CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


OBLIVION DUST (2012/04/30) at SHIBUYA-AX LIVE REPORT

OBLIVION DUST(2012/04/30) at SHIBUYA-AX

Profile of |OBLIVION DUST|

4/11に待望のニューアルバム「9 Gates For Bipolar」をリリースして迎えたStatic Sound Tour 2012、渋谷AXでの東京公演は今までのOBLIVION DUSTの洗練さに加え新たな楽曲から得たバリエーションとよりダンサブルなテイストをプラス。

KEN LLOYD(vo)、K.A.Z(g)、RIKIJI(b)という強烈な個性にサポートは特撮やVAMPS等で活躍するArimatsu(Dr)とMEGA8BALLのYUJI(g)を加えた布陣で過激に凛々しく魅力あるステージでフロアを沸かせた。

「9 Gates For Bipolar」の1曲目に収録された”Gateway”で幕が開くと続く”Sink The God”でフロアには早くもクラウドサーファーが続出。多くのファンがこの日のライブを待ちわびていたのが手に取るようにわかる、そのテンションを感じずにはいられなかった。 立て続けに現在のOBLIVION DUST代表曲の1つ”Never Ending”これにより会場はさらなる熱気に包まれる。

KEN LLOYDはセディショナリーズの赤いTシャツをカジュアルに、K.A.Zは上着を脱ぎ爽やかにタンクトップに単パン、RIKIJIはオールインワンのツナギという姿。この三者三様のスタイルもこのバンドの特徴でありユニークな所だろう。

ライブの方はKENの冗談まじりのMC「僕のMCがゆるいということで、今日はロック魂を感じさせるMCでいきたいと思います。・・・」「暴れる準備はできているかぁ!!!!!」の力強いシャウトから豪快なサウンドが魅力の”Syndrome”で再び勢いを加速させるとオルタナティブな楽曲が続く。

再度訪れたMCでは沸点を迎えているフロアに「水撒いてもいいんだけど次バラードだよ」と客席を和ませつつも”All I Need”を魅惑に歌い上げ、さらにメッセージ性の強い楽曲がテンポ良く続く。メンバー各々がペットボトルの水をステージに撒きクールダウンを促がしつつも熱は収まらない。 

「9 Gates For Bipolar」に収録された最新楽曲の前にMCを挟みつつお馴染みのキラーチューンに流れていくという鉄壁のセットリスト。元々スキルと魅せる事に長けたメンバーが揃っているバンドだけにこの新たなアルバムをリリースした事でライブでのバリエーション、エクスプローションはさらなる進化を遂げている。

ちょっと残念だったのが自身もMCで打ち明けたがKEN LLOYDの喉が若干不調だったようだ。しかし自らフロアに飛び込むなど彼独特の緩さの中にも気合は漲ってましたね。そんな自身の不調を知ってか知らずか、「救世主が来ている」とKENの口から告げられると、その言葉が何を意味をするのか一瞬で感じ取ったファンからは歓声とざわつきが交差する異様な空気が拡がる。そんな独特な雰囲気の中、リズミカルなビートが会場中に響く・・・ 
“Sail Away feat. 土屋アンナ”
まさに踊る為にある曲と言わんばかりのエレクトロなロックチューンである。1コーラス後、K.A.Zのギターソロが始まると共にRIKIJIにリードされながらグルーヴィーに土屋アンナ登場!白いワンピースに身を包みセクシーかつパワフルなパフォーマンスでステージを華やかに彩った。 

その後も”Remains”、”24 HOUR BUZZ”、”Designer Fetus”と曲は続き最後までその怒涛の勢いは収まることなくこの日のライブは幕を閉じた。

終演後も渋谷AXの周りには興奮冷めやらぬ大勢のファンが夢見心地の中、仲間同士でコミュニケーションを取り合っている姿や途絶えることの無い物販の列など彼らの人気の高さを垣間見ることができた。 

今回の「Static Sound Tour 2012」は5/20(日)の赤坂 BLITZでの公演がファイナルとなるが、今後も高いオーソリティが及ぼす影響力、その一挙手一投足には常に視線が注がれるだろう。

OBLIVION DUST(2012/04/30) at SHIBUYA-AXOBLIVION DUST(2012/04/30) at SHIBUYA-AX

セットリスト
01 Gateway
02 Sink The God
03 Never Ending
——————
04 Syndrome
05 WHICH HALF DO YOU OWN?
06 GIRLIE BOY IMITATION #6
07 Microchipped
——————
08 All I Need
09 NO REGRETS
10 Ghost That Bleeds
11 GOODBYE
——————
12 Tune
13 HAZE
14 YOU
——————
15 Sail Away feat. 土屋アンナ
16 Remains
17 24 HOUR BUZZ
18 Designer Fetus


text by KISHIMOTO
Photo by John Cheeseburger.

Posted in ALL ENTRY, OBLIVION DUST, REPORT |