CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


OBLIVION DUST – Static Sound Tour 2012 Tour Final at 赤坂BLITZ LIVE REPORT

OBLIVION DUST - Static Sound Tour 2012 Tour Final at 赤坂BLITZ

Profile of |OBLIVION DUST|

4年ぶりのアルバム『9 Gates For Bipolar』を携えて4/14からスタートした全国ツアー”Static Sound Tour 2012″。 その最終公演が5/20赤坂BLITZにて行われた。 

4/30に行われたSHIBUYA-AX公演では、土屋アンナがサプライズ出演を果たし、今回はどんなライブになるだろうかと胸を高鳴らせていたが、公演前に突然の機材トラブルに見舞われるアクシデントがあり、およそ20分押しでスタート。しかし、そういったマイナス要素をパフォーマンスで圧倒し結果的に最高のパフォーマンスとなった。

1曲目はこれまでの公演どおりニュー・アルバムのエントランス的位置づけのダンス・ナンバー「Gateway」。鮮やかな照明とともに、会場は一気にダンスフロア状態に。次曲「Never Ending」では、ダンスフロアから一変してクラウドサーファーが続出し、早くもニュー・アルバムのテイストのひとつでもあるROCKとDANCEの二面性=Bipolarを見せつける。

その後も、さらなる高みを目指さそうとする彼らの貪欲で攻めのパフォーマンスは、曲を追うごと自分たちの限界を越すように、アクセル全開で駆け抜けていく。

「オブリとしては、お客さんが暴れてグチャグチャになって、ゾンビみたいにブサイクになるのが、一番幸せなので。だから、気にしないでブサイクになってください。」とKEN。 アッパー・チューンの前フリかと思いきや、バラード・ナンバー「Baby It’s All Good」で、一度深呼吸をするかのようにクールダウン。しかし、嵐の前の静けさだったようで、「Future womb」「Ghost That Bleeds」「HAZE」と骨太でエネルギッシュなサウンドを展開していった。

そして、最後のMCでは、
「重大ニュースがあります。あんまり細かいこと言えないのですけど、夏ごろにライブやります。さっき楽屋で決まったばかりなんだけどね。」とさらっとビッグニュースを公表するKEN。この日一番の歓声が響き、その熱が冷めやらぬなか、アルバムのリード曲「Sail Away feat. 土屋アンナ」を披露。 4/30に行われたSHIBUYA-AXでは、土屋アンナがサプライズで出演し、最高潮の盛り上がりを見せたダンス・チューンだ。曲中にKENが「今日はアンナはいないみたいです。だから今日は僕がやります!」と、まくしたてるようにアンナPartを歌い上げた。そして、ここから「Microchipped」「Designer Fetus」「Sink The God」とテンションが上がらざる得ない怒濤のキラーチューンで、ツアー・ファイナルという愁いを感じさせずに、トップスピードのまま”Static Sound Tour 2012″が終了した。

今回のツアーは、『9 Gates For Bipolar』の楽曲を中心に行われた内容だったが、これまでの楽曲も違和感なく溶け込み、むしろ初期の曲など時間がいくら経っても”OBLIVION DUSTの音”が普遍的であることを証明したものとなった。
そして、次の夏のライブはどのような内容になるのか今から楽しみで仕方ない。


OBLIVION DUST (2012/05/20) Static Sound Tour 2012 Tour Final at 赤坂BLITZOBLIVION DUST - Static Sound Tour 2012 Tour Final at 赤坂BLITZ

セットリスト
01.Gateway
02.Never Ending
03.Syndrome
04.NO REGRETS
05.In my Rainy Field
06.WHICH HALF DO YOU OWN?
07.S.O.S
08.Baby,It’s All Good
09.Future womb
10.Ghost That Bleeds
11.HAZE
12.TUNE
13.GOODBYE
14.YOU
15.Sail Away
16.Microchipped
17.Designer Fetus
18.Sink The God


Photo by John Cheeseburger.

Posted in ALL ENTRY, OBLIVION DUST, REPORT |