CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


OBLIVION DUST – New Album “9 Gates For Bipola” Release&LIVE INFO

OBLIVION DUST  『9 Gates For Bipola』

Profile of |OBLIVION DUST|

2011 年初頭から、2 年ぶりの 2days ワンマン・ライヴ”ASHES TO DUST 2011”、全国ツアー”Re-creation tour2011” Roller Coaster Tour 2011”を敢行し、改めてライヴバンドであることを見せつけ、さらに、12 月にはおよそ3年ぶりの新作「TUNE」をDownload Single としてリリースし、完全復活を果たした OBLIVION DUST。そして、満を持して 3 年ぶりとなるニュー・アルバム『9 Gates For Bipolar』を完成させた。

「TUNE」でも垣間見せた、変化・進化をより感じとれる、OBLIVION DUST の新章だ。 1 曲目から順に聴いていく、一般的な聴き方でももちろん楽しめるのだが、今作は一味違う。 1 曲目の「Gateway」をエントランス(起点)とし、ほか 9 曲それぞれの独立した世界(Gate)へ繋ぐ構成のため、1 曲目から 2 曲目、1 曲目に戻り 3 曲目、また 1 曲目に戻り 4 曲目、という音楽シーンの中でもあまりなかった奇異な楽しみ方もできる。それほど、1 曲 1 曲に個性があり、さらにはバンドの自信の表れとも言える。

OBLIVION DUST の“明と暗”、“旧と新”といった”二面性=Bipolar”という意味が、よりバラエティに富んだ作品だということも示す。
ゆえに、”9 Gates For Bipolar”というタイトルなのだ。

また、過去に SpinAqua で共にした K.A.Z、現在ではライブのサポートを務める RIKIJI と、OBLIVION DUSTに深く関わりのある土屋アンナがフィーチャリングとして参加! リード曲「Sail Away」のダンサブルなナンバーにキュートでロックな彩りを加えている。

これを携えて、4月14日福岡 DRUM Be-1 から全国ツアー”Static Sound Tour 2012”も開幕する!

『9 Gates For Bipola” Release』
2012.04.11 Release

01.Gateway
02.Tune ※2011.12.14 Release Download Single
03.Sail Away feat.土屋アンナ
04.Syndrome
05.All I Need
06.Devil’s Game
07.Ghost That Bleeds
08.In My Rainy Field
09.Sink The God
10.Baby, It’s All Goo


– Member comment –
—–どんなアルバムですか?

KEN LLOYD
タイトルの Bipolar という言葉がピッタリ当てはまっている、激しさ、切なさ、攻撃的、保守的、愛、憎しみなどの両極端な部分が詰まった作品だと思います。今の OBLIVION DUST は両極端の位置にいると思ってもらってもいいと思います。

K.A.Z
OBLIVION DUST3年ぶりのリリース。踊れる感じの曲や初期の雰囲気を感じる曲等もあったり、バリエーションがあるアルバムになっています。

RIKIJI
3 人の個性が思いっきり出たアルバムだと思います。個人的には今までで一番まとまりのある作品に仕上がったかと。

——アルバムの聴きどころはどこですか?

KEN LLOYD
歌詞の内容は激しかったりするのですが、メロディーがすごくキャッチーだったり、楽曲がとっても pop な曲も沢山あるので、とっても入りやすいアルバムだと思います。

K.A.Z
KEN の声がボコーダーボイスになっていたり、ANNA が曲に参加しているのも聴きどころです。80 年代を感じられたり、デジタル雰囲気まで今に至るまで刺激を受けてきた音楽の要素が盛りこまれているとおもいます。

RIKIJI
歳を取っても一向に落ち着かない攻めの演奏と、歳を取ったから出る余裕と感情移入がうまく融合してるところ。

——ツアーはどんな感じになりそうですか?

KEN LLOYD
いつもの感じのOBLIVION DUST らしいライヴをしようと思ってます。ただ、そこにはもちろん新曲がセットに入るので、また新たなOBLIVION DUST も見れるのではないでしょうか? 楽しみにしてます。

K.A.Z
新曲を織り交ぜたツアーになる感じです。踊れる要素もあるから自由な空間を楽しんでもらいたい。

RIKIJI
いつもと変わらない攻撃的なライヴになると思います。

OBLIVION DUST Static Sound Tour 2012

4/14(土)福岡/福岡 DRUM Be-1
4/15(日)福岡/福岡 DRUM Be-1
4/21(土)宮城/仙台 darwin
4/22(日)宮城/仙台 darwin
4/30(月・祝)東京/SHIBUYA-AX
5/3(木・祝)愛知/名古屋 QUATTRO
5/4(金・祝)愛知/名古屋 QUATTRO
5/9(水)兵庫/神戸 VARIT
5/10(木)大阪/大阪 AKASO
5/15(火)新潟/新潟 GOLDEN PIGS RED
5/16(水)新潟/新潟 GOLDEN PIGS RED
5/20(日)東京/赤坂 BLITZ ※Tour Final


Posted in ALL ENTRY, OBLIVION DUST, RECOMMEND |