER/当山ひとみ
07. いってモナムール/清野由美
08. 東京/古家杏子
09. チャイナタウン・ローズ/伊藤かずえ
10. TOKYO JOE/渡辺香津美
11. ジェニーはご機嫌ななめ/ジューシィ・フルーツ
12. Soul Life/近田春夫&ビブラトーンズ
13. HEARTBEAT/カラード・ミュージック
14. ROOM/坂田 明
15. セミ取りの日/清水靖晃
16. The Word II/セキトオ・シゲオ

COCP-41172 ¥2,300+税
発売元:日本コロムビア
フォーマット:CD


『Nick Luscombe presents TOKYO DREAMING』ダイジェスト試聴


ニック・ラスコム(Nick Luscombe)

ニック・ラスコム(Nick Luscombe)


イギリスのラジオDJ。
世界中のあらゆる地域から良い音楽を発掘し、ラジオやDJを通して世界に発信しているミュージック・インフルエンサー。
1999年から様々なラジオ番組の選曲を担当し、2010年よりBBCラジオの人気音楽番組「Late Junction」のDJを担当。
その他、iTunesの音楽編集者とロンドン現代美術研究所の音楽ディレクターを兼任。 音楽、建築、記憶、体験を融合した国際的なサウンドプロジェクトであるMusicityの創設者でもある。 2019年10月より翌年3月までTOKYO FM「DEMYSTIFY」のパーソナリティを担当。


Posted in ALL ENTRY, MOVIE, RECOMMEND |